« モノ想ふひとのチカラ | トップページ | 保育士に必要なスキル。 »

2013-11-16

保育士という資格と仕事

<保育士>
一般の人は、保育園で働いている人のことを思い浮かべると
思うし、僕ら保育の現場で働いている大多数の人も
同じことを思っています。
でも、保育士とは、厚生労働省の定めた国家資格であり、
保育士資格を持っている人は、児童福祉法で規定された
児童福祉施設で働くことができます。

あ、いや。
突然何を言いたいかっていうと、保育士資格=保育園就職
ではないってこと。

学校の先生も然り。

大学の授業や学部の中で考えると、
子どもに関わる資格って、
・保育士
・幼稚園教諭
・小中高などの各科目教諭
ホントこれだけ。

そして、大学生の就職先は必然的に
・保育士→保育園
・幼稚園教諭→幼稚園
・教諭→各分野別に学校へ

大学生の視点から見るとこれしか選択肢がないように
見えるんですよね。

でもね、僕の周りには多くの形で子どもに関わり
仕事をしている人がいる。

・埼玉の田舎で地域のチカラを借りて学童をしている人
・千葉で、学童と学習塾を融合した学び場をつくっている人
・東京のNPOで学校のキャリア教育を支援している人
・自分で母と社労士をしながら保育園をつくってしまった人
・千葉で家族と小さな保育園を経営している人
・ショッピングセンターの託児所で所長さんしている人
・学校の先生やめて、世界を放浪している人
・群馬で森のようちえんをやっている人
・清里で子どもの写真を撮っている人
・高校の先生から、保育の安全を追う、ジャーナリストしている人
・学童の指導員から、自宅で遊び塾を主宰している人
・小さい頃からの夢を叶えた、小児外科医

確かに資格は必要かもしれない。
社会一般的に安心感にもつながるから。
でも、その資格と仕事は直結ではなく、もっと広い
可能性や広い世界があるんだよってことを
学生さんに教えてあげたい。

とかく、保育士不足と低賃金と労働環境。
小学校の教諭の残業の多さとストレスの多さ。

そんなことで挫折する人も少なくない。
むしろ、社会に出る前にあきらめて、一般企業に
就職してしまうなんて話も聞く。

でも、子どもに関わる仕事って、やっぱり夢があって
希望があって、そして色々な関わり方があるってことを
是非学生さんに伝えたい。

かくいう僕も、保育士資格をとりながら、その
経歴のスタートは、東京都教育庁管轄のろう学校に
付随する、寄宿舎の指導員だった。

そして、キャンプ屋さんに。

今は保育士だけどさ。
そんな色々な人たちと、保育士さんと学生さん達を繋げて
広げていきたいなって、最近強く思うのです。

本当は、保育とか教育とか、医学とか野外とか、
社会教育とか、地域とか、
そんな枠を全部飛び越えて、横断して
「子どもに関わる全ての人」を対象に
繋がりを広められるような、場作りをしていきたいな~
って思っています。


1470016_408487702612473_185747553_2

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

|

« モノ想ふひとのチカラ | トップページ | 保育士に必要なスキル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モノ想ふひとのチカラ | トップページ | 保育士に必要なスキル。 »