« 大切なあなたへ | トップページ | 先入観の正体 »

2013-07-27

専属カメラマンとして


東京は小平にある中古絵本の専門店
「ねこじたゴリラ堂」

かれこれ、20年近くになる盟友、ゴリさん。が店主です。

今日、久しぶりに訪れてみると、店主!
えらい痩せているではありませんか!!

風のうわさで痩せた痩せたとは聞いていたけど、
大したもんです。

実は私。彼とは専属カメラマンとして契約をしています。
今まで、mixiアイコン、twitterアイコン。そしてFacebook。
このお店のHPの写真も僕が撮りました。

この男。絵になるのです。

そして、今日、撮り直しとなる一枚を撮ったところ。
彼がウハウハ言いながら、心から喜んでくれました。

人を撮る。

僕はプロのカメラマンではないので、誰でも彼でも
かっこよく、美しく撮れるわけではありません。

カメラは僕にとってはコミュニケーションツール。
ファインダーを通して、被写体と会話をするようなもの。

その相手が20年近い付き合いであれば、彼がどんな
顔が素敵で、どんな角度が画になるか。
なんとなくわかるもの。

でも、たった数枚撮っただけの写真を彼はベタ褒めしてくれました。

彼の一人の友人として、そして、一人のカメラマンとして。
すごくうれしく感じるわけです。

カメラマン冥利につきる。

そんなことを感じた土曜日でした。


どんな写真が撮れたのか。
それは、こちら↓

良い写真と自己肯定感。

をご覧ください。


ゴリさんのHPから来てくれた方々。
はじめまして。わざわざ見に来てくださりありがとうございます。

ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

|

« 大切なあなたへ | トップページ | 先入観の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大切なあなたへ | トップページ | 先入観の正体 »