« お墓参り日和 | トップページ | ミニチュア的新宿東口 »

2010-10-11

運動会 第2話「きっと明日はいい天気」

雨で無理矢理室内実施となった運動会。
会場は小さな体育館。
発表をしているクラスの他は保育園の部屋で待つしかありません。
しかも、通常のプログラムより変更を重ねているので、
我が年長クラスは、最初の開会式から最初の親子競技まで
長時間の待ち時間を余儀なくされました。

しかも僕は元々園児席での待機係。
他の先生方は、他の競技の説明や用具だし、各クラスの
発表準備に大忙しで走り回ってます。
僕はとなりのクラスの子どもと、我が年長クラスの子ども
そして、その保護者たちと出番を待っておりました。

しかし、長くなる待ち時間。しかもプログラムの進行具合が
こちらになかなか伝わってこないのでどのくらい待っていれば
いいかも分からない。しかも、自分たちの保育園に多くの
保護者がいるという特別な環境。。。
そりゃあ。子どもたちは大興奮し始めて走り回り始めます。
うーん、、このまま退屈させるのはかわいそうだな~。と。

そんなわけで、保護者の退屈を紛らわせるのも含めて、
おもむろにギターを弾き始めてみました。

我がクラスの子は日頃の鍛錬で、なんと前奏のコードを
弾き始めただけで歌い始めることができます。

こんなどしゃ降りの雨ですから、あえて選んだ曲は
僕も大好きな「にじ」。

「にーわのシャベルが~いーちにーちぬれて~」

子どもたちが歌い始めると、突然ざわついていた部屋が
シーンとなり、保護者も子どもたちの歌に耳を傾けてくれました。

そんな保護者の様子も子どもたちは感じて、いつもより3割増し
くらいで気持ちよく唄ってくれました。

唄い終わると、どこからともなく大きな拍手がわき上がり、
子どもたちもとっても嬉しそう。

運動会って、保育園の生活を通しての成長や、子どもたちのがんばりを
保護者に見てもらう大切な行事。

待ち時間を、のんびり過ごして待ってよう~という
僕の思いつきが、思わぬ形で保護者の方々に子どもたちの
様子を発表するいい機会となりました。

雨が降って、種目は減ったけれど、子どもたちが活き活きと
唄う姿を保護者に見せることができた。
これもまた、雨のおかげ。種目が一個増えたようなものです。

「きっと明日はいい天気~」

雨の中歌う「にじ」もよかったですよ。
 
 
子どもたちの歌声を想像しつつポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

|

« お墓参り日和 | トップページ | ミニチュア的新宿東口 »

コメント

>けーこさん
うんありがとう。
自然発生的な拍手がとっても心地よかったよ〜
「にじ」って名曲☆

投稿: Gacha | 2010-10-13 20:56

いいconfident素敵shine
その場に居合わせたかった~

投稿: けーこ | 2010-10-12 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お墓参り日和 | トップページ | ミニチュア的新宿東口 »