« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011-03-19

Blogをひとつご紹介。

「吉村誠司の地球日記」
http://williamseiji.wordpress.com/

僕が尊敬してやまない、おっさんです。
神戸の震災から、ずっと震災の現場には彼の姿があります。

マスコミが伝えない、生の現場がここにはあります。
ぜひ、毎日のぞいてみてください。

僕は被災者に届くまで時間のかかる義捐金よりも、
この吉村さんの活動をサポートして、多くの被災者の
力になってほしいと願い、カンパを送ろうと思っています。

| | コメント (0)

月。

Imgp6754

| | コメント (0)

特別な夜

卒園式を終え、打ち上げを終え、家に帰りました。

空には見たこともないような、きれいな月が浮かんでいます。

今日はなんでも、19年ぶりに地球と月が最接近するそうで。
明るさ、大きさ共に2〜3割増しだそうです。

被災地のことを思うと、こうして日常生活を送れていることを
引け目に感じてしまうのですが、
今日は2年間共に過ごした、最愛の子どもたちとの最後の日。
少しだけ、気持ちを緩めて過ごしたいと思います。

この特別明るい 月明かりが、電気のない地も照らしていることを祈ります。

涙が出そうな、明るく、大きな月です。

特別な夜


ちょっと更新サボるとあっという間に100位以下。
卒園を祝って、ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (1)

卒園式をむかえる子どもたち

ここのところ、震災や卒園式に向けての仕事。
そういったことに日々の生活が振り回されて、
ゆっくりBlogに向き合う時間も持てませんでした。

今日もこれから卒園式のお疲れ様会。

でも、やっとできた、ホッとする時間。

震災があったことをほんの少しだけ忘れそうな、
素敵な西陽を見ながら、ここ2日間の写真を載せてみます。

うちのクラスの子どもたちは、いつも大きな
行事の前には、保育園前の神社を訪れ、
神様にお祈りをしています。
そんな、昨日も、卒園式の成功と体調を崩した子の
復活を祈っていました。

境内にむかって走っていく子どもたちを見ながら、
この姿を見られるのもあと数日。。と思うと、
目頭が熱くなってしまいます。

110319a

子どもたち結構真剣にお願いをしています。
初詣の時は、かっこいい小学生になりたい!とか
お願いをしていました。

110319b

この神社は一年中遊びつくした、思いで深い神社。
我がクラスの専用遊び場といってもいい場所でした。
桜、ふじ、くり、杉、松、けやき、かえで。。
四季折々の自然を肌で感じることのできる最高の場所でした。

風のにおい、おと。
花のかおり。
新しい実や葉っぱの発見。
小鳥の声。

そして、卒園式を翌日に控えた昨日は、
梅の花が青空に届きそうに満開になっていました。
子どもたちは梅の花のにおいをかいで、
「お!すっぱいにおいするぞ!!」なーんて
驚いていましたよ。

110319c

そして迎えた、今日の卒園式。
卒園式のことは改めて書きたいと思うけど。
今日、こんな花束を保護者から頂きました。

人生でこんな大きな花束をもらったことはそうそう
ありません。男ひとり暮らしの部屋に飾るのは
もったいないけど、大切に連休を過ごし、
来週は保育室に飾りたいと思います。

110319d

ちょっと更新サボるとあっという間に100位以下。
卒園を祝って、ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

卒園式を終えて。

卒園式を終えて。

誰もいない教室で、保護者からもらったアルバムを見て。
色々なことを思いだし、しばしひとりでまどろむ。

駐車場まで春の日差しの中、歩いていくと、青空に大きな
ひこうき雲が浮かんでいました。

なんか「いい卒園式だったね」って
言ってもらえているような気分になりました。

| | コメント (0)

2011-03-17

おしらせ

昨日、ブログに載せた
仙台YMCAへの物資支援の件ですが。

いくつかご意見もいただき、
個人で少量を送るのは、
燃料費・輸送費の観点から、無駄が多いと
判断し、削除させていただきました。

すでにご協力いただいた方には感謝です。

| | コメント (0)

2011-03-13

祈りが届きますように。

大震災が発生した以降、次々と明らかになる大きな被害。
まるでSF映画のような画面。
この世のものと信じたくなるような悲惨な状況。

阪神大震災、9.11のNY。

あのときも同じ感覚を感じたけど、それ以上の被害が
出るような見通しも出ている。

実は、昨晩まで叔父の安否も不明だった。
なんとか連絡もついたけど、
まだ、YMCAの仲間がひとり安否が分からない。

まさに、国難とも言える状況の中、Twitterを見ていると、
日本中の人がひとつにまとまろうとしている気がする。

明日からは、被災地以外はまた企業活動が始まり、
仕事も始まるのだけど、みんな東北を気にかけている。

世界中から絶賛される日本の災害に向き合う姿勢。
世界の56カ国が支援を申し出て、国連やアメリカが
最大規模の援助を申し入れてくれている。

死亡者数が10000人を超えるという情報もあるが、
今こそみんなが気持ちを東北に向けて一つになるとき。

今、ぼくたちにできることは限られるけど、でも
その思いは絶対被災地に届くはず。

思うこと。祈ること。

まずそこから始めてみよう。

110313


| | コメント (3)

こわかった。

「せんせい、ゆれてるよ」

「あ、ホントだね」

と言ったその時でした。にぶい地響きと共に部屋が揺れ始める。
子どもたちはいつもの訓練通りに机の下へ。

でも、大きい。揺れが大きすぎる。
34年間で最も大きく、そして長い揺れでした。

悲鳴、鳴き声。
必死で机を押さえることしかできませんでした。

天井が落ちてこないことを祈って。
余震も大きく、多く。子どもたちも不安な夜を
過ごしたと思います。

どうか明日以降、少しでも子どもたちを勇気づけていきたいです。

| | コメント (0)

2011-03-08

たのしくうたう。

110308

今日は、保育園でお別れ会がありました。
昨年は、送り出す側として ゆずの「また会える日まで」を
全歌詞に手話をつけて唄いました。

今年は、送り出される側です。

ちいさな子どもたちが、年長クラスのために素敵な歌や
ダンスを披露してくれました。

さて。僕たちは、ピアニカの発表と合わせて、
「がんがん」と「ね」という、YMCAのCampSongを披露しました。
「ね」は保育士になった頃から、卒園式で唄いたいと思っていた
夢のうた。

そして、「がんがん」はここ数年で覚えた歌ですが、
歌詞がうちのクラスにぴったりだったので、選びました。

僕のギターに合わせて、子どもたちは一生懸命唄ってくれました。

園長をはじめ、数人の職員は涙を流してくれました。

あとで園長がそっと話してくれました。
「子どもたちが本当に楽しそうに、自然に唄っている。
ホントに歌が好きになったんだね」と。

これ以上ない誉め言葉でした。

ピアノの弾けない保育士Gacha。
強いてできることと言えば、ギターで楽しく明るく唄うこと。

子どもたちと一緒に2年間、多くの歌を歌い続けてきたことが
こうして、実を結んでくれたようです。
録音した音源を聴いても、子どもたちの表情が手に取るように
分かるような素敵な歌声でした。

ギターを弾いていて涙がでそうになりました。

卒園式まであと10日。

いい栄養補給ができました。


まだまだ100位以下。
ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (1)

2011-03-02

保育士冥利につきる

我が年長クラスの卒園式まであと17日。
毎日子どもたちと練習をしたり、ピアニカを吹いたり。
毎日忙しいのだけど、子どもたちと最後の一ヶ月を過ごしています。

そんな忙しさもあって、Blogも放置でごめんなさい。
ようやくトンネルの向こう側に光が見えてきたような気がします。

今日は卒園の文集を制作しました。
覚えたてのひらがなで子どもたちが一生懸命書いてくれました。

文集の中に僕はこんな質問を用意しました。

「保育園でいちばんがんばったこと」
「保育園でいちばんうれしかったこと」
「おおきくなったら」

こんな質問に涙がでるほどうれしい答えを書いてくれました。

「保育園でいちばんがんばったこと」
 ・うたをうたったこと
一緒に唄ったたくさんのキャンプソング。
僕にとっても宝物です。

「保育園でいちばんうれしかったこと」
 ・このほいくえんにきたこと。
 ・みんなにあえたこと。
この答えは二人とも、今年度から入園してきた子でした。
 
 ・せんせいとあえたこと。
涙がでそうになりました。

「おおきくなったら」
 ・ほいくえんのせんせい
 ・せんせいみたいになる
こんな僕でも、こんなふうに思ってくれる。

本当に幸せだな~と実感すると共に、あと1ヶ月を
本当に大切に1分たりとも無駄にしてはならないな
と改めて感じました。

この子たちと過ごすのもあと20日足らず。
どうかみんなと、大きな笑顔で最高の想い出をつくって、
そして、堂々と小学校に送り出したいものです。

更新サボると200位以下。
ポチポチ応援お願いします。
(1日ワンクリック有効)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »