カテゴリー「保育園のできごと」の145件の記事

2014-03-11

消せないショートメール

今年も3月11日を迎えました。
あれから、3年。

死者行方不明者は、18517人。

北野武さんは、言っていました。
「2万人が亡くなったんじゃない。一人の死が2万件あったのだ」と。

あるラジオの投稿ではこんな話がありました。
「発災をした14時46分に、黙祷をするけれど、亡くなった人の大半は
あの14時46分には生きていたんだ」と。

僕たち関東の人間にとって、その死や喪失感。
そして人ばかりでなく、生まれ育った家、そして街そのものを
奪われた哀しみは想像を絶します。

大切な人を失った仲間もいます。


あの日。

僕は、卒園式を一週間後に控えた16人の年長さんと
おやつを迎えようとしていました。

大きな揺れ。

子どもたちは、机の下に潜りながらも、机ごと2~3m引きずられて
いました。「せんせい!!これ本当!?これホント!?」
という叫び声が今でも忘れられません。

比較的近所で仕事をしている保護者が多かった我が園。
概ね19時くらいまでに、多くの子どもが自宅へと帰っていきました。

しかし、年長さんの一人だけがお迎えのメドが立ちませんでした。
発災直後に電話をくれた母親がいました。
「先生、ごめんなさい。今日出張で渋谷にいるんです。
帰れるか分からない」

お母さんから一本だけあった連絡。

首都圏の交通状況を見ていると、渋谷から帰ってこられない
のは、一目瞭然の状況でした。

21時頃。
園に残っているのは、この子一人だけになってしまいました。
もちろん、母の携帯は不通。
父とも連絡が取れない状況がずっと続いていました。

他の職員を帰し、年長の彼と、近所に住む園長。
そして、担任であり、単身の僕が園に残りました。

いつまで経ってもメドのたたないお迎え。

どうにか方法はないものか。
ふと思いついて、彼の連絡帳を開くと、父の職場の携帯電話が
記載してありました。

電話をしましたが、やはり不通。
しかし、ひとつだけ分かったことがありました。
それはDocomoの携帯だということ。

3年前の発災当時。
携帯各社のショートメールは同じキャリア間のみに限られていました。
「Docomoだ!」 僕はピンと来ました。

自分のDocomoの携帯から、試しにショートメールを送ってみました。

すると、約30分後。
父から返信が。

「今、宇都宮に仕事できています。停電で動けません
動けるようになり次第、会社の車で向かいます」

ようやく、連絡がついたのが、22時過ぎだった覚えがあります。

そして、お父さんが宇都宮からお迎えに来てくれたときは
AM2:00を過ぎていました。

あの日の父の疲労感。
子どもの安堵感。
そして、僕たち保育士の安心感。

お父さんの車を見送った僕は、
保育園の床に、しばらく座り込んでしまったのを
覚えています。

今、起きていることの大きさと恐ろしさ。
どれほどの災害が起きているのか分からない恐怖感。
でも、最後の子どもを無事に保護者に返せた安堵感。

色々な想いが混ざっているのを思い出します。

しばらくしてから、届いた、最後のショートメール。
僕はこのメールをずっとずっと残しておきたいと思っています。

20140311_194702


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2014-01-25

恩師への恩返し

今日は土曜日ですが、我が園に講師を呼んで、研修会がありました。

お題は「乳幼児期の運動について」。

この題名にぴったりの講師。
それは、私の恩師でした。

88274155

保育の専門学校に通う前。
僕は、社会体育指導者を養成する専門学校に通っていました。
そこで、「スポーツ心理学」「幼児体育」の授業の先生。
それが、僕の恩師。

亀谷正美先生(HPは→こちらをクリック)でした。

保育士の皆さん、思い出してみてください。
保育士養成課程の中で、乳幼児期運動の
「必要性」「効果」「指導法」
などを習った覚えはありますか?
恐らくほとんどの方が皆無だと思います。

・運動が、脳や心の成長にもたらす効果。
・子どもがやる気を出してしまう指導法。
・逆上がりや、跳び箱の具体的な指導法。
・子どもの心と身体の成長のバランス。

そんなことを僕は、社会体育の専門学校で学ぶことができたのです。

体育の道で進もうと思った人生。
この先生に出会ったことで、僕の人生は「子ども」へと
ベクトルが変わりました。

そして、保育士養成校へ改めて進学。

先生と出会ったのは、1995年ですから、かれこれ19年も前。
この出会いが、僕の人生を変えたといっても過言ではありません。
逆を言えば、「今、僕がここにいる」。
その原点は、この先生なのです。

保育士として、保育園で働けるようになった6年前。
いつか、先生をお呼びして講演していただきたいと
ほんのりと思っていました。

ようやく、今日、その願いが実りました。

土曜日と言うこともあり、ちょっと人数少なかったし
謝礼だって微々たるもの。

申し訳ない気持ちで頭を下げると、先生は

「お前に会いにきたんだから」

と声をかけてくださいました。

18年ぶりに聴く、先生の講義。

ポケットに片手を突っ込む先生の立ち姿。
話の脱線と本筋の行ったり来たり。
判読不能な板書。
ユーモアたっぷりのお話。
子どもを想う強い気持ち。
記憶がわき出るように蘇ってきました。

自分の職場の同僚に、恩師を紹介する。
自分の職場を見てもらう。

こんなに幸せなことはないなと改めて痛感しました。

ちょっとは、先生孝行できたのかなって。


駅まで送って、交わした力強い握手。
先生の分厚い手は、変わっていませんでした。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-11-04

モノ想ふひとのチカラ

今日、一大イベントが終わりました。

Dot shift ~保育を語る交流会~

僕がChild+ http://child-plus.jimdo.com/
の一員になって、約半年。

共催ではありますが、実質の主催イベント。


なんと、保育関係者60名以上の参加を頂き、
大盛況のうちに終了することができました。

1395326_403917166402860_1606272019_

うちの代表のちょびが、一言いったこと。

「もっとみんなで保育を熱く語りたい。」

はじまりはこんな、一言でした。


イベントを企画し、運営すること。
それには、会場や予算や、宣伝など、ハードルは山のようにある。
でも、このイベントは実質1ヶ月程度で進んだのである。

僕は、今まで研修を企画したり、そういうオペレーションは
数多くこなしてきた。
だからこそ、どこか、慎重だったり、現実的だったり、
冷めているようなところもあった。

でも、今回、「想う」こと
そしてそれを「発信」し、
「具現化」する。

その大切さと、力強さを改めて感じることができました。

僕はその、「具現化」に時間をかけたり、慎重にやることを
学んで、経験してきたつもりだった。

でもね、その手段や技術や経験よりも、
「想い」が強いかどうか。それが大切なんだって。

「想いの強さ」。その大切さを、10個近く年下の、ちょびとくぼやんから学びましたよ。

「想い」を力強く発信すれば、共感した仲間が動いてくれるんだよね。
今回だって、あっという間に、形ができて、チラシまでできた。
そして、結果たった1ヶ月程度の周知期間で60名以上が集まり、
みんなが、熱く語り、熱く発信して、そして、充足感と仲間を経て
帰って行った。

そう、具現化 できたわけです。

まるで、ちょびとくぼやんに、ひきよせられるように。

気がつけば、色々な人が、色々なことを、いつの間にか進めていた。


ものすごい量の事務作業も、少ない時間の中でやりくりをして
なんとか形になった。


ツメが甘いなとか。
あ、ここどうだったっけ??

ってことは山ほどあった。

でも、今日はそれらが全てクリアされて、恐らく参加者の目からは
感じないほど、周到に準備がされつくされているように映ったと思うのです。


歳をとると、どこか、守りに入ったり、物事を現実的にとらえよう、
事務的にスマートに処理しようって気持ちが働く。


でもそれ以上に、チカラが集約されていき、なんとかしようとする
パワーの方が上回ったのです。


結果として、自分がどこか夢見ていたような場をつくることができました。

保育業界全体にとっては、とっても小さなことかもしれない。
でも、民間・公立・保育園・幼稚園いや、それだけじゃない。
看護師さんや、保育士養成校の先生、NPOのスタッフ、園長先生、
学生さん、映画監督・・・・
それはそれは信じられないような、多くのカテゴリーの方が経験や
世代、年齢を超えて、一つの場を共有し、交流し、そして勇気と
元気をもって帰って行く。

そこには、ネットワークという輪が残っています。

「縁は円をつくる」

僕が最も人生で大切にしている言葉。
それを今日、また一つ具現化して、実現することができました。


でも、それは、僕だけのチカラではなく、多くの参加者、
支えて・助けてくれた仲間達。

そして、何より、ちょびとくぼやんの、強く・たくましい「想いのチカラ」。

それがあったからこそ、今日、今、この時間のみんなの
充足感につながっているのだと思うのです。

ちょび・くぼやん。

そして、素晴らしいスピーカーの、絢子さん、シモヤ、わくさん。

参加者のみなさん。

スタッフ、サポーターの皆さん。


みんなに感謝して、今日はぐっすり眠ることができそうです。

おっさんも、負けないようにがんばりますよ。
明日からも仕事がんばろうぞよ。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-07-31

絵本を読む。を語る。

今、保育園に来ている実習生。
子どもに寄り添うことのできる素敵な子。

だけどどーも絵本の読み聞かせがイマイチ。

ふと尋ねてみると。

学校の先生の指導で。
紙芝居(芝居だから)は抑揚をつけて。
絵本は世界観を大切にするために、抑揚をつけない。

という一律の指導をされているようなのです。

もちろん色々考え方があるのはよくわかります。


でもなー。
一律ってのが、よくわからないのです。

もちろん世界観を大切にしたい絵本もあります。


例えば「あさになったのでまどをあけますよ」


淡々と読み、絵の素晴らしさを喜ぶことができるでしょう。


でも「ゴリラのパン屋さん」。


これ、抑揚や、ゴリラの声の演技がないと
物語自体が成り立ちません。


絵本の読み聞かせ。
奥が深い世界のはずなのです。

だからこそ、価値観を統一してほしくないなーと思うわけです。


珍しく、保育にまつわる
独り言でした。

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

 

保育園のできごと | | コメント (2)

2013-07-08

雷さま現る

雷さま現る

突然、真っ黒な雲が迫ってくる。
そして生暖かい風。

からの!
豪雨!雷!
そして にじ!!

少し薄くなってからでも
ここまで撮れました。

MAXのときは、濃くはっきりと
副虹までみえて子どもたちと
大興奮できましたとさ。

素敵なことばをきくことができました。

「雷さま、優しいから虹作ってくれたんだねぇ」と。

ほっこりな時間でした。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-06-09

子どもとどう向き合うか

久しぶりすぎてごめんなさい。

今日は、保育のワークショップ。
「ほいくのたいわ」→FBページ Blog
というワークショップに参加してきました。

今回のテーマは
「子どもの考える力 と 大人の役割って?」
というお題。

4人づつのグループディスカッションを通して、
自分の日々の保育や、考え方。そして、明日への目標を立てることができました。

その中で、僕が子どもと接するにあたって、
こんな感じを大切にしたいなって写真がありました。

これ。

130609

担当している、年齢とか、環境によって関わり方は色々だと
思うけど、でも、一人の先生としてではなく、
一人の人として、「真剣に」子どもと向き合いたいなって思うのです。

お互いが、きちんと尊重し合うような関係性。

そんなことを大切にしていきたいなと思う今日のワークショップでした。


そうそうご報告。
私、

Child+ http://child-plus.jimdo.com/ 

という団体の運営側のスタッフとして、加えて頂くことになりました。
今後、保育士向けの野外体験活動など、企画していこうと思っています。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-03-16

さくらのつぼみもふくらんで

さくらのつぼみもふくらんで

もうすぐ、がっこう、うれしいな♪

そんな歌で始まった卒園式。

すばらしい、これでもか!
ってくらいの青空のもと、子どもたちは、キラキラ輝いていました。

慣れないスーツや、ヒラヒラのスカート。

子どもたちはスキップするように登園してきました。

練習の積み重ね。
その自信が今日は安心感に変わっていました。

3年前、初めての卒園式ではガクガクと
震えてしまいそうになった式も、
今日は不思議と落ち着いていました。

僕の呼名に、精一杯の返事をしてくれる子どもたち。

その一声をきいただけで、「大丈夫」と思えることができました。

笑いあり、涙あり、ズッコケありの素敵な卒園式になりました。

明後日には、また元気な声で登園してくるのだけど、
残り保育園で過ごすのも、数日。

のんびりと、楽しい生活をしていきたいと思います。

卒園おめでとう。
そして、ありがとう。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-03-15

穏やかな夜

いよいよ、今夜寝たら卒園式。
今日まで子どもたちと一緒に準備を重ねてきました。

3年連続の年長。今までの2年間で29人の子どもたちを
送り出しましたが、また少し人数が増えます。

あの、3.11から一週間後、初めての卒園児を送り出す
時には、よるも眠れるほど緊張したものですが、
不思議と今夜は気持ちがおちついています。

卒園式というのは、実は準備が全て。
本番はあっという間に終わってしまうのです。
そして、そこでがんばるのは子どもたちであり、
僕ではない。

2年連続の経験がそう学ばせてくれました。

だから、今夜は穏やかな夜。

僕がすること。

それは、子どもたちがいつも通りに、実力を発揮して
明日を乗り切ること。
保護者に涙と笑いを提供すること。
そして、子どもたちと共に成長を喜んでもらえること。

今日は、卒園式の練習は一切やりませんでした。
代わりに、気持ちのよい原っぱにみんなで散歩に。

けがをしていた子がいたり、準備に追われていたり、
なかなかゆっくりと遊ぶ時間も不足していたから、
今日はのんびりと春のにおいを感じることができました。

大きな晴れ舞台。

きっと子どもたちは伸び伸びと軽やかに舞ってくれる
ことでしょう。そう、僕は信じています。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-02-02

「おにはそと」で、おにごっこ

年長担任になると、年末から年明けが大変です。
もちろん、卒園の準備に追われるからなのですが、
その卒園準備の忙しさに追い打ちをかけるのが、
季節行事4連発。

・クリスマス
・お正月
・節分
・ひなまつり

と来るわけです。

しかも、節分と雛祭りについては大体制作活動が
入るわけです。

しかも、1月2月3月なんて、全部月始め。


よく考えてみてください。
クリスマスの装飾をして、クリスマス会を終えます。
そこから、一気にお正月モード。
「もーいーくつねーるーと~♪」なんて歌っていられるのは
大体3日か4日くらいしいかないわけですよ。

しかも、年長の年度末。

簡単な制作で済ませされるはずもありません。
それなりに形にしていかないと。。

でもね、そんな制作活動をいかに楽しく子どもたちがノリノリで
できるか。
それが、やっぱ年長の醍醐味でもあり、やりがいなのです。

今年は、はじき絵で好きな色をつけた鬼に、
それぞれがデザインした好きな顔の鬼にしました。

130203

ただ鬼を作るだけでは楽しくありません。
どうせですから、やや思いつきではありますが、
パンツも作ってみた。

女の子はピンクのパンツです。

そして、今年の最高に面白かったこと。
それは「鬼ごっこ」

最近、「増える鬼」という、タッチされたらドンドン鬼が
増殖していく鬼ごっこがクラスのブーム。

いつもなら、帽子をかぶっていて、タッチされたら
帽子を外して鬼になる。とやっていますが。
今日は、ホントの「鬼ごっこ」

鬼にタッチされたら、自分で作った鬼をかぶって、
鬼になる。

130201

ほんと見ているだけで分かりやすくて楽しい鬼ごっごでした。

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2


保育園のできごと | | コメント (0)

2013-02-01

やすり すりすり

130131

130131a


3年連続の年長担任。

年長担当で大きな悩みの一つが、「卒園制作」。

子どもたちの作った物を、保育園に寄贈する。
いわば、足あとを残すような作業です。

一昨年は、畑の看板づくり。
そして、昨年は、夏祭り用の組み立てお神輿を作りました。

今年は園長からのリクエストもあり、「竹ぽっくり」を
作っています。

今までの卒園比べて作業工程は少ないものの、
地味な作業が多くなります。

竹を切ってきて、クラスでお互い押さえあったりして
のこぎりでギコギコ。あとは裸足で乗っても怪我をしないように
やすりで面取りをします。

このやすりがけの作業。
これが、とっても年長向きなのです。

端から見るととっても地道な作業なのですが、
子どもたちにとってはとても楽しいのです。

自分がやった分だけ結果が返ってくる。
努力した分だけ、目に見えて竹がスベスベになるのです。

大人になると、いや、子どものうちもなかなか地道な努力が
すぐに結果に表れることなんてそうそう多くないのです。

でもこの「やすりがけ」。

運動のように能力での差はほとんどありません。
絵画のように、得手不得手もありません。
動かすのは自分の手だけ。

すごく子どもたちにとっては、充実感を提供できる
作業なのです。

だから、このやすりがけ。

僕は大切にしています。

そして、子どもたちは必ず聞いてきます。
「せんせい!これでいい??」って。

僕は、「OK」とか「いいよ、合格」とかいいません。

ゴールは自分で決めるのです。
「自分がこれでいい!!って思ったら、終わりにして良いよ」

子どもたちはしばらく考えますが、また触ってみて
ほとんどの子が再開をします。

僕は、難しい保育理論よりも、こういう体験を保育士が提供
できることがとっても大切なのだと思っています。

そのためには、保育士自身も体験すること。
そして、その楽しさを身をもって体験することが大切なのだと
思っています。

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

より以前の記事一覧