« 雷さま現る | トップページ | 専属カメラマンとして »

2013-07-15

大切なあなたへ

あなたと出会ったのは、2006年の11月30日でした。
確か、千葉の船橋が最初でした。

真っ白な肌、そしてシャープな顔立ち。
何より、そのシュッとしたお尻に一目惚れをしてしまったのを
よく覚えています。

あれから、あっという間に、7年の歳月が流れようとしています。
一緒に、千葉での生活を楽しみました。
千葉と埼玉を何往復もしました。
長野まで滝を見に行ったり、野辺山まで行きました。
妙高まで日帰りをした日もありました。
仲間と一緒に軽井沢でおいしい焼き肉も食べました。
千葉をぐるりと一周したり、銚子まで日帰りもしました。
仙台まで片道380km走った時もありました。
山を始めてからは、たくさんの山を案内してくれました。

どんな時も一緒にいてくれて、僕に力を与えてくれました。

そして、昨晩、あなたと僕はひとつの区切りの時を迎えました。


130715a


ここはあくまでも通過点。
まだこれからもしばらく、僕と一緒にいてください。

130715


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

|

« 雷さま現る | トップページ | 専属カメラマンとして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷さま現る | トップページ | 専属カメラマンとして »