« 懐かしい感覚 | トップページ | 冬がはじまるよ »

2015-12-02

保育ドキュメンテーションについて感じること。

あくまでも、僕のいち保育士としての私見ですので、
どうぞ、ご立腹されるような方は、スルーしてください。

最近、保育業界で話題の「ドキュメンテーション」
僕も専門的に学んだ人間ではありませんが、
少なくとも、業界ではかなり話題にあがることが
多くなり、学生さんの耳にも入るレベルになってきた
と感じます。

色々たどっていくと、やはり
レッジョ・エミリア・アプローチの中から
派生した一つの手法のようです。

発達記録ではなく、子どもの会話、子どもと保育者の会話
などの実践の記録であること。

そして、その過程を掲示、見える化することで
保育者だけでなく、保護者や子どもと共に
振り返りになるということ。

見える化するために、
写真や動画、録音などをを記録媒体の一部とすること。
(もちろんそこには文字も加わります)

保育者のPDCAサイクルにも繋がっていく。

保育者と保護者が子どもを中心に同じ喜びを
分かち合える。

私が得た情報、学んだ範囲ではこんな風に理解しています。


そして、私の周りでは、主に「写真を中心とした」
ドキュメンテーションが増えていると感じています。

ドキュメンテーションそのものは、写真である必要性は
ないはずですが、僕の得ている情報媒体の中では、
とても目立ちます。

つまり、ドキュメンテーション=写真記録 と
学生さんが感じても、仕方がないくらいになっている
と思います。

良いドキュメンテーションを作るために、
どうやって良い写真を撮るのか。
そんな研修まであるようです。

さて。
ここで、僕は大きな違和感を抱くのです。

「いったい誰が写真を撮るのだ」

ということです。

ここで3つの例をあげて、違和感を列挙してみます。

①保育者自身
一番、子どもがイキイキとして、子どもの目線が活きる
いい写真が撮れることでしょう。

しかし、僕も素人ですが、自称カメラマンです。
ファインダーを覗いている瞬間、モニターで撮ろうとしている
その瞬間。確実に、他の子は見えなくなります。

そして、もう一つ。
大好きな自分のクラスの先生が、他の子を写真に撮っている姿。
それを見たら、その子はどのように感じるでしょうか。
答えは2つに一つです。
 A.自分を撮ってくれないんだ。
 B.撮ってもらえるようにがんばろう。
こうなると思うのです。

保育者は、どんな時でも1点を凝視してはいけない仕事です。
誰か一人を真剣に叱っているときでも、残りの子たちの
安全を守れることが、僕たち保育者の役割であり、
プロである所以です。

そういう意味では、保育者自身が「写真を撮ることに
一生懸命になること」は、ナンセンスだと感じます。

②クラス担任以外の園内の人。
例えば、園長先生、フリーの先生、例えば事務の方。
遠くから、超望遠レンズで撮っていれば、①のようなことは
ないでしょう。
しかし、そんな遠くで撮って、子どもたちの様子は
分かるでしょうか。

前後の保育者とのやり取りが伝わるでしょうか。

僕は難しいと感じます。

なので、やっぱり近くで撮ることになると思うのです。
子どものいい姿を見つけに必死に動き回ることでしょう。

それで結果的にいいドキュメンテーションが作れた
としましょう。

さて。その為に費やした時間と労力は、どれほどでしょう。
同じ時間をかけて、園庭環境を良くしたり、
子どもとゆっくりお話できる時間が削られてないでしょうか。

そしてもう一つ。
今の保育現場には、人が足りません。
都市部では特に、絶対的な人員不足です。
そんな人的な余裕があれば、乳児クラスのお手伝いを
してあげることの方が、優先度が高いのでは。と思います。

③園外の方
これは、もしかしたら、一番ベストなのかも知れません。
でも、そんな金銭的余裕は園にあるでしょうか。
プロのカメラマンが撮ってくれた写真と、
保育の会話の記録はどうリンクするのだろう。
そんな風に思います。

こういう風に考えると、やっぱり「写真を中心とした
ドキュメンテーション」って、どうも違和感を感じるのです。

そして、その

「写真を中心としたドキュメンテーション」
を、

「外部に向けて発信すること」
は、もっと違和感を感じます。


誰のためのドキュメンテーションなのか。


色々読ませて頂いたり、情報を頂いていますが、
未だに僕のこの「違和感」を解決してくれる
答えが見つかりません。

もちろん、意味のあることでしょう。
記録の取り方としてもいいアプローチだとも感じます。
そして、ドキュメンテーションそのものを
決して批判や、否定をしているわけではありません。

ただ、違和感を感じるのです。
自分の感覚として、保育観として。

今の保育現場にはもっともっと優先度の高い
ことがあるような気がしてならないのです。

僕の勉強不足なのでしょうか。

|

« 懐かしい感覚 | トップページ | 冬がはじまるよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい感覚 | トップページ | 冬がはじまるよ »