« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010-12-31

2010年ありがとうございました。

34歳になった今年。

年長さん担当になった春。

大好きだった木村拓也さんがなくなった春。

Camp生活15年目を迎えた今年。

twitterを始めて、出会いが広がった今年。

若者と素晴らしい4日間を過ごした夏。

ゆかりの深いCamp場全てに行けた夏。

子どもたちがみんな水に浮けた夏。

カメラが新しくなった今年。

子どもたちが素晴らしい荒馬を見せてくれた秋。

素晴らしい銀杏を見ることができた秋。

桑田さんのLiveが2本も当たったのにキャンセルになった秋。

子どもたちと楽しい焼き芋をした冬。

ミスチルのアルバムを聴き続けた冬。

愛車が悲鳴をあげた冬。

素晴らしい夕陽をたくさんみることができた冬。

多くの縁に恵まれた1年。

そんな1年もあと1時間足らず。


みなさんに感謝です。ありがとうございました。

101231q

101231m_3

101231v

101231y

101231x

101231z


1年間多くのクリッククリックありがとうございました!!
今年最後の一押しを!
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

密室の恐怖。

先日、「GONTITI」のLiveに行ってきました。
アコースティックのギターだけで奏でる、素敵音楽。
ゴンザレス三上さんと、チチ松村さん 二人で「GONTITI」なわけです。

これが一番有名かな~。「放課後の音楽室」

みなさん、ご存じの通り、「ゴンチチ」と読むわけです。

ところが、ライブに行った会場の銀座ル・テアトル。
1Fのロビーから、5Fのライブ会場にあがる
エレベーターの中で、事件は起こりました、

エレベーターガールならぬ、「エレベーターおっさん」が
ドアの開け閉めと案内をしてくれていました。

「ごんちっちの会場は5Fでーす」

ん??
俺の聞き間違いか??

「ごんちっちは5Fで降りてくださーい」
やっぱり言ってる。「ごんちっち」って。

もうすでにエレベーターに乗車したほとんどのお客さんは
気がついています。でも一様に下を向いている。

僕は思わず一緒に行った友達に
「ごんちっちって。。。」って呟いてしまいました。

すると、となりの女性が「プッ(笑)」
つられて俺も「クククククク。。」
肩をヒクヒクさせて笑ってしまう。

ふとエレベーターを見回すと、みんな
肩をヒクヒクさせて苦しそう。

でも誰も声を出して笑うことができない。

1Fをスタートしたエレベーターが5Fに着くまで、
密室では20人ほどが、必死の形相で笑いをこらえています。

エレベーターが空き、ホールに全員が流れ出た瞬間。
ほとんどの人が、「どぅはーーー」とため息と笑い。

となりのお姉さんとは、まさかの席も一緒で、
思わず目を合わせて笑ってしまいました。

声は出せなかったけど、2010年一番笑ったかも知れません。
密室で繰り広げられた時間。
ツボにはまった僕にとっては、地獄のような時間でした。


怒濤の年の瀬、3連続投稿。
みなさんの応援のおかげで1年も終わります。
年内に100位以内に戻りたい!
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

Music & Live | | コメント (0)

青色LEDってどうなん?

この年末、街を歩けば多くのイルミネーションを
目にすることができました。

その中でも、ここ数年急に目立つようになった、「青色LED」。
発明・実用化されてからまだ数年ということもあり、
急速に普及してきたから、気になるようになったのでしょう。

青色LEDといえば、日亜化学の訴訟問題 が有名ですが、
この青色LEDによって、駅や電車の行き先表示板がカラーになったり、
野球場や競馬場に設置されているような超大型の
ディスプレイが実用化されたわけで、それはそれは
ものすごい価値の高い発明だったのです。

でも、これをイルミネーションに使うのはどうも。。。
と思うのは僕だけでしょうか?

これは、新宿のALTA前。
101231a

となりのギャル風お姉さんも「なんか気持ち悪くない?」と
つぶやいていました。
僕もそう思うわけです。

一緒に歩いていた友人は「静脈みたい。。」
確かに。反対から見れば、肺静脈にも見える。

こんな感じ。

101231b

僕はやっぱり昔ながらの電球色が落ち着きます。
きれいだな~とも思うしね。

こんな感じや

101231c

こんな灯り

101231d

こんな照らし方が好きなのです。

101231e

これもいいけど、ただ、ただ羨ましいだけ。

101231f


みなさんの応援のおかげで1年も終わります。
今日もクリックおねがいしまーす。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

大人のオモチャ

大人のオモチャ

年の瀬、大晦日。
2010年最後の日。皆さんはどのように過ごしていますか。
大晦日恒例、紅白歌合戦に桑田佳祐の電撃復帰が
決まったそうで、嬉しくウハウハしています。

さてさて。年末年始を実家で過ごすべく帰ると。。
机の上に見慣れない物が。。

おわ!!!! i-Padだ!!

なんでも、親父が衝動的に買ってしまったそうだ。
まだ買ってきて、数日、ろくにアプリも入っていない。

そこで親父と交渉。
PASSを聞き出し、いくつかのアプリをダウンロード。
結局一晩中遊んでしまいました

タブレットPCとしての機能、動画や写真などの
ビューアーとしての機能。
もちろん、そんな楽しさが満載なのですが、
何より驚いたのは、そのゲーム機としての可能性。

画面と、上下・前後左右への傾きの連動。
タッチパネルを活かした操作性。

Wiiもそうだったけど、またまったく違う方向で
ゲームの可能性を広げる媒体だな~と思わず
感心してしまいました。

自宅にあっても、たぶん1ヶ月で飽きるけど、
実家にあるくらいがちょうど良い感じかも(笑)

こりゃあ。いい年末年始を過ごせそうです。
オススメのアプリあったら教えてください。

| | コメント (2)

2010-12-29

238枚の気持ち

師走も残り数日。
仕事納めも終わり、今頃年賀状に向き合っている人も多いのでは?
そんな僕は例年より数日早く投函を終えることができました。

年賀状のはがき代とプリンターのインク代を考えると
2万円以上の出費。

年賀状を送る相手の多くはここ1年以上お会いしていない人も。

でも、なかなか切れない。
1年に1度でいいから年賀状を送る関係。
繋がっていればまた、繋がり始めるかもしれない。
また、新たが繋がりが生まれるかも知れない。
そんなことを思いながら、そして近況報告も含めて送る1枚。

仕事を変えるたびに増えてきた年賀状の枚数。
枚数が増えるたびにPCへの依存度も高くなってきました。
手書きでコメントも入れられないで出すことも多くなる。

そんな僕の年賀状。
今年はずいぶんとデザインのリニューアルをしました。
コメントが少ない分、2010年に撮った写真をたくさん並べてみる。
僕が僕らしく伝えられる手段かな。と。

写真で近況報告ができる。そんな238枚になった気がします。


みなさんの応援のおかげで、もう少しで夢の30位以内!
今日もクリックおねがいしまーす。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

2010-12-25

イケナイのはワカル

イケナイのはワカル
イケナイのはわかってます。

でも乗りたくなる。

あー!防寒対策完璧にして、マフラーたなびかせて乗ってみたい!

横浜くらいまでいけるかな?

| | コメント (1)

2010-12-23

オレンジ→むらさき

今日は雲一つない快晴。
外環道美女木JCTから見た富士山は、
それはそれは神々しく白い光を放っていました。

そんなのんびり休日の夕方。

家の西の窓から見た空。

101223

雲はないからすっきりしていたけど、
ひさしぶりに心地よいグラデーションに出逢いました。

僕がこの家を決めた一つの大きな要因に、
この2Fにある西向きの窓がありました。

東と西の両方に窓があると、太陽のうごきだけで、
一日の時の流れを感じることができるのです。

明日はクリスマスイブ。
ステキなクリスマスをお過ごしください。


リンクバナーもクリスマス仕様にしてみました。
30位以内まであと少し!応援とっても励みになります。
(1日1クリック有効です。)
Banner

| | コメント (2)

2010-12-22

火のちから

今日は、保育園でクリスマス会。
待ちに待ってた行事。

子どもたちのテンションはだだ上がり。

しかもあわてんぼうのサンタさんは、二人もきてしまい。
そりゃあもう、大喜び。

各クラスでやっていた出し物も今回は職員提供の
出し物にしたので、子どもたちは見たこともない先生達の
姿にものすごい拍手を送ってくれます。

そのクリスマス会の最後。

「きよしこのよる」のオルゴールに合わせて、
我が年著クラスの子どもたちが入場。
本当のろうそくに火を点け、16本のろうそくの灯りが
暗闇に浮かび上がります。

その火のきれいなこと。

そして、その火が照らす子どもたちの本当に素敵で真剣な顔。
火を目の前にちょっと緊張する子どもたちの表情もたまりません。

いつもなら、数分とたっていられない、元気っ子たちも
今日ばかりは一歩たりともうごきません。
その真剣な様子、そして厳かな雰囲気に、
なんと0歳の子たちも静まりかえってしまいました。

0歳~6歳約70人がひとつの場に集い、
物音ひとつ立てずにろうそくの明かりに見とれる。

そんな薄いけれど、力強い炎の明かりに照らされる
子どもたちの姿を見ていたら、なんだか涙が
あふれそうになってしまいます。

火はその場の空気感も変えて、時には
人のココロまでうごかしてしまう。

そんなことを改めて感じる、ちょっと早いクリスマスでした。

101222


生意気なことを言ったり、現実感いっぱいの年長さんも
サンタさんの存在はかけがえのないものなのです。

クリスマスおめでとう。と子どもたちに拍手!
 
 
みなさんの応援のおかげで、もう少しで夢の30位以内!
今日もクリックおねがいしまーす。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2010-12-20

こんなプレゼントいかがです?

最近一目惚れして買った物があります。
それが、郵便バックを抱えたこのポストマンおじさま。

101220a

身長は約10cm。
ドイツ生まれのこのおじさんはなかなか渋いのです。
なんと、この禁煙社会の中、パイプを吸っております。

そして、口から煙を吐くのです。

101220b

その煙にのって、ほのかな香りが部屋に広がります。
そう。この煙はお香の煙なのです。

仕組みはこう。

101220c

なかなか、かわいいナイスガイ。
友達へのプレゼントなんかにいかがですか?

「ドイツ 煙だし人形」と検索するとたくさんヒットしますよ。
僕は、吉祥寺のNIKI TIKI で買いました。


みなさんの応援のおかげで、もう少しで夢の30位以内!
今日もクリックおねがいしまーす。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (5)

2010-12-19

リースリースリース!!

先日Blogで紹介させてもらった、「紙紐リース」
やっとこさ、子どもたちの作品ができあがりました。
子どもたちが大きな黒い模造紙に、ツリーやサンタを描いた
作品の上に飾ってみました。

全部一枚一枚紹介するのは大変なので、全部並べて
一枚の写真にまとめてみました。
さて、みなさんはどれが好き??

ちなみにちなみに。子ども15人+Gacha先生のが
一枚だけ紛れています。
コメントに書いてくれた正解者には、プレゼントをつけましょう。
さーみんなで考えよう!

101219


クリックプリース。お願いします。
みなさんの応援が励みになりますです。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (4)

2010-12-18

ちなみに僕は

そのサンタさんの奥さまに、
こんな物をプレゼントしてみました。
かわいいでしょ これ。

ちなみに僕は


メリークリックお願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

もう。あわてんぼうなんだから☆

むふふ。
一週間早いけど、サンタさんが来てくれました☆
もう、ホント嬉しいな~。ありがとう。

Imgp0684

それにしても、snow peak センスがよすぎる。
みてください。このひとこと。

Imgp0685


今度は50位以内になりたいよ!!
サンタさんお願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

2010-12-16

紙紐でリースを作ってみよう☆

保育士カメラマンのPhoto-Blog「陽のあたる道」。
開設して約2年が経とうとしていますが、
今回は初の試みです。

実は最近、twitterを通じて、多くの保育士仲間と
繋がる機会が増えました。
twitterというツールの特性上、比較的情報共有の
しやすい、保育制度のことや、保育に対する思想や理論。
あるいは、絵本のことなどが話題になります。

そんな中で、数少ない現場に直結する情報交換として、
「クリスマス制作」に関する情報交換がありました。

保育園ではどこの園でも、子どもたちの手先や知育発達を
目指して。また、季節行事を子どもたちと共有するために
季節に合わせた制作活動をしています。
中でも、クリスマスは年末の一大行事。
特に、年末と言うこともあり、成長を確かめる上でも、
比較的にウエイトの大きな制作活動となります。

そんな情報交換をしているうちに、「せっかくだから、
Blogで紹介して欲しいな~」なんて話になりました。

今回我がクラスで取り組んだのは、Gachaオリジナルでは
ないのですが、紹介させていただきます。

元々は、千葉県千葉市内で「遊び塾はらっぱ」を主宰
している、我が師匠「あらら」こと「荒牧光子さん」
に教えてもらったものです。
荒牧さんにも快くご了解を頂いたので、
写真付きで紹介させてもらいます。

※作り方の工程については、完成型から
私がアレンジをしたものです。
子どもたちの年齢や現状に応じて適当にアレンジしてください。

<材料>
・¥100ショップで手に入る、紙紐。
・ビーズや、クリスマス用の飾りなど。
これだけ。

<では、工程>
1.紙紐を6m程度に切ります。
(作りたい大きさによって、適当に変えてください)

2.子どもが巻きやすいように、ガムテープを芯にして巻き付けます。
  この際、1m程度余らせて、巻き付けます。
  ある程度引っ張りながら、緩まないように巻きます。
101216_1
紙紐6mでガムテープを芯にすると、
約15回くらい、最後まで巻き付けます。

3.巻き付けたら両手で、束が崩れないように慎重に外します。
101216_2

101216_4

4.最初に余らせておいた1mで、束の円周を巻き付けるように
グルグルとしていきます。
  この最初の部分で、反対側も10cmくらい余らせておくと最後が楽です。

101216_5

↓写真では分かりやすいようにしていますが、左手は巻き終えた部分を
握るようにしておくと、最後まで緩まないで巻くことができます。

101216_6

5.一周をしたら、最初に余らせておいた端と結んで止めれば、
  完成となります。

101216_8

101216_9

<編集後記>
あとは、ここにどんな風に飾り付けるかは、センスです。
僕の場合は、¥100ショップで手に入るクリスマスツリー用の飾りや、
ビーズ類。あとは、スプレーで金・緑・赤に着色したドングリなどを使いました。

101216a

子どもたちはこれに、モールや葉っぱを追加して個性豊かな
リースができあがりました。

この制作のミソは、
・作業工程によって、年齢対象が広い。
・材料費がほとんどかからない。
・紙紐なので、ボンドやのりなど、接着剤が使いやすい。
・飾り付け方で個性をバンバン出せる。

というところにあります。

ご家庭でも簡単にできるので、是非お試しあれ。

見本は、白い紙紐で見せてもらいましたが、
白だと、少しメルヘンっぽいくかわいい感じに。
写真のように茶色を使うと、本物の枝のように
少し大人な雰囲気になります。

うちのクラスでは、白と茶を選ぶところから始めました。

飾りもつけた、完成型はまた後日ご紹介します!

最後にひとづだけお願い!!
やってみたよーっ。作ったよ~って人は是非、
コメントで結果報告くださいね☆

応援とっても励みになります。50位以内になりたい!!
お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (1)

2010-12-15

縁が円をつくるのです!!

この週末で、僕は多くの出会いに恵まれました。
最初手探りで始めた、twitter 今ではフォロワーも1000人を
超え、多くの人とつながりを持つことができています。
アカウントは @gacha_5 でつぶやいています。

最初は右も左も分からずだったけれど、段々保育士としての
つながりが広がってきて、多くの同業者と意見交換や情報交換
ができるようになりました。

その中で知り合ったのが、たーやん(@ho194taayan)。
関西に住む、同世代の男性保育士。
しかも、Campリーダー経験者という、
もうプロフィールだけでビビビとくる人。

そのたーやんが、金曜日から東京に来て、一緒に3日間を過ごすことに。

初日の夜は、たーやんが開いてくれた同業者会。
題して「保育者の集い」。
たーやんを含めて、9人の保育士との出会い。
公立保育士、民間、米軍基地内、企業内保育士、保育士目指す主婦さん。。
などなど、それはそれはバラエティに富んだメンバー。

あっという間の2時間。それはそれは楽しい時間でした。

この飲み会を皮切りに、僕はこの週末を人と出会い続ける3日間となったのです。

先日のBlogでも書いた、「東京にしがわ大学」が主催する
「テーマソングをつくろう」の授業で15名の方と。

そしてその夜には、ごりさんとたーやん。そして、「おとな絵本会」を
主催する、 @ehonwolf さんとも初対面。
衝撃的な出会いでしたが、おいしいお酒を頂きました。

たった3日間で、僕は25人もの新しい出会いを得ることができました。

金もない。嫁もない。地位も、役職もないけれど、でも、誰にも負けない
財産があります。それは、人とのつながり。

「いちょりばちょーでー」という沖縄の言葉があります。
内地風に訳すと「袖ふれあえばみんな兄弟さ~」という意味です。

この発展型なんだ。とある沖縄の親友が教えてくれた言葉。
それが「縁は円をつくる」。

人との深い絆、「縁」がつながりそれが繋がっていけば、
「円=ネットワーク」が広がっていくよってこと。

僕は、人と繋がることを一番大切にしています。
そして、それ以上に、人と人を繋げること。
これに大きな大きな喜びを持ちます。

今回、たーやんとごりさんを引き合わせたのも、色々な
タイミングと偶然。そして、周りの人がもっていた少しの必然。

そんなことが重なり、ちょっと自分が足を踏み出すことで、
新しい出会いを提供でき、また自分にも返ってくる。

「ねー。Gacha」と何か困ったことを相談されたとき、
自分が解決できなくても、その道のプロフェッショナルや
専門家をすぐに紹介できる。
そんな、人と人を繋げる便利屋さんでもありたいなと思います。

3日間で25人。
この25人と出会えたことは必然であり、ここからまた
「ペイフォワード」のようにいいご縁が広がったらいいなって
思っています。

そんな、このBlogも皆さんと繋がることのできる、大切な大切な
ツールであるのです。
保育士カメラマンGachaはこれからも、
人とつながり続けていきたいです。

長くなってしまいましたが、この土日。
ものすごく神経をすり減らし、疲れたけど、
心地がよく、余韻がすごくいい出会いがたくさんありました。

何より、たーやんと出会えたこと。
彼とのつきあいはこれから長くなりそうだっ。


応援とっても励みになります。50位以内になりたい!!
お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと | | コメント (4)

2010-12-14

屋根がドーン!雪がグシャーン!

| | コメント (0)

2010-12-13

サンタさんへ。

これが欲しいですpresent
かっこいい!!

フォールディングコーヒードリッパー<焚き火台型>

101213


クリックすると上記商品がGachaに届きます。(嘘です)
応援お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

Camp&山のぼり | | コメント (4)

2010-12-11

東京にしがわ大学

人生で初めて。大学生になりました。
とは言っても、いわゆる学校教育法の「大学」ではありません。

「東京にしがわ大学」
400万人が住む、東京多摩地域。いわゆる23区を除いた市部ですね。
この多摩地域全てがキャンパス。

校舎もなければ、土地も立派な門もありません。
教授もいません。

学長がいて。それを支える事務局スタッフがいて。
教授も講師も学生も、みんながいることで大学が成り立つ。

そう。多摩地域のコミュニティ。そこに集まる人が大学そのものなのです。

僕にとっては、三鷹・国立・立川と慣れ親しんで、そして青春の
ページが多く刻まれたこの、中央線沿線にしがわ。
僕にとって、こんなに親しみの持てる大学はありませんよ。
ってなわけで、早速サイト上からわずか数分で学生登録をしたわけです。
これで晴れて、僕は東京にしがわ大学生。
 
 
つい10月に開校したばかりの東京にしがわ大学(以下にわ大ね。)。
その授業は、月に一度、第2土曜日に行われます。

その授業のひとつ。その名も
「テーマソングをつくろう」に参加してきました。

日々、ギターをかき鳴らして保育をしているGacha先生。
もちろん、音楽に興味もありました。
けれども、今回はもっと興味は違うところにありました。

 ・にわ大ってどんな雰囲気でやっているんだろう。
 ・そして、こんなテーマに集まる人たちはどんな人たちだろう。

その興味は、予想を遙かに上回る形で答えがでました。

今回は、下は数ヶ月や2歳の子どもから、そんなお孫さんがいる
おばあさままで、ひろーーーい年代。
そして、市役所職員、ミュージシャン、主婦、鉄道の保線作業員、
グラフィックデザイナー、ママ、保育園の先生などなど、
業種も超多様。

そんな人たちと、初対面の中、チーム分けをして、
 ・テーマを決めて。
 ・詞を書いて。
 ・あげく、メロディまでつけてしまおう!!
 ・しかも制限時間は30分程度!
っていう、かなりハードで濃密な時間を過ごしてきました。

豊かな出会いに恵まれた場の中で、
おじさま・おばさま。そして年長さんの男の子が加わり、
僕のチームは4人で歌作りに挑みました。

最初はお互いを知りながら、普段の生活や仕事、
家族のこと。などなどを話しながら、
段々テーマをしぼりだし、そしてそのテーマにそった
言葉を紡ぎ出していく。

そんな作業をしていきながら、笑いあり、感心あり。

できた曲がこれ。
101211b

さて、みなさん。みなさんならどんなメロディつけますか???

玉川上水のほとりで過ごした、約3時間。
濃密で、楽しくて、ほっこりする豊かな時間でした。

この場を借りて、東京にしがわ大学のみやちんをはじめとするスタッフのみなさん。
講師の小田晃生さん
そしてそして!とっても個性豊かな参加者の皆さんに改めて、感謝!!

人と出会い、何かを作り上げる。
すっごく労力がかかるけど、楽しい時間でした。
 
 
いちょうのいっしょう。わはは!って思ってくれたら、ポチポチお願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (5)

ただいま。

2010年ももうすぐ終わりですね。
最近ふと気がついたこと、それは実家を出て10周年なのです。
仕事を始めて、最初の年に縁があって、実家を出たのです。

古い仲間は懐かしむことでしょう。
三鷹駅徒歩7分。「むらさき荘」。
人生において、大きな大きな出会いとなった男。

彼がいたから、今があると言っても過言ではない。
路上ライブの仲間だった彼と出会い。
そして、彼が住んでいた部屋にまさにスライドする形で
入居をしたのが、ちょうど10年前でした。

24歳の時でした。

その後、千葉・埼玉と移り住み。
実家には、東京で飲み会がある夜に泊まったり。
年末年始を過ごしたり。

でも、やはり10年という月日は流れると、家族の形も
変わるわけで。

妹は、仕事にもつかずにプラプラしてたのが、
今では、保育士として見ても立派な2児の母に。

両親は還暦を迎え、立派な孫バカに変貌。

でもでも。そんな中胸を張って自慢できること。
祖母の二人が、健在だということ。

僕は小さい頃から、祖母っ子だった。
父方も母方も大好きだった。

その大正生まれの二人の祖母がちゃーんと健在。
これは、大きな俺の自慢。
そして、誇りに思う。

少々、耳が遠くなろうが、すこし記憶が曖昧になろうが
祖母は祖母。

大好きなばあちゃん二人をこれからも大切にしたいな。
と。実家の真っ赤な紅葉に誓うのでありました。

結婚はまだまだ当分なさそうだけど、その分、
違う形で祖母孝行したいものですね。
 
 
101211a
 
 
祖母の健康を祈り。ポチポチお願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

2010-12-08

やきいも モフモフ

101208_2

今日は保育園の焼き芋大会。
朝の気温は13℃くらい。
この冬一番の冷え込みだったそうですが、 
焼き芋には最高の天候でした。

葉っぱのお風呂に溜めた落ち葉も大活躍。
ちょいと風が強かったですが、子どもたちも
時おり吹く強風に子どもたちも「うひゃーーー」なんて
言いながら、逃げ回っていました。

焼き芋大会と言えば、Gacha先生、大張り切りです。
だって、前職、一応プロのCamp屋さんですから。
野外炊飯やファイアーキーパーなら任せてください。

でも、僕一人が大張り切りでも意味がありません。
技術があるからこそ、子どもたちに体験させてやりたいのです。
そんなわけで、まず保護者にオーダーしたのが、
 「洋服は綿素材で、長袖長ズボンでっ」
そして、僕が子どもたちに用意したのが、
 「綿の子ども軍手」

これがあれば、子どもたちが自らの意志で
火に近づくことができるってわけです。

もちろん、たき火の経験なんてほとんどないはず。
せいぜいあっても、河原でBBQってとこじゃないでしょうか。

まずは、僕が着火。
火が安定したところで、アルミホイルに巻かれた
芋を子どもたちが投入します。

「あち!アチチチ!!」と腰を引きながら、眉間にしわを
寄せながら、それでも子どもたちががんばりました。

「かおがもえちゃうよ~danger

ある子はそう言ってました。
でもね。こういう本当の体験が必要なのだぞ!
と心の中で伝えます。

そして、並べた芋を熱で包むために今度は木の葉を投入。
これが大騒ぎっ。
入れた木の葉が吹き飛ばされたり
自分の方に戻ってきたり。。。

煙にいぶされ、子どもは涙。
ごめんね、僕はソフトコンタクトで武装しています。はい。

それでも、本当の落ち葉焚き。
お迎えにくるおじいちゃん達も、
「ほーういいねぇ」とつぶやいてくれました。

できあがった焼き芋を持っても、「アチチチッチwobbly
笑顔でモフモフする子どもたちの笑顔が最高でしたね。

いたずら好きのGacha先生。
お昼寝から起きる直前に、数人の男の子に
炭で「カトちゃんひげ」をつけてやりました。

お昼寝明けが大爆笑で楽しい一日でした。

いやあ。我ながら、火扱うの好きだわな。
心が落ち着く。

あ、そこぢゃないか。
1年に1度の楽しみ。

子どもに還元してるから許してください。

卒園製作用の、「特大焼き板」も作りましたよ。
  
  
モフモフ、ポチポチお願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2


保育園のできごと | | コメント (0)

2010-12-07

4歳のとき、彼は逝ってしまった。

明日は、John Lennon の命日。
ダコタハウスで凶弾に倒れてから今年が30年目の冬だ。

僕にとって、The Beatles はとっても身近な音楽だった。
ギターが大嫌いで、クラシックばかり聴いていた祖父が亡くなったからなのか、
あるいは、父のマイブームだったのかは定かではないが、
僕は小学生の頃、自然と自宅のリビングで聴いていた。

小学生の頃の記憶って結構すごくて、
親父の影響で、ビートルズ、レイ・チャールズ、井上陽水の
楽曲ならば、大体わかる。

それだけ、親父の音楽の影響をモロに受けているわけだ。

そんな僕が本格的に音楽を自分の趣味で聴くようになったきっかけは、
高校入学祝いに買ってもらったコンポ。(今でも現役!)

それからは、自分の部屋で自分の好きな音楽を聴けるようになった。
自然とビートルズを聴いていたが、その流れで聴いたのが、
ジョンのベストアルバム。

ビートルズよりも音作りがシンプルでしかも、着飾ってない感じが好きだった。
よくよく調べてみると、ビートルズの中でも、ポールよりも、ジョンの楽曲の方が
好きな曲が多いのも分かった。

それから、ビートルズよりも、ジョンのソロをよく聴くようになる。

世界中で愛されている、「imagine」


そして、12月になると流れてくる「Happy Xmas (War Is Over)」

僕の大好きな曲。

4歳の時に生の姿を見ぬまま逝ってしまった偉大なアーティスト。
「War is Over」と唄った彼が逝った日は、奇しくも真珠湾攻撃の日だ。

彼が夢見た、「Love&Peace」。
彼の命日一日だけでも、世界が停戦する日になればいいのに。

 
ポチッと応援してやってください。お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

Music & Live | | コメント (2)

2010-12-06

いい「葉」だなっ。アハハン♪

先日、保育園で行われたウインターフェスティバル。
今日はそれの第2回。
地域の小さな子どもたちも招いて楽しくやってきました。

子どもたちがアイデアを出して、決めた今回の内容。
わがクラスは、落ち葉を山ほど拾ってきて、葉っぱのお風呂や
葉っぱで魚を作り、魚釣りをしたりしました。

ステキな発想がたくさん出てきて、子どもたちの柔らか脳みそに、
何度も感動をしてしまいました。

一番いいな~と思った、この葉っぱのお風呂。

101206b

段ボールで囲っただけの素っ気ないお風呂だったけど、
子どもたちにどうやって飾る?って聴いてみると、

「露天風呂にしよう!」って。

うん?露天風呂??

色々話を聴いてみると、どうやら、
「岩で囲まれた風呂=露天風呂」
ということだったようです。

段ボールでできた表面をどうやって岩風呂っぽく見せるか。
子どもたちと色々相談して、クシャクシャにしたグレーの画用紙で
周りを囲ってみました。

そんな、「露天風呂」に2週間かけて集めた落ち葉を流し込み。
入ってきた子どもたちには背中にそおっと
「湯」ではなく「葉」をかけてあげる。

あがってきた子は、係の子が一生懸命「葉」を落としてあげる。

そんなお風呂に入る子どもたちと、そのお風呂係の子どもたちの
様子がとってもほほえましい我がクラスでした。

となりでは、葉っぱで作ったお魚が、今か今かと釣られるのを
かわいい顔して待っていました。
 
101206a_2
 
 
がんばった子どもたちを労ってやりたいですね。 
ポチッと応援してやってください。お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2010-12-04

いちょうばっかですんません。

ここ一週間、保育園では大きなイベントがありました。
ウインターフェスティバルと題した、まるで文化祭のような行事。

なんだか、楽しいながらも、結構疲れていたり眠かったりで、
Blog更新さぼってました。

休日の土曜日。
朝起きると、すばらしい天気。

壊れたレンズも治って戻ってきたので、
カメラ抱えて、例のいちょう公園に行ってきました。

昨日の大雨と強風でほとんど裸になってしまった木も
あったけど、そのぶん地面には黄色い絨毯が敷き詰められていました。

誰かの忘れ物。
101204a
 
 
101204c
 
 
101204b
 
 
101204d


今年の銀杏はこれでおしまいにします。 
ポチッと応援してやってください。お願いします。
(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »