« 俺の相棒歴#2 P153 | トップページ | 保育士という資格と仕事 »

2013-11-04

モノ想ふひとのチカラ

今日、一大イベントが終わりました。

Dot shift ~保育を語る交流会~

僕がChild+ http://child-plus.jimdo.com/
の一員になって、約半年。

共催ではありますが、実質の主催イベント。


なんと、保育関係者60名以上の参加を頂き、
大盛況のうちに終了することができました。

1395326_403917166402860_1606272019_

うちの代表のちょびが、一言いったこと。

「もっとみんなで保育を熱く語りたい。」

はじまりはこんな、一言でした。


イベントを企画し、運営すること。
それには、会場や予算や、宣伝など、ハードルは山のようにある。
でも、このイベントは実質1ヶ月程度で進んだのである。

僕は、今まで研修を企画したり、そういうオペレーションは
数多くこなしてきた。
だからこそ、どこか、慎重だったり、現実的だったり、
冷めているようなところもあった。

でも、今回、「想う」こと
そしてそれを「発信」し、
「具現化」する。

その大切さと、力強さを改めて感じることができました。

僕はその、「具現化」に時間をかけたり、慎重にやることを
学んで、経験してきたつもりだった。

でもね、その手段や技術や経験よりも、
「想い」が強いかどうか。それが大切なんだって。

「想いの強さ」。その大切さを、10個近く年下の、ちょびとくぼやんから学びましたよ。

「想い」を力強く発信すれば、共感した仲間が動いてくれるんだよね。
今回だって、あっという間に、形ができて、チラシまでできた。
そして、結果たった1ヶ月程度の周知期間で60名以上が集まり、
みんなが、熱く語り、熱く発信して、そして、充足感と仲間を経て
帰って行った。

そう、具現化 できたわけです。

まるで、ちょびとくぼやんに、ひきよせられるように。

気がつけば、色々な人が、色々なことを、いつの間にか進めていた。


ものすごい量の事務作業も、少ない時間の中でやりくりをして
なんとか形になった。


ツメが甘いなとか。
あ、ここどうだったっけ??

ってことは山ほどあった。

でも、今日はそれらが全てクリアされて、恐らく参加者の目からは
感じないほど、周到に準備がされつくされているように映ったと思うのです。


歳をとると、どこか、守りに入ったり、物事を現実的にとらえよう、
事務的にスマートに処理しようって気持ちが働く。


でもそれ以上に、チカラが集約されていき、なんとかしようとする
パワーの方が上回ったのです。


結果として、自分がどこか夢見ていたような場をつくることができました。

保育業界全体にとっては、とっても小さなことかもしれない。
でも、民間・公立・保育園・幼稚園いや、それだけじゃない。
看護師さんや、保育士養成校の先生、NPOのスタッフ、園長先生、
学生さん、映画監督・・・・
それはそれは信じられないような、多くのカテゴリーの方が経験や
世代、年齢を超えて、一つの場を共有し、交流し、そして勇気と
元気をもって帰って行く。

そこには、ネットワークという輪が残っています。

「縁は円をつくる」

僕が最も人生で大切にしている言葉。
それを今日、また一つ具現化して、実現することができました。


でも、それは、僕だけのチカラではなく、多くの参加者、
支えて・助けてくれた仲間達。

そして、何より、ちょびとくぼやんの、強く・たくましい「想いのチカラ」。

それがあったからこそ、今日、今、この時間のみんなの
充足感につながっているのだと思うのです。

ちょび・くぼやん。

そして、素晴らしいスピーカーの、絢子さん、シモヤ、わくさん。

参加者のみなさん。

スタッフ、サポーターの皆さん。


みんなに感謝して、今日はぐっすり眠ることができそうです。

おっさんも、負けないようにがんばりますよ。
明日からも仕事がんばろうぞよ。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

|

« 俺の相棒歴#2 P153 | トップページ | 保育士という資格と仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺の相棒歴#2 P153 | トップページ | 保育士という資格と仕事 »