« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011-04-29

4月も終わりますね

4月も終わりますね
連休初日 いい空がひろがっていました。

| | コメント (0)

2011-04-22

給食中に…

保育園での給食中。


一番遠くの席から「せんせーっっ」っと呼ぶ声が。

「なーにー?」


「せんせーっっ。誰とけっこんするのぉ??」

「はっ!?!?」

なぜいま??
なぜその質問??

お答えしましょう。

よけいなお世話です。はい。


あー。こどもはこわいっ((((;゜Д゜)

| | コメント (5)

2011-04-21

桜舞い散る境内で

110419a

もう、染井吉野は散ってしまいましたが、
いくつもの花弁が重なった、八重桜が葉っぱと共に咲き誇っていました。

子どもたちは、神社の中で遊び、そして持ってきた色鉛筆で
自分の好きな場所に座りのんびりと絵を描くのでした。

110419b

その暖かい日差しと子どもたちの様子を見ていたら、
いい仕事をさせてもらっているなぁと実感しました。

まだまだ余震が続くけれど、今頃東北地方の桜も
咲き始めたそうです。
仙台の一目千本桜、見に行ってみたいものです。

桜は日本人の心を勇気づけてくれる気がします。


ちょっと更新サボるとあっという間に100位以下。
ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (2)

2011-04-09

感動のお花見

先日、保護者の方が、「家の桜が折れてしまったので」と、
つぼみも一杯ある桜の枝を教室に届けてくれました。

これは、季節感を子どもたちに伝えるにはいい機会だなと
思って、花瓶に挿して、水を換え、日光浴もさせて。
そして、あっという間に満開になってくれました。

これには子どもたちも喜んでくれました。

生命のある植物は、折ったり、採ったりした時点で、本来の
自然環境から離れてしまうことになります。
だから僕は原則、生花は飾らない主義なのですが、
折れてしまった枝を水に挿して息を吹き返すことができたのは、
子どもたちと、春を迎えるいい時間を過ごすことにもなりました。

さてさて、そんな満開の桜とほんのり香る桜のにおいに
春を感じながら、部屋でブロックで遊んでいると、
ある女の子が、動物の形をしたブロックを背中向きに
桜の近くに置いています。

「ん???」と想い、近くに言って、きいてみました。

「なにしてるのー?」

すると、彼女。「おはなみしてるのーーー☆」

いやあ。驚きました。
この感性。センス。
あまりの感動に涙が出そうになりました。
それを見た他の子も、「ほんとだ^^」と、他の動物も
並べ始めました。

そして、できたのが、この光景。

110409

Gachaせんせいは、青い画用紙でブルーシートを提供しただけ。
あとは、全部子どもたちが自主的にやってくれたことです。

やっぱり子どものちからってすごいですよ。


ちょっと更新サボるとあっという間に100位以下。
卒園を祝って、ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2


保育園のできごと | | コメント (2)

Blogを動かし始める。

あの日から1か月が経とうとしています。
あの日、午前2時まで一緒に保育園で過ごした子は、
震災に伴うことが色々と重なり、遠く離れた福岡に行ってしまいました。

もちろん、東北地方には甚大な被害が出ていて、
地震・津波・放射能、そしてそれに伴うライフラインの寸断など、
2重3重どころか、5重6重の苦難が降りかかっています。

そして、関東にもその影響が少なからず広がっています。
何か社会全体が落ち着かない感じがずっと続いている。

でもこうして日常生活が送れることは、本当に感謝するべきだし、
僕たちがこうして電気に困らない生活をしてきたのは、
福島県民の方々の犠牲の上に成り立っていたってことを
実感する良い機会にもなりました。

そんなわけで、卒園式や年度またぎの忙しさにも追われていて、
ずっとBlogも放置していましたが、少しづつペースを戻していきたいと
思います。

震災に対しては、日常仕事をしながらできる支援は限られているけれど、
できることからコツコツとしていきたいと思っていますので、
あまりBlogでは語らないことにします。

| | コメント (0)

2011-04-07

YMCAの内輪ウケです

YMCAの内輪ウケです

今日我が保育園の子どもが衝撃のトレーナーを着ていました!!
目を疑いましたが、本物でした。。
世の中は狭いです。

新年度明けましておめでとうございます。

今年も続けて年長持つことになりました。

| | コメント (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »