« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012-03-29

明日で最後。

今日の朝。
通い慣れた道の途中。いつもよりも遅めの梅が満開になっていました。

そんな明日は、3月最後の日。
そして、4年間つとめた今の保育園ともお別れの日です。

少し早かったけど、異動です。

子どもたちとも保護者とも、4年間で多くの出会いがありました。
そして、2年連続で卒園児も送り出しました。

そんな大切な子どもたちとお別れをする日。

今日まで暖かく支えてくれた同僚とも。

でも、仕事がかわるわけでもありません。
遠くに行くわけでもありません。

異動先は今の園から、徒歩10分。

今の保育園と散歩コースも同じです。

いつでも会える。そして、また会える。

自分にとっては、新しいチャレンジの機会を与えられたのだと
思っています。

どうか、明日の最後の一日。
子どもたちと一日笑顔で、ひとつひとつの時間を大切に
過ごしていきたいと思っています。

4年間に思いをはせながら、おやすみなさい。

| | コメント (0)

2012-03-26

おとなのさんぽ。

先日、都電荒川線の1日乗車券を買い、散歩してきました。
都電荒川線は、早稲田~三ノ輪橋を結ぶ30駅の路線。
その長さはたったの12kmです。

いわゆる路面電車。都内に現存するのは、この荒川線と
世田谷線だけのはず。
しかも、車道を車と共に走るのは、この荒川線だけだと思います。

昨年他界した祖母が早稲田に住んでいたこともあり、
僕にとっては特別な場所。

明るい日差しの中、のんびりとカメラ片手に歩いてみました。

今回は、コメントや場所はなしっと。
どんな場所かな? みてやってください。

120320a


120320b


120320c


120320d


120320e


120320f


120320g


120320h


120320i


120320m


120320j


120320k


120320l


ちょっとカメラマンっぽい?
よかったらポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

2012-03-19

思いたったら、山のぼり。

卒園式を終えた土曜日。
午前中は卒園式。夜はおでかけドライブ。
そして、次の日曜日には保護者とのお食事会。
もちろん子どもも一緒。

とっても楽しかったのですが、さすがに神経も疲れた。

そんな翌日、月曜日ももちろん出勤。

そんな午前中。
となりの4歳児の先生と園長先生から
突然の帰宅命令「今日はいいから、帰りなさい」

疲れが外に出ていたかな。。ちょいと反省しつつ、
今回はお言葉に甘えてしまいました。

家への帰り道、とっても良いお天気。

「そうだ。山に行こう!!」
とはいっても、既に14:00近く。
ギリギリだな~と思いつつも、日没時間をチェックし
逆算!!

なんとか間に合うだろう!!と判断し、向かった先は
「晃石山」。これ、「てるいしさん」と読みます。
自宅からは約60km。そうですね。約1時間ちょい。

着いた駐車場は山中寺という寺の駐車場。
ここが今日のスタート地点です。

120319a

しばらく歩くと、寺の門が見えてきます。
120319b

すぐに登山道に入ると静かな森の中。
もちろん、15:30に登りはじめですから、人の気配も
まったくありません。

木々は凛として立っていました。

120319c

120319d

約30分程度歩いた頃、ベンチのある休憩所。
脇には分岐の道標。

あれ、これみたことある。
僕にとってはとっても懐かしい看板でした。
「関東ふれあいの道」
なんと関東1都6県にまたがる、総延長1800kmの
ハイキングコース。その一部になっていました。

120319e

僕が以前、千葉で仕事をした場所もこのコースの一部に
なっていて、とてもお世話になったゆかりのある道標なのです。

実はこの道標、既に中間地点。
あと30分も登れば山頂です。

少し深呼吸をして、ペースを上げてみます。
初心者にも優しい山。
きちんと登山道も整備されています。

120319f

でも、この小さな交互の石。
登りづらい。どう踏んでいっても歩きづらい。
幼児さんなら丁度良いのかな?

そうそう。この山を教えてくれたのは、我がクラスの
子どもでした。
彼は、月に1度くらい、祖母と一緒に山登りをしています。
そして、登った山を紹介してくれるのです。
その山の一つが「晃石山」でした。

標高も419m。大人の足なら1時間程度で登頂できるわけですから、
年長さんでものんびり登ることができる山なのです。

休憩所からしばらく歩くと、稜線に。
そこからは、小さなアップダウンを繰り返して、山頂に向かいます。

スタートから1時間10分で、山頂に到着しました。

120319g

山頂には小さな神棚のような祠と、どーんと
あるのが、1級三角点。
「点」の旧字体がかっこいい。

120319h

この写真を撮った時点で、時は16:48。

120319i

ここからは時間との勝負になります。
持ってきた水とコッヘルで、3分勝負。
そして、カップラーメンをすすりながら、珈琲用の湯を沸かす。
珈琲をゆっくり飲み終わった頃がギリギリの時間でした。

でもうまかった。カップラーメンと珈琲。
こういう時間を「至福の時間」といいます。
このために、山に登るのです。はい。

120319j

乾杯。

120319k

皆さん。ひとつだけ。
こんな時間まで、山頂にいてはいけませんぞ。
山登りとしては、かなりのナンセンスです。

120319l

下り道は、カメラをしまい、早足でなんと26分の下山でした。
ここまでの写真は全部ほぼ記録写真。

でもせっかく、いい夕陽が見られたので、
渾身の一枚を撮っておきました。
我ながら、納得の一枚。

これだけで、来た甲斐があります。

120319m

そうだ、山に行こう。
ちょっと忙しかったけど、いい時間でした。

下山をすると、既にこんな感じでした。
うん、ギリギリセーフ。

120319n

一応「保育士登山会」の会長ですから。
一枚、パチリとやってきましたよ。

120319o


予想外の超大作になってしまいました。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
ついでにポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

Camp&山のぼり | | コメント (1)

2012-03-17

卒園式が終わりました。

ちょうど1年前、昨年度の卒園児を送り出していました。
震災からちょうど1週間後、緊急地震速報や余震にビクビクしながらの
卒園式だったことを覚えています。

あの卒園式が終わった時、まさかもう一度、この場に立つとは
思ってもいませんでした。

でも、4歳児を担当していた先生が突然異動。
そして、僕がもう一度年長を担当させてもらうことになりました。

奇しくも、この子たちは、僕が保育士デビューをした一年目、
2歳児として初めて担当していた子どもたちでした。

今日まで約2ヶ月。年が明けてから子どもたちが重ねてきた時間。
簡単に言えば「卒園式の練習」かも知れません。
でも、それは、成長の証を披露するための練習。
そして、その練習を通して、子どもたちはまた一つのチームに
なってくれました。

卒園式の子どもたちはイキイキとしていて、そして、
その姿に保護者の皆さんがニコニコとそして、涙を流してくれる。
子どもたち、保育者、そして、保護者の3者が喜びを分かち合う場。

そんな卒園式。
うちの園らしい暖かい式典になりました。

保護者から頂いた花束。

大切に飾っておきます。
120317


今日もついでにポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2012-03-16

明日は卒園式☆

明日は卒園式☆

他の先生たちが、キレイにかざってくれました。
この生花、実は先生たちの自腹。
飾ろうよ!って快く言ってくれた先生たちに感謝です。

そんな温かい園を、明日13人の子どもたちが巣立ちます。

天気は悪いみたいだけど、元気な歌声で、晴々しい日にしたいと思います。

2回目の卒園式だからか、今日はどっしり落ち着いています。

明日の卒園式、子どもたちの笑顔と、
お母さんたちの涙が本当に楽しみです。

いい日になりますように。
今日もついでにポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2012-03-10

働く目的とは。

今日は、卒園式前の追い込み作業をちょいと置いて、
ワークショップに行ってきました。

その名も「ハタモク」。

働く目的とは。


大学生と社会人が、同じ視点に立って、気楽に真剣に仕事について、
働くことについて語り合ってみようよ。
という、単純明快な趣旨。

もちろん、ミッションなども掲げられていましたが、
それはまた興味のある人がHPでもみてみてください。

学生社会人合わせて、約80人?
なんと会場は、品川のMicrosoft本社ビルでした。

QRコードつきのセキュリティゲートを抜け、31F最上階の会場は、
それはそれは見事なつくりでした。
きれいな絨毯に超大型スクリーンが2面。

あげくドリンクを無償提供というすばらしさ。
これだけでも来た甲斐がありました。

学生3:社会人2くらいの割合。

学生は主に、就活真っ最中の3年生がメインでした。
社会人は本当に多くの職種の方がいて、いい場。
さすがに男性保育士は浮きます。
ついでに目立ちます(笑)
ま、これは予想できたことですから。

合計4時間半という長い時間もあっという間でした。
トークセッションもメンバーが3回入れ替わるので、
だいたい15人くらいの方と対面でお話しできました。

そんななか今日、覚えた言葉。

「パラレルキャリア」
仕事とやりたいことを両輪で進めていくイメージ。
今は僕もこれをしていきたいなーと模索中。

もうひとつは
「オフサイトミーティング〓」これは登録商標になっている言葉だそうですが。
仕事の会議と、飲み会やおしゃべりのいいとこどりをした会議。

まさに「気楽に。真剣に。」

社会人も学生も皆熱い。

すごく真剣だし、きちんと他の参加者に耳を傾ける。

そのルールを皆が理解して、とても心地よい時間でした。


学生さんたちに実際に話をきき、自分が体験したことのない
「シューショクカツドー」を知るいい機会にもなりました。

今日のハタモクで出会ったみなさんに感謝です。

これからも、もっと広がるといいなーと密かに期待をしています。

品川のスタバで一人評価会のがちゃでした。
働く目的とは。

それにしても、会場でFB「やっていない」のが、僕ともう一人しかいませんでした。。

そろそろ始めないとかなぁと。。
誰か保育園の保護者に検索されないで、
Twitterと連携程度でできるやり方おしえてっ。

今日もついでにポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (2)

2012-03-06

あかりをつけましょ。ぼんぼりに。

さてさて、昨日の超大作Blog読んで頂いた方は
ありがとうございました。

さてさて、昨日の小さな夢の帰り道。

ぼらがま工房さん に教えてもらった、
岩槻にあるカフェに寄り道をしてみました。

すごくいい時間を過ごすと、足取りも軽くなるというもんです。
大宮を挟んでちょうど反対サイドでしたが、
直行で行ってみました。

ネットで検索してみると。。「日曜定休」の残念な文字が。。
でも、ダメ元で電話をしてみると、
「やっていますよ。お待ちしています」という、
とてもやさしい声でご返答頂きました。

よっっしゃと、気持ちも高まります。

携帯の小さな画面から、すでになかなかいい雰囲気が漂ってきます。
しかも、どうやら、「絵本カフェ」のようなのです。
これは期待大!!!

お店はこちら↓
珈琲と絵本と雑貨の家
「タマコチ」

何よりも、コーヒーを「珈琲」と表記しているあたりで、
もうすでに、琴線ビヨンビヨンです。

かわいい建物。入り口を入ると、目の前に絵本の表紙が
たくさん飛び込んできました。

盟友ごりさんのお店
「ねこじたゴリラ堂」
でもそうなのですが、やっぱり、絵本は顔がいのち。

表紙を並べるってのは、本当に素敵なのです。
スペースこそとりますが、やっぱ最高です。

あえて、写真はこれ一枚。
気になる方は是非行ってみてください☆

120305b

ところで。題名はどこにいったのだ?と。

そうそう。来週まで、岩槻では
街をあげて、「まちかど雛めぐり」というイベントを開催しているそうです。
HPは→こちら。

岩槻は人形で有名な街。
そんな街ならではの企画ですね。
ここはまだ商店街がちゃーんと生きている。
もしかしたら、こんな時代、貴重な街かも知れません。

そして、その一環で、
タマコチさんにも、一組のひな人形が飾られていました。
それがこれ。

120305a


保育士の皆さんも、見ていることでしょう。


あれ?なんかおかしく感じませんか?

分かった人は、さすがです。


そう。お内裏様と、おひな様が、反対に座っているのです。

実は、このひな人形は、大正時代のものだそうで。まあ、貴重。
こうやって、表にポンと置いてあるのが不思議です。

で、タマコチ店長さん
(笑顔がとっても素敵で、やさしいお声。癒されます。はい。)
によると、
大正時代まではこの並びだったそうです。
大正以前は、日本においては、左(向かって右)上位
だったそうです。

そして、それが、昭和天皇の即位に合わせて、世界にならい
皇室での並び方も右(向かって左)上位の近代型になったそうです。

そういえば、結婚披露宴の新郎・新婦の並びも、男性が向かって左ですね。

このお顔がいいのです。
みてください。この流し目。
120305c


おひな様の飾りの質感も素敵でした。

120305d


ふと立ち寄ったCafeで、またひとつ学びを得て。
しあわせ。

おいしい珈琲飲んでしあわせ。

しかも、かわいい雑貨もGetし、しあわせ。

あーー。しあわせな休日でした。(現実逃避)

そして、そして、このCafeの店長さんが本当に本当に
素敵な方で、思いっ切り長居してしまいました。

また近々寄らせて頂きたいと思っています。
みなさんもぜひっ。っと。

あー今日も長い。 すいません。
おやすみなさい。


今日もついでにポチッとしてやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

2012-03-04

小さな夢への、第一歩。

今日は、超大作ですぞ。
時間のない方は、後日ごゆっくりどうぞ(笑)


突然ですが、僕は珈琲が大好きです。
それは、僕のBlogを読んでくださっている皆さんには周知の事実でしょう。

そんな僕は、旅先や雑貨やさんなど、行く先々で
おいしく珈琲が飲めそうな器があると、購入しています。

自宅には、珈琲用のカップだけを納めた棚があり、
その日の気分や、来客さんに合わせて使い分けているわけです。

はて。今いくつあるのかな?
と、数えてみたら、なんと16種類。。
色違いやセットも合わせると、22の器がありました。

その中には、もちろんスタバ(千葉&長野)のマグや、
安く雑貨やさんで買った物、作家さんの1点物。
そして、大切な友人が自分のために焼いてくれた物も2つあります。

そんな僕の小さな。そして、長く持っていた夢。

「自分で器を作る。そしてそれで自分の淹れた珈琲を飲む」

たまたま、Twitterで見かけた、
ぼらがま工房さん

本来は、一点ものの注文陶器をメインで焼いている
作家さんの工房。
暖かい縁側のような入り口を入ると、
子どもたちがワークショップで作ったという、
はにわくんが出迎えてくれました。

120304c

場所は大宮西高校そばの公園の片隅でした。
まるで、公園の一部のような場所で静かで素敵なところでした。

Twitterで飛び込み。
しかも、粘土は保育園以外ではさわったことのない完璧な素人。
そんな、僕でも、暖かく迎え入れてくださいました。

初めてさわる、本当の粘土の感触。
柔らかくて、すぐに「あ、これはやばい。はまる」と感じます。

今日は、自分のイメージを工房の方にお伝えするために
お気に入りの器を2つ持って行ったのですが、
それは、さっさと隠して、粘土を練りながら、頭も練っておりました。

教えてもらったのは、初心者向け、そして基本の技法とのことで、
「たまづくり」という技法でした。 → 参考HP

親指を最初の「ズボーーーッ」っと奥まで入れるのですが、
これが、なかなか難しい。
途中で底まで貫通しちゃった時もありました。

ああでもない、こうでもない、と何度も作り直しているうちに、
だんだんイメージが整ってきて、形も段々整ってきました。

ひとつだけ、今回やってみたかったこと、
それは、親指の置き場をつくることでした。

僕の家の器にはほとんど、「取っ手」がついていません。
なんか、べたっと器を握るのが、落ち着くし、いいのです。

でも、その親指が少しペコンと凹んでいればな~と
思っていたのです。

なかなか、粘土を凹ませるのは難しかったのですが
チャレンジしてみました~。

そして、完成したのが、この器。
ちょうど、#のように、模様を入れているのが、
凹ませた部分です。

120304a

できたときは、ため息が出ました。
「ぶはーっ」って。

すっげえ集中していました。やや無心。

実は、まだ粘土が半分残っていて、まだ
作ることができたのですが、2つめからは、集中力減退。

それでも、なんとか、2時間かけて、3つの器を
作らせてもらいました。

初めてなのに、3つ。
ちょっと欲張ったかな~と思いましたが、
我ながら、よく集中してできました。

写真の中で、茶色いのが僕のです。

120304b_2

これが、乾燥され、自分で選ぶ釉薬をかけて、
焼いて頂けるのです。
なんと、釉薬かけも後日自分でやらせて頂けるのです。
うれしくて、たまらない、ある意味最高の「いたれりつくせり」。

そして、今日は陶芸だけでなく、
本当に素晴らしい方々と新たな出会いをすることもできました。

今後、もっともっと広がっていく気がしますので、
楽しみです。

今日も、最高の「縁は円をつくる」でした。

他の方々の作品。
一部ですが、どうぞ。
僕のより、ずーっとハイセンス。

120304e

R0013114d


そして、今日、こんな素敵な場で知り合えた皆さんのHPやBlog。
ここでご紹介しておきますね。

・さいたまタウン新聞さん
http://oksaitama-pc.com
NET上の、地元さいたまタウン情報誌の編集部のお二人。

・Frog's Smile さん
http://ameblo.jp/frog-s-smile/
ダイヤモンドタトゥーとヘナタトゥーのアーティストさん。

・aniram*さん
http://ameblo.jp/aniram63/
糸を編む、ハンドメイド小物のアーティストさん。

みなさん、とっても気さくで暖かくて素敵な方々でした。
今日は本当にありがとうございました。


いやあ、久々の長大作Blog。
最後まで読んでくれて感謝です。
ここまできたら、こちらもポチッと押してやってください。

(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (4)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »