« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013-11-20

保育士~実習生の受け入れについて

<保育士~実習生の受け入れについて>

最近思うことシリーズ第3弾。また長いっす。。
興味ない人はスルーしてね。

保育園には毎年、実習生がやってきます。
いわば、保育士の卵。私たちの後輩にあたる子たちです。

短大・大学の課程によっても違いますが、概ね
1回につき2週間から3週間程度の実習期間があり、
その中では、ただ様子を見るだけという、
「見学実習・観察実習」これは、
短大1年 あるいは大学2年が主です。

そして、一日・あるいは数時間のコマを実習生が指導する
「指導実習・責任実習」があります。
こちらは、短大なら2年。大学なら3年生か4年生です。

さて、Twitterの学生さんを見ていると、この実習期間。
苦しい、辛い、やめたい、逃げ出したい。なんてツイートを
よく見かけます。
もちろん、前向きでがんばっている実習生もたくさんいますが。

でも、この実習生に対して、辛く、厳しく
(時には罵声を浴びせかけ)指導する保育士って
実は少なくありません。

僕の肌感覚ですが、こっちの方が多い気がします。
大体7:3くらいの感覚。

この方たちは異口同音にこんなことを言うようです。
「甘い」
「あいさつできない」
「何しにきたんだ」
「自分で考えろ」
あげくの果てには。
「保育士向いてない」
「これだから若いもんは」
「さすがゆとり世代」

とか言われてしまうようです。

ひとつ、大きな課題が保育園側にあります。
それは
「実習生の指導方法についての体系だった指針がない」
ということです。
もしかすると、園長先生のリーダーシップがある園などは
しっかり組み立てているところもあるかも知れませんが、
そうではないところがほとんどです。

するとどうなるか。

実習生の指導が、
「たった一人の担当保育士の感覚に委ねられる」
ということになるのです。

実習生が保育園実習をする機会は概ね在学中に2回。
幼保両方の資格が取れる学校でも3~4回程度でしょう。

つまり、あたった先生の運次第。

いい先生に巡り会えれば儲けもの。
実習生いびりが趣味のような先生にあたれば、おしまい。

こんな感じです。

で。この厳しく、いや、いびるような指導をする先生が
よく言う言葉。「私の時はもっと厳しかった」。

そんなことは、知ったことかっ!! って突っ込みたくなりますが、
往々にしてあるのです。
僕はこれを、「実習生いびりの負の連鎖」と感じています。
甲子園を目指す野球部で起こる、先輩後輩の体罰事件と同じ構図です。

あくまでも私見ですが、僕は現代の保育士不足の要員のひとつに、
潜在的にあるのではないかと思っています。

これは養成校の先生方もかなり感じている方が多いようです。
「実習で生徒がつぶされて帰ってくる」と。

そして、もう一つ、現場の保育士が口にすること。

「ゆとり世代」

もう平成生まれの学生たちにとっては、一番聞きたくない言葉でしょう。
ある意味背負わされた十字架のようなモノです。

本来、僕はこの「ゆとり世代」を作ったのは我々上の世代の責任です。
そして、若者にきちんと対峙してこなかった責任逃れの言葉だと思っています。

「ゆとり世代」と感じるならば、彼らに分かる言葉で、
伝わるやり方で、工夫をして指導を考え、
教え育てていくことが私たち保育士側に求められるべきです。

よく、実習生に対して、責任実習の中身や言葉がけが、
「子どもに合ってない」とか言います。
かくいう保育士は学生さんに合った言葉がけができているのでしょうか。

今の学生さんたち。
全体的な印象を思いっきり平たくして、端的に言うならば
「とってもまじめで勤勉。しかし打たれ弱い」
僕はそう感じています。
だから、僕は彼らに届くような言葉を選び工夫しています。

もうひとつの課題。
それは、この現状を打破するのが誰なのか?という問題です。

養成校側はこの「実習で学生がつぶされる」という問題意識は
少なからずあるようです。
しかし、養成校は実習園に対して、「お願い」をして
「受け入れてもらっている」立場。

「うちの学生つぶさないで」「弱っちいけど大目に見て育ててやって」
なーんて言えるわけがありません。

分かりやすい例をあげましょう。
養成校は、実習園に菓子折を持ってきます。
養成校は、実習園に図書券を持ってきたります。

こういう力関係なのです。

「じゃあうちは受け入れません」と実習園に言われたらおしまいです。

やっぱり、私たち現場の人間が変えていくしかないんですよね。。
僕は本来は、この力関係は逆だと思います。

「大切な後輩たちを育てて送り届けてくれてありがとう」ですよ。

少なくとも、お預かりした実習生が、「保育」という仕事に向けて
前向きに精進したくなるような指導をするべきなのです。

保育士向いてない。とか、言語道断です。

僕が学生に指導すること。3つ。
 ・朝も帰りも、全ての同僚にあいさつをしよう。
 ・保護者が入ってくる入り口には背を向けない。
 ・自分から「先に」あいさつをしよう。
これだけ。

肝心要は「対大人コミュニケーションスキル」だと思っています。
ここが今の学生のちょっと弱いところ。
そこをきちんと育ててあげること。僕ら保育士に課せられた使命
だと思っています。

実習生が保育士を目指さなくなったら。
5年後、10年後。苦しむのは僕たち現役の保育士ですから。
僕らの宝を大切に育て上げましょうよ。


K5d_6517

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育についてのあれやこれ。 | | コメント (5)

2013-11-17

保育士に必要なスキル。

<保育士~今日もふと思ふ>
※長編になってしまいました。長いよ。。

保育士資格をとって、14年。
回り道をして、保育士として保育園で働くようになって
6年が経とうとしています。

この仕事について、痛感したこと。
それは、30歳近くになってから入って良かったなと。

保育士は、「子どもと遊ぶのが仕事」
まあ、社会一般の方々の常識でしょう。
そして、残念ながら保育士を志す多くの学生も
同じ事を思っています。

確かに一義的には、直接関わるのは、子どもたち。
でも、その子どもたちとの関係作りの前に、
保護者との信頼関係が構築できなければ
どんなに素敵でいい保育をしていても伝わらないのです。

では、素晴らしく子どもに対応できる先生が
いるとしましょう。
でも、保護者に対しては、タメ口を使ってみたり、
子どもが怪我をした時に、笑顔で「すいませんでした~」
なんて話してしまう保育士さん。

多分、保護者の評判は悪くなり、
保育士として働きづらい環境になってくるでしょう。

保育士って、クライアントは保護者なのです。

こういうと語弊があるかも知れませんが、
保育料を払い、子どもを毎日送迎しているのは
保護者です。
そういう意味では、クライアントというとらえ方を
しても、そう間違いではないと思います。

もちろん、保育の質。子どもをみるプロの目。
保育者としての専門性。
それは大前提です。

<その上で!>いち社会人として、保護者と対応できるか。
これは、保育士に求められる大きくて大切なスキルだと
思います。
若さや経験は別問題です。

僕が、30歳近くでよかったと書いたのは、
それ相当の年齢であるだけで、保護者と年齢も近く
なりますし、年齢だけである程度信頼感が出るもの
なのです。(もちろん基礎的な社会人スキルは必要です)
そして、回り道をしてきたおかげで、社会人としての
スキルを身につけてこれたのです。

逆を言えば、20歳そこそこで、保育士となり
保護者から信頼感を得るためには、相当の努力が
必要なのだと思います。

さて、保育士の方は思い浮かべて見てください。

保育士の養成課程において、保護者対応を学んだ
経験はありますか?
多分、皆無に等しいと思います。

そして、この保護者対応が大切なことの裏には
もうひとつ大切なことが潜んでいます。

つまり、「対大人とのコミュニケーションスキル」
なのです。

保護者対応がとても上手な人は、
多分、同僚との関係もうまくいっているはずです。

よく、就職後、職場の人間関係がうまくいかなくて
離職したって事例は8割方この問題を少なからず
はらんでいると思います。

最近の実習生を見ていると、この辺りの課題を
抱えている学生が多いです。

子どもへの接し方、保育スキルは素晴らしいのに。
・自分から自己紹介をしない。
・大人と目があわない。
・すぐいいわけをする。
・挨拶をしないで帰る。
・実習日誌を片手で渡す。
・タメ口で話す(敬語が使えない)

すごくもったいないわけです。

(ま、そもそも、実習担当の養成校の先生が
対大人のコミュニケーションが低かったりしますが。。。)

これは多分、学校の先生の養成課程でも同様のことが
言えると思います。

保育園(学校)は、高い専門性を求められる職場。
一方でその職場は一般社会と隔離された閉鎖された場なのです。
しかし、そこに通ってくるクライアントは、社会の最前線で
バリバリと働いているビジネスマンなのです。

僕が全ての実習生に必ず指導するのは3つだけ。

・保護者の入り口には、背を向けない。
・保護者にも同僚にも、自分から「先に」挨拶をする。
・朝も、帰りも、全ての先生に挨拶をする。

さて。この3つ。
養成校では指導されていますか?
保育士の皆さんは実践できていますか?
保育園の同僚はこれができていますか?

回り道をしてきた保育士だからこそ気になる
ところなのです。

多分ですが。
保育園を学校。
保育士を教諭。
と置き換えても同様の事が
言えると思います。

最後まで読んでもらって感謝です。

K5d_5488


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2


保育についてのあれやこれ。 | | コメント (0)

2013-11-16

保育士という資格と仕事

<保育士>
一般の人は、保育園で働いている人のことを思い浮かべると
思うし、僕ら保育の現場で働いている大多数の人も
同じことを思っています。
でも、保育士とは、厚生労働省の定めた国家資格であり、
保育士資格を持っている人は、児童福祉法で規定された
児童福祉施設で働くことができます。

あ、いや。
突然何を言いたいかっていうと、保育士資格=保育園就職
ではないってこと。

学校の先生も然り。

大学の授業や学部の中で考えると、
子どもに関わる資格って、
・保育士
・幼稚園教諭
・小中高などの各科目教諭
ホントこれだけ。

そして、大学生の就職先は必然的に
・保育士→保育園
・幼稚園教諭→幼稚園
・教諭→各分野別に学校へ

大学生の視点から見るとこれしか選択肢がないように
見えるんですよね。

でもね、僕の周りには多くの形で子どもに関わり
仕事をしている人がいる。

・埼玉の田舎で地域のチカラを借りて学童をしている人
・千葉で、学童と学習塾を融合した学び場をつくっている人
・東京のNPOで学校のキャリア教育を支援している人
・自分で母と社労士をしながら保育園をつくってしまった人
・千葉で家族と小さな保育園を経営している人
・ショッピングセンターの託児所で所長さんしている人
・学校の先生やめて、世界を放浪している人
・群馬で森のようちえんをやっている人
・清里で子どもの写真を撮っている人
・高校の先生から、保育の安全を追う、ジャーナリストしている人
・学童の指導員から、自宅で遊び塾を主宰している人
・小さい頃からの夢を叶えた、小児外科医

確かに資格は必要かもしれない。
社会一般的に安心感にもつながるから。
でも、その資格と仕事は直結ではなく、もっと広い
可能性や広い世界があるんだよってことを
学生さんに教えてあげたい。

とかく、保育士不足と低賃金と労働環境。
小学校の教諭の残業の多さとストレスの多さ。

そんなことで挫折する人も少なくない。
むしろ、社会に出る前にあきらめて、一般企業に
就職してしまうなんて話も聞く。

でも、子どもに関わる仕事って、やっぱり夢があって
希望があって、そして色々な関わり方があるってことを
是非学生さんに伝えたい。

かくいう僕も、保育士資格をとりながら、その
経歴のスタートは、東京都教育庁管轄のろう学校に
付随する、寄宿舎の指導員だった。

そして、キャンプ屋さんに。

今は保育士だけどさ。
そんな色々な人たちと、保育士さんと学生さん達を繋げて
広げていきたいなって、最近強く思うのです。

本当は、保育とか教育とか、医学とか野外とか、
社会教育とか、地域とか、
そんな枠を全部飛び越えて、横断して
「子どもに関わる全ての人」を対象に
繋がりを広められるような、場作りをしていきたいな~
って思っています。


1470016_408487702612473_185747553_2

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育についてのあれやこれ。 | | コメント (0)

2013-11-04

モノ想ふひとのチカラ

今日、一大イベントが終わりました。

Dot shift ~保育を語る交流会~

僕がChild+ http://child-plus.jimdo.com/
の一員になって、約半年。

共催ではありますが、実質の主催イベント。


なんと、保育関係者60名以上の参加を頂き、
大盛況のうちに終了することができました。

1395326_403917166402860_1606272019_

うちの代表のちょびが、一言いったこと。

「もっとみんなで保育を熱く語りたい。」

はじまりはこんな、一言でした。


イベントを企画し、運営すること。
それには、会場や予算や、宣伝など、ハードルは山のようにある。
でも、このイベントは実質1ヶ月程度で進んだのである。

僕は、今まで研修を企画したり、そういうオペレーションは
数多くこなしてきた。
だからこそ、どこか、慎重だったり、現実的だったり、
冷めているようなところもあった。

でも、今回、「想う」こと
そしてそれを「発信」し、
「具現化」する。

その大切さと、力強さを改めて感じることができました。

僕はその、「具現化」に時間をかけたり、慎重にやることを
学んで、経験してきたつもりだった。

でもね、その手段や技術や経験よりも、
「想い」が強いかどうか。それが大切なんだって。

「想いの強さ」。その大切さを、10個近く年下の、ちょびとくぼやんから学びましたよ。

「想い」を力強く発信すれば、共感した仲間が動いてくれるんだよね。
今回だって、あっという間に、形ができて、チラシまでできた。
そして、結果たった1ヶ月程度の周知期間で60名以上が集まり、
みんなが、熱く語り、熱く発信して、そして、充足感と仲間を経て
帰って行った。

そう、具現化 できたわけです。

まるで、ちょびとくぼやんに、ひきよせられるように。

気がつけば、色々な人が、色々なことを、いつの間にか進めていた。


ものすごい量の事務作業も、少ない時間の中でやりくりをして
なんとか形になった。


ツメが甘いなとか。
あ、ここどうだったっけ??

ってことは山ほどあった。

でも、今日はそれらが全てクリアされて、恐らく参加者の目からは
感じないほど、周到に準備がされつくされているように映ったと思うのです。


歳をとると、どこか、守りに入ったり、物事を現実的にとらえよう、
事務的にスマートに処理しようって気持ちが働く。


でもそれ以上に、チカラが集約されていき、なんとかしようとする
パワーの方が上回ったのです。


結果として、自分がどこか夢見ていたような場をつくることができました。

保育業界全体にとっては、とっても小さなことかもしれない。
でも、民間・公立・保育園・幼稚園いや、それだけじゃない。
看護師さんや、保育士養成校の先生、NPOのスタッフ、園長先生、
学生さん、映画監督・・・・
それはそれは信じられないような、多くのカテゴリーの方が経験や
世代、年齢を超えて、一つの場を共有し、交流し、そして勇気と
元気をもって帰って行く。

そこには、ネットワークという輪が残っています。

「縁は円をつくる」

僕が最も人生で大切にしている言葉。
それを今日、また一つ具現化して、実現することができました。


でも、それは、僕だけのチカラではなく、多くの参加者、
支えて・助けてくれた仲間達。

そして、何より、ちょびとくぼやんの、強く・たくましい「想いのチカラ」。

それがあったからこそ、今日、今、この時間のみんなの
充足感につながっているのだと思うのです。

ちょび・くぼやん。

そして、素晴らしいスピーカーの、絢子さん、シモヤ、わくさん。

参加者のみなさん。

スタッフ、サポーターの皆さん。


みんなに感謝して、今日はぐっすり眠ることができそうです。

おっさんも、負けないようにがんばりますよ。
明日からも仕事がんばろうぞよ。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2013-11-01

俺の相棒歴#2 P153

2010年8月に第一回の連載を開始した。
「俺の相棒歴」シリーズ。

docomo一筋で来た僕の、携帯電話と自分の歴史を紐解こうという
この連載企画。

3年前のこの投稿で、頓挫しておりました。
http://gacha-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/nm-6edc.html

というわけで、気持ちを新たに、第2弾。

もしかすると、これで終わるかもですが。。


さてさて、2代目は、P153。
Big_199706_digital_mova_p153_hyper


1代目の、NM151から比べると、ものすごいスタイリッシュに
なったでしょ?とっても、細くなりました。

画像を見ても分かるとおり、
・携帯番号は、9桁。
・電話帳はカタカナ。
・まだメールなどはなし。

こんな感じでした。
発売が1997年6月。
僕がちょうど、保育の専門学校に入学した1年目ですね。

保育の専門学校に入学する直前に親友を事故で亡くしました。

ちょうど、この1997年は、そんな頃。
ある意味暗黒の頃かも知れません。

友人の死を受け入れられずに、新しい学校に入学。
なかなか周囲の人とも打ち解ける気になれなかったのを
覚えています。

それでも、入学式を休んで、シャベカメのスキーキャンプに行ったり、
夏のキャンプにも参加して、YMCAの活動を一生懸命やっていた
時期でもありました。

武蔵野YMCAから西東京YMCAに移って2年が経ち、
活動やリーダーたちも落ち着いてきた頃だったかな~。

社会体育から、保育の専門学校へ。

大きな大きな人生の転換期を、このP153は一緒に過ごして
くれていたようです。

YMCAに行ってなかったら、保育士になろうとも思わなかっただろうし、
保育学院の存在も知らなかったはず。

YMCAが人生を変えてくれた、そんな過渡期。
1997年、21歳頃のお話でした。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »