« 長柄のくうき。 | トップページ | 梅雨だからこその風景 »

2013-06-09

子どもとどう向き合うか

久しぶりすぎてごめんなさい。

今日は、保育のワークショップ。
「ほいくのたいわ」→FBページ Blog
というワークショップに参加してきました。

今回のテーマは
「子どもの考える力 と 大人の役割って?」
というお題。

4人づつのグループディスカッションを通して、
自分の日々の保育や、考え方。そして、明日への目標を立てることができました。

その中で、僕が子どもと接するにあたって、
こんな感じを大切にしたいなって写真がありました。

これ。

130609

担当している、年齢とか、環境によって関わり方は色々だと
思うけど、でも、一人の先生としてではなく、
一人の人として、「真剣に」子どもと向き合いたいなって思うのです。

お互いが、きちんと尊重し合うような関係性。

そんなことを大切にしていきたいなと思う今日のワークショップでした。


そうそうご報告。
私、

Child+ http://child-plus.jimdo.com/ 

という団体の運営側のスタッフとして、加えて頂くことになりました。
今後、保育士向けの野外体験活動など、企画していこうと思っています。


ポチッと押してやってください。励みになります。
(1日ワンクリック有効)

Br_decobanner_20100527193253_2

|

« 長柄のくうき。 | トップページ | 梅雨だからこその風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長柄のくうき。 | トップページ | 梅雨だからこその風景 »