« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012-01-30

恐ろしき、まりつき歌。

先日、私たちの市でわらべ歌の研修がありました。
「あんたがたどこさ」などに代表される、昔ならではの歌。
祖父母と同居している子などは自然に覚えていたりするもの。

そんな影響もあり、最近はお部屋でまりつきや
お手玉を楽しんでいる子が増えています。

そんな中、今日お迎えにいらした、ご高齢のおばあさま。
お手玉などをしている子どもたちをやさしい顔でみ守りながら、
こうおっしゃいました。

「私は戦前生まれだから。。昔はね~」と。

よくよく話をきいてみると
「いちれつ、らんぱん、はれつして~」と歌い始めて、
お手玉や、まりつきをしていたそうです。

おそらく、戦前・戦中の歌なので、戦争や戦意を高め、
賛美するような歌なのかなと、おもいつつも、
「いちれつ らんぱん」という意味も分からなかったので、
試しに調べてみました。

すると、本当に恐ろしい歌詞が分かりました。

これが、その歌詞です。


いちれつ談判、破裂して

日露戦争始まった

さっさと逃げるは ロシアの兵

死んでも尽くすは 日本の兵

五万の兵を引き連れて

六人残して皆殺し

七月八日の戦いで

ハルピンまでも攻め入って

クロパトキンの首をとり

東郷大将 万々歳


どうやら、戦中全国各地で歌われていたようです。
そして。
子どもたちの遊びの中に、当たり前のように存在していた。
こういう、当たり前の存在に、ごく自然に入れること。
これがもしかしたら、戦中教育のすさまじさなのかも知れません。

実は、細かく行をかえているのは、
上からよーく見てみると、一~十までの見事な数え歌に
なっているのです。

最初にきいた「いちれつらんぱん」というのは、
元々別の軍歌の中に「日清談判破裂して」という記述があるそうで、
それが、口伝されているうちに、談判が「らんぱん」となり、
日清が、一列目の数え歌として、「いちれつ」となっていったようです。

今年、平成24年は、昭和で言うと87年。

第2次世界大戦の終戦が昭和20年ですから、
戦前・戦中の記憶がある方たちは確実に少なくなってきています。

今日はたまたま保育園の祖父母との立ち話でありましたが、
こういった、本当のこと。
戦前・戦中の生のお話を伺うこと。それを伝えていくこと。
それはもしかしたら、中間世代である僕らの役割なのかも知れません。


ポチポチ応援お願いします。とっても励みになります。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (2)

2012-01-28

ひなたごっこ

確か、以前も同じ題名の投稿をした覚えがあります。
年長の1月になると、小学校へ備えて文字(ひらがな・数字)の指導を開始します。

なかなか緊張と正しい姿勢を強いてしまう時間。

その前に少し時間があったので、5分だけ気分転換。

ひなたごっこ

光合成を終えたこどもたちはなんだかスッキリした顔をしていました。
今日は久しぶりにお昼寝もしたので、みんなパジャマ姿なのです。

ひとりだけずーっと「ひなたごっこ!ひなたごっこー!」って言ってました。

昨年も同じいい間違いいたな〜と懐かしくなりました。

そんな太陽が心地よかった日。
帰り道にはこんな素敵な夕陽を見せてくれました。

ひなたごっこ

ポチポチ応援お願いします。とっても励みになります。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2012-01-10

目を閉じて祈る

今日は1月10日。

千葉で実の息子のように、孫のようにかわいがってくれた
じいさんの命日です。

シャイで口数は少ないのにしわくちゃの笑顔を見せてくれていました。

昭和前半生まれの職人気質。

今日はお参りにいけなかったけど、週末には新年の挨拶にいかないと。

お墓は千葉の山奥。
小高い丘の上に燦々と太陽の光を浴びる場所にあります。

すぐ横にはなんの偶然か木材加工の工場。

ノミを一緒に打って、大きな看板を作ったことは多分一生忘れられないでしょう。

大好きな大好きなじいさん。

仏花よりも、少し明るい花とチョコレートを持って
お参りに行きたいと思います。

横浜にいるメタボのおじさま二人。

熊本の夫婦の分も合わせてお線香あげてきますよ。


ポチポチ応援お願いします。とっても励みになります。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

2012-01-01

謹賀新年2012

謹賀新年2012
あけましておめでとうございます。

毎年欠かさず通っている、母校のとなりの神社。

初詣を済ませ、小中の9年間を通った道を歩く。

今よりも小さな歩幅で歩いたこの道。

いつもとなりを歩いていた彼はいないけど、
新年にこの道を歩くと心が安まる気がする。

新しい1年は、自分にとって一番身近で大切な道から始めます。

皆さんにとって素晴らしい1年になりますように。


ポチポチ応援お願いします。とっても励みになります。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »