« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010-10-31

あゝ 青春の ミスタードーナツ

友人の結婚式に招かれて行ってきました。
かわいそうに台風直撃だったけれど、夜には雨脚も弱まり、
楽しい式に参加させてもらいました。

その友人というのは、かれこれ14年前頃のこと。
中野駅北口にオープンした、ミスド958号店。

その中野店のオープニングスタッフとして僕たちは肩を
並べて働いていました。そう。バイト仲間。

僕も色々なバイトをしてきたけど、このバイトだけは別格。
なぜなら、オープニングスタッフとして、店を0からそして、
同じスタートラインからみんなで作り上げていった仲間だったのです。

あの時の仲間とこうして今でも繋がっていられることは本当に
幸せなことです。

僕の担当はだいたい、18-24というシフト。
学校帰りに行き、店を閉めて帰るという仕事。
クローズ業務と呼ばれていました。
そのクローズ部隊の相棒がはしもと君。
今日はそのはしもと君と共に、新郎のお祝いにかけつけたのです。

新郎の彼はもっぱら、ドーナツを作る仕事。

彼が作るドーナツを僕らが売る。そんな流れでした。
そして、その売る最前線で並んでいてくれたのが、姉さん二人。

忘れられない思い出があります。

開店からちょうど1年を迎えた1周年記念。
この1周年に合わせて、大企画を立ち上げたのでした。
それは「1日売り上げ100万円!!」という大企画。

当時、日々の売り上げが20万円くらい?
土日で、30~40万。(確かそんな記憶)

それを1日で100万円達成しようというのですから、
それはそれは大変なこと。

でも僕らオープニングスタッフでどうやったら達成できるか
そんなことをみんなで考えて、その日のシフト体制や、
各人員配置までみんなで考えたのを今でも覚えています。

10個入りの¥1000セットを500セットとか作り、
声を枯らしながら路上で販売しつつ、店内の回転率を上げる。
そんな作戦でした。

10個セットを作るには、それはそれは、今回の新郎が
馬車馬のごとく作り続け、僕とはしもとくんは、路上で大声を張り上げる。
レジの中では姉さんたちが、いつもの1.5倍速でお客さんをさばき続ける。

朝から、クローズまで最高の人員配置をして、みんなで力を合わせた
最高の1日。今でも覚えています。その金額、92万円。

少し足らなかったけど、僕らはやりきった感があったのを今でも覚えています。

チームで働くこと。そして、その達成感と心地よさ。
仕事の原点はあそこにあるような気がします。

そんな、戦友とも呼べる仲間の結婚式を、たった4人だったけれど、
また同じ仲間で祝うことができる。

青春の1ページだけど、僕にとっては大切な1ページ。
そこを思い出させてくれて、また1ページを足してくれた
新郎えんどう君。

感謝です。そして、おめでとう。


101030

ポチッと応援してやってください。とっても励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

高く掲げられた手の平

先日、FUNKY MONKEY BABYS(以下ファンモン)のLiveに行ってきました。
会場は、宇都宮市民文化会館。

もしかしたら、あれって思う方もいるかも知れませんね。

Gachaの今までの音楽の趣味からすると、少し
ジャンルが違うかも知れません。

でもね。大好きなんですよ。

きっかけは深夜番組で流れていた彼らのLive映像。
曲は「ちっぽけな勇気」でした。

ストレートで力強い歌詞と、力一杯唄う彼らの姿に一発で
虜になってしまいました。

しかも、ファンモンは八王子出身。
地元ではないけれど、八王子はゆかりのある土地。
専門学校に通っていた頃、明神町の小料理屋でバイトを
していた時期もありました。

八王子だけでなく、「杉並区」「井の頭線」など、
僕にとってはMyHomeな歌詞もたくさん出てくる。

そんな彼らに親近感を抱きながら、今まで聴きこんできました。

そして、宇都宮で初めての生歌。

会場に行く途中。
宇都宮駅改札周辺の人の流れを見ていても、
「若い女の子ばかりなんだろうな~。。。」と少々肩身の狭い思いを
していましたが、いやいや、なかなかどうして。
会場には、想像以上に幅広い年齢層のお客さんがきていました。

もちろん、若い女の子が中心でしたが、
意外に男がおおい。そして、40代くらいのお父さん世代も
結構いて嬉しい限り。「ヒーロー」効果もあったのかな。
親子4人できているファミリーもいて、すっごくいい感じ。

持論だけど、若いアーティストは、男性ファンが定着すると安定して、
そして、伸びていく。そういう意味ではファンモンは成功の一歩を踏んだ気がします。
なーんて偉そうにねっ。

さてさて。ファンモンのLive。熱かった!!
たぶん今まで参戦したLiveの中で一番ハードだったかも知れません。
でも、たった2000人の小さな会場。
肉眼で十分表情まで見ることのできるハコだったので、
とってもいい眺めでした。

しかも1Fのほぼ最後列。

ステージ上の姿はもちろん、それに呼応するお客さんの姿が
本当に楽しそうで、心地よさそうで。

甲子園のテーマソングにもなった「あとひとつ」。
歌詞の中で「あの空へ」という言葉に合わせて会場の
みんなが手のひらを高く高く掲げていました。

2000人の手のひら。

後ろから見ていたら、一人一人大きさも形も違う手。

その掲げられた手の先にある空間には何かがあるような
錯覚も感じるくらい、ものすごいパワーが満ちあふれていました。

みんなが、力を手のひらから送って、みんなで共有して、
またその力をその手の中に入れるような。

そんな鳥肌の立つような光景でした。
後ろから見たからこそ感じたことかも知れません。

心地よい音楽は心を健康にします。
そして、やっぱり生の音楽と言葉は心に突き刺さります

一番グググーーーーーッてきたのは、「告白」

スクリーンに映し出される、このPVに合わせて、
生の歌声を聴かせてくれました。

久しぶりに音楽に元気をもらって、気持ちがよかったです。


ポチッと応援してやってください。とっても励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

Music & Live | | コメント (0)

2010-10-26

ホッと一息

この土日で、知的障害をもったメンバーさんたちと
富士山の裾野で一泊お泊まり会をしてきました。

もうかれこれ関わって15年目。
彼らと出会ったことで人生変わったのは間違いのないこと。

そんな彼らと過ごす2日間。
ちょいと色々なことがありました。

内部のことなのでここで書くことはないけれど、
辛く、やるせない出来事だったけど、
その分、僕がこの活動に注いできた情熱だったり、
今でもそれが継続していること。
そして、何よりメンバーさんたちとの絆。

ぐっちゃぐちゃの頭の中で、そんなことを感じることができました。

僕の場合。特に遊びや、土日のプライベートタイムに関する
基礎体力には自信があります。
でも、今回のようなことがあり、脳疲労をすることが、なによりも
辛く、消耗することなんだな~と改めて実感。

湯船に浸かることや、早く寝ることはもちろん大事。

でも大好きなお店で、大好きな珈琲を飲みながら、
ちょっと優雅にキーボードをたたく。

そんな平日夜もいいなぁと思う。そんな火曜日。

 
 
101026
 
 
ポチッと応援してやってください。とっても励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

2010-10-22

味覚のきおく

今日の夕食。
えらいお腹の減っていた僕はガツンと食べたいなと。
そんな思いを抱きながら街をフラフラ。

そして入ったのが、中華料理「東秀」

小田急線や、京王線沿線に多く存在するチェーン店。

久しぶりに入った店で、僕はいつものメニューを注文した。
「回鍋肉定食」

実は、この「東秀」
高校時代最寄り駅だった浜田山駅から徒歩2分の
線路沿いに店舗があった。

僕らは、高校の部活を終えると週3回はこの
お店を訪れていた。

つまり、僕にとっては青春の味。

高校3年間通い続けたお店。
おそらく年間100回近くは行っていたであろう。

毎回頼む、回鍋肉定食。
店の主人は甲高い声で「アイヨー!!」って答えてくれていた。

そして今日。その回鍋肉定食を口にした瞬間。
フラッシュバックのように記憶がよみがえった。
それくらいまったく同じ味だった。

味覚のきおくってすごい。

食べていて涙がでそうになりました。
幸せな夜。おやすみなさい。


ポチッと応援してやってください。とっても励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

中央線で日本語を考える

今日のラッシュ時の混雑する中央線車内。

僕のすぐ目の前で、お腹減った女子高生二人が夜ご飯の話を始めた。

片方の子が明らかにボキャブラリーが少ない。
というか単語を知らない。

「冷むぎ?なにそれ?」

その次に驚きの会話

「しゃぶしゃぶ??なにそれ?」

丁寧にどんな物か説明する相手の子。

「それってしゃぶしゃぶってより、ビシャビシャだね」

「いやピチャピチャ?ポタポタぢゃん?」

いやいやいや
「しゃぶしゃぶ」という料理の名なのだよ


音の問題なのではなくてさ。

女子高生を責めるつもりはない。
僕は、彼女たちの周りにいる大人の問題だと思う。


こんな会話を聞きながら、今の保育園の子どもたちに対して、どれだけ豊かな言葉をかけてあげられるか。

自分に課せられた大きな使命だな~と思うのでした。


ポチッと応援してやってください。とっても励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (0)

こんなお弁当できました

こんなお弁当できました

ハロウィン風チキンライス 完成!

男性保育士もお弁当作りがんばるのだっ!!

| | コメント (2)

2010-10-21

明日は遠足なり

保育園の年間イベントの中で、子どもたちがウキウキになる「遠足」。
とは言っても、今回は徒歩遠足。
園から歩いて、近くの公園まで弁当持って歩いていって、
ご飯食べて帰ってくる。まーそんなお気軽行事。

でも、子どもたちはもうウッキウキ。

しかも、明日は保護者の保育参観も兼ねているので、
何人かは保護者も一緒に来てくれます。

子どもたちは明日のお弁当の中身や、行き先のことで
色々なお話をしてきてくれます。

でもでも。やっぱり心配なGacha先生。
集合時間を確認したり、「明日はみんなお弁当だからね!」って
確認したり。

そして、最後に、念のため。
「んで、明日はどこにいくのー?」

ちょっと心配な太郎君(仮名)に、きいてみました。

すると、自信満々で「てつどうはくぶつかーーーーん!!!」

いやいやいや。。。。。。。。

それは来月の初めに、年長さんで行くバス遠足です。
頼むよ頼むよ。
しかも、その日は注文のお弁当だよだよ。

あーこわいこわい。


こわいと言えば。明日は遠足。そしてお弁当。

もちろん。Gacha先生も作っていかなければなりません。
そりゃあ。コンビニ弁当ってわけにもいきません。
しかも、保護者も何人かやってくるわけです。

そして、同僚保育士からの大いなる期待とプレッシャー。

「何にするんですか?」
「メニューはぁ?」
「ちゃんと写メ撮ってきてくださいね」

とか。

Gacha先生悩みます。
子どもにも相談してみました。

そして、いいアドバイスとアイディアももらいました。

そして、本日仕事帰りのお買い物。

・ポテトサラダ
・温める煮込みハンバーグ
・ミニトマト
・黄色いパプリカ
・厚切りベーコン
・ケチャップ
・アスパラ

こんな感じ。

さて、どんなお弁当になるのか。お楽しみに。

ヒント1 季節は10月。
ヒント2 ご飯を固めに炊いてあります。


明日のお弁当作りを応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (0)

2010-10-19

秋の空@蓼科

色々な秋の空。

101019a


101019b


101019c


101019d


秋空ついでに応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

2010-10-17

奇跡の夕陽

ちょっくら旅に出てきました。

運動会までの疲れを癒す、蓼科方面へのマイナスイオンの旅。
相棒K10Dが電池切れになるまで、約300ショット。

たくさんの自然に出会い、たくさんの発見をしてきたけれど、
今回驚いた出会いがこの夕陽。

101017

今まで、多くの夕陽を見てきたけれど、久々鳥肌のたつ
素晴らしい夕陽に出会うことができました。

陽が沈む頃、白駒池に寄り。その帰り道の
麦草峠からの夕陽でした。遠くに見えるのは、八ヶ岳の山並み。

その他の写真はまた改めて。


この夕陽を見てみたいなと思ったら応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

2010-10-16

今日もいいウロコ

今日もいいウロコ
@嵐山PA

| | コメント (0)

2010-10-14

天の川が流れる

久しぶりに鳥肌の立つ画像に出会いました。
動画ではなく、カメラによるインターバル撮影だそうです。

| | コメント (5)

富士山かんせい!

保育園の砂場に新しい砂が入りました。
それまで、砂が流出してしまい寂しい砂場が急に楽しくなりました。
さすが、年長。
超巨大なお山が完成しました。

Gacha先生の思いつきで、白線用のラインで雪化粧を
施してみると、ほらほら!富士山!

101014b

子どもたちも「ふじさんだ!ふじさんだ!」と。

不思議なものですね。
やっぱり富士山には雪がつきもの。
雪化粧だけで富士山にみえてしまう。

山肌には子どもたちのペタペタした手形が。
いい山でしょ。


富士山を讃えて応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2


保育園のできごと | | コメント (2)

まる さんかく うろこ

101014a

いい空でした。


ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (2)

緑だけど秋の気配

先日の体育の日。
すばらしい秋晴れの元、祖母の墓参りに行ってきました。
28年前。年長だった僕を残して天国へ行った大好きだった祖父。

そして、その時の僕と同じ年齢の子どもたちと
一緒に終えることができた運動会。

報告と感謝を伝えることができました。

あと何週間かしたら綺麗な茜色になっているんだろうな。

101014


茜色の紅葉を想像したらポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

ミニチュア的新宿東口

我が相棒、RICOH CX2には
ミニチュアライズという機能があります。

フォーカスが合っている以外の部分をぼかして
ミニチュアのように見える機能です。

そんなミニチュアライズ機能試してみました。

どうかな~。

101013a


101013b


ミニチュアに見えたら、ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (0)

2010-10-11

運動会 第2話「きっと明日はいい天気」

雨で無理矢理室内実施となった運動会。
会場は小さな体育館。
発表をしているクラスの他は保育園の部屋で待つしかありません。
しかも、通常のプログラムより変更を重ねているので、
我が年長クラスは、最初の開会式から最初の親子競技まで
長時間の待ち時間を余儀なくされました。

しかも僕は元々園児席での待機係。
他の先生方は、他の競技の説明や用具だし、各クラスの
発表準備に大忙しで走り回ってます。
僕はとなりのクラスの子どもと、我が年長クラスの子ども
そして、その保護者たちと出番を待っておりました。

しかし、長くなる待ち時間。しかもプログラムの進行具合が
こちらになかなか伝わってこないのでどのくらい待っていれば
いいかも分からない。しかも、自分たちの保育園に多くの
保護者がいるという特別な環境。。。
そりゃあ。子どもたちは大興奮し始めて走り回り始めます。
うーん、、このまま退屈させるのはかわいそうだな~。と。

そんなわけで、保護者の退屈を紛らわせるのも含めて、
おもむろにギターを弾き始めてみました。

我がクラスの子は日頃の鍛錬で、なんと前奏のコードを
弾き始めただけで歌い始めることができます。

こんなどしゃ降りの雨ですから、あえて選んだ曲は
僕も大好きな「にじ」。

「にーわのシャベルが~いーちにーちぬれて~」

子どもたちが歌い始めると、突然ざわついていた部屋が
シーンとなり、保護者も子どもたちの歌に耳を傾けてくれました。

そんな保護者の様子も子どもたちは感じて、いつもより3割増し
くらいで気持ちよく唄ってくれました。

唄い終わると、どこからともなく大きな拍手がわき上がり、
子どもたちもとっても嬉しそう。

運動会って、保育園の生活を通しての成長や、子どもたちのがんばりを
保護者に見てもらう大切な行事。

待ち時間を、のんびり過ごして待ってよう~という
僕の思いつきが、思わぬ形で保護者の方々に子どもたちの
様子を発表するいい機会となりました。

雨が降って、種目は減ったけれど、子どもたちが活き活きと
唄う姿を保護者に見せることができた。
これもまた、雨のおかげ。種目が一個増えたようなものです。

「きっと明日はいい天気~」

雨の中歌う「にじ」もよかったですよ。
 
 
子どもたちの歌声を想像しつつポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (2)

お墓参り日和

お墓参り日和

いい天気だ
本当ならこの木の向こう側に富士山が見えるのだけど、
今日は雲がかかっていました。

28年前に亡くなった祖父に運動会の報告をしよう。


ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

日々のこと(写真つき) | | コメント (0)

2010-10-10

どうして

どうして

空は晴れてるの?

今日AMまで大雨のはずだったのに〜

はぁ


ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

ひとりごと | | コメント (2)

2010-10-09

第1話「運動会 はじまるまでの 右往左往」

昨日は一日中天気予報とにらめっこ。
月額の情報料も納めている、ウェザーニュースのピンポイント予報。
「今日は昼過ぎまで雨は降らない!」となっていた予報。

まさか、今日の朝になって大幅変更するとは。。。
ウェザーニュースまぢで恨みます。
雨の予報が、大幅に早まり、開会式前にすでに本降り状態。

しかーし。明日の予報も雨。
しかも、うちの保育園は順延日を明日しか設けていないのです。

それなら、結論は早い。
「もう保護者も集まっているし、今日やろう!」

でもでも。今日はできそうだったので、室内を想定した準備をしていない。
しかも例年にまして、保護者だけでなく祖父母参加がめちゃめちゃ多いshock
予定していた保育園のホールではとてもとても入りきらないギャラリー数。
ここが想定外だった。

さあ。園長先生悩む!みんなも悩む!!
どうするどうする??
よし。となりの児童館に交渉してくる!

すてき、うちの園長先生。

少し大きめの体育館を持つお隣の児童館。
もちろん二つ返事でOKしてくれました。

さぁ!そうと決まればここから勝負です。
音響担当Gacha走ります。

なんせ、ラジカセ→10Mの延長ケーブル
       →非常用放送設備のライン入力→園庭のスピーカー。

というセッティング。

これを、全部そっくり児童館に移し替え。
幸い児童館にも同じ非常用放送設備があるので、ラインコードは簡単に繋ぎます。

でも、この体育館、まあ、音が割れる。。響く。反響しまくり。

適正なレベル調整をするのに手間取りましたが、そこは
多くのイベントをこなしてきた経験が活きました。

この音響セッティングをしている間、他の女性陣が大引っ越し大会のように
物品や衣装をスタンバイ!
しかも、使わなくなった保育園の各部屋を、

・集合写真撮影用の部屋
・子ども控え室
・遊技用着付け室

と振り分けてある。すげえ。しかも機能的。

僕は思うのです。
こういう、緊急事態。想定外のことが起こったときに、どう対処するか。
ここに職員集団のスキル。
そして、そのコミュニケーション能力やチームワークが問われるのだと思います。

誰が判断をして、誰が指示をだして、誰がどう動くのか。
ここをバシッとできた、という点ではうちの保育園は誇れる職場だな。
と本当に強く感じるわけです。

なんとか、30分遅れくらいで開会式がスタートです。

バッタバタしている雰囲気が思いっ切り保護者にも伝わってしまいましたが、
ここから取り戻すのが、ある意味、やりがい。

子どもたちのすばらしい演技や発表をゆっくり堪能してもらえることが
一番だな~と本当に思うのです。

そんな感じで、雨の室内運動会がはじまったのでした。
 
 
この先知りたい方はポチッ!っと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (1)

2010-10-08

あといちにち。

101008

いよいよです。泣いても笑っても明日が本番。
今日まで約一ヶ月。本当に子どもたちががんばってくれました。

イライラして怒鳴りちらしてしまうことも正直ありました。
構成がなかなか決まらず不安な夜を過ごした日もありました。

でも、子どもたちが自ら楽しそうに跳ね回るようになった頃、
光が見えたような気がしました。

「今日が最後の練習だぞ!!」「がんばるぞ!!」

「おーーーーーーーーー!!!!」

子どもたちは大きな声で気合いを入れて、最後の練習へ。
今まで見たこともないようなきれいな並び方。
躍動感と元気が満ちあふれている跳び方。

いい動きでした。

そして、子どもたちと衣装の法被を着たまま、近所の神社に
お参りをしにレッツラゴー。

この神社は子どもたちが大好きな場所。
大好きな遊び場であると同時に、行事前にはいつも
お参りをして成功祈願をしている我がクラス心のよりどころ。

実はもう心配はしていません。

なぜなら、彼らは本番にめっぽう強いのを知っているから。
彼らを信じて、彼らが気持ちよく跳べるように
優しさと力強さを込めて太鼓を叩きたいと思う。

今日の練習で力が入りすぎてしまい長年使っていたバチがポキッ。
なにも、今日折れなくても。。と思ったけど、
「あんまり、力むなよ。。」という誰かからのメッセージをもらった
ような気がします。
明日は真っ白な新しいバチでいい音鳴らしてきまっせ。

どうか皆さん、子どもたちの成功を祈っていてください。
らっせーらーー!! 
 

らっせらー!っと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (3)

2010-10-05

目から鱗。

「広辞苑より」
あることをきっかけとして急にものごとの真相や本質がわかるようになるになること。

なんと、何か中国方面の古典が語源かと思いきや、
語源は新約聖書でした。
新約聖書「使徒行伝」9章18節に出てくる、サウロの目から、うろこのようなものが落ちて、
元どおり見えるようになった話が由来だそうです。

今日の保育園。
同僚の先生と話していたら、その先生の保育観や、
今の僕の保育に対して思っていることを聴くことができました。

そんな同僚の先生のお話をきいて、本当に新鮮でなにか新たな
視点や自分の保育に対して、気づきを得ることができました。

そんなちょっと満足そうな顔で部屋に戻ったのでしょう。
子どもたちがわくわくした顔で、「どうしたのー?」と聴いてきてくれました。

しかし。内容的に子どもたちにうまく説明できる内容ではないし、
ましてや、自分の保育に関すること。
とても子どもたちに話せることではないな~と思ったGacha先生。

「いやーーーー目からウロコでしたよ。」

と、独り言風につぶやいてみました。
すると、予想通り、子どもたちの頭には「???」がいっぱい。

もちろん、「目からウロコ」の意味もわかるはずがありません。
 
 
ところが。。
 
 
予想外の反応が!?
 
 
「せんせい。めがねとんでいっちゃうよ~」
 
 
すごい。すごいですよ。
意味はわからなかったのでしょう。
でも、ウロコはわかった。
そこで、彼は「目からウロコが飛び出す」その言葉通りの画を
想像したのでしょう。

そのとき。彼は気がついた。

あ。Gacha先生。めがねが。じゃまだ。
壊れちゃう。


そして、出た、彼の言葉でした。

いいね。いいね。かわいいね。
思わず園長先生に報告しちゃいました。

運動会に向けてピリピリしがちな僕の心を和ませてくれました。
笑顔を大切に、運動会まであと3日。楽しんでいきますよ。
  
 
鱗が飛んだら、ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (2)

2010-10-03

あきのそら ~PENTAX K10D

酷暑が過ぎて、一気に秋になりましたね。
みなさん風邪とかひいていませんか?

母と行った祖父の墓参り。
いい空の下、運動会が成功するようお祈りすることができました。
 
 
101003c
 
 
101003a
 
 
101003b_2
 
 
101003d
 
 
秋を感じることができたら、ポチッと応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (2)

2010-10-02

K-5 か CX4 か。

最近、夏のCampにたくさん行ったせいか、カメラを使うことが多かった。

今の僕の主力2機種は。
・PENTAX K10D
・RICOH CX2

K10Dは発売から既に3年以上経過した今となっては古いモデル。
そして、CX2は発売から1年だが、マイナーチェンジを繰り返しつつ、
CMOSが裏面照射CMOSにかわり、CX4が発売されたところ。

そして、ココに来て、突然頭角をあらわしてきたのが、
PENTAXが万を辞して世に送り込んできた、最上位機種。
PENTAX K-5

101002

やばいです。

K10D購入後、速射性能の低さや液晶モニターの古さこそ
あれど、僕の撮影環境の中ではストレスなく使っています。
むしろ、操作方法も含めてからだの一部になりつつある。

でも、さすがのデジ1も3年経つと技術が格段に進歩します。

K10Dは画像素子はまだCCD。
それがCMOSになり、なんとこのK-5はNikonの新製品
D7000と同じ、CMOSを使っているようで、高感度性能がすごいらしい。

あまり夜景を撮ったりすることはないけど、常用でISO1600くらい
楽に使えるらしい。

そうすると、撮影の幅がグググと広がる。
たとえば、森の木陰でのマクロ撮影。
夕陽が沈みかけた頃のマジックアワーのグラデーション。
日陰での子どもの表情。

色々夢広がる。

しかも、K-5。 5ですよ。5!!!

僕の大好きな数字ってだけですが。なにか。

今のところボディ単体で13万程度。
あー当分は無理だな。。

CX4もCMOSが高感度に強くなった上に、手振れ補正技術が
グレードアップ。こちらは手の届く価格?。

あー。欲しい。

買えたらいいね!って思ったら応援してやってください。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (2)

iPhone恐るべし

iphone恐るべし

「iPhone4買ったら、コンデジ使わなくなったよ」
今日耳にした、興味深い言葉。

今日、土曜保育の勤務を終えて時計を見ると、まだ17時。
ふと予定のなかった僕は、ぶらりと写真展を見に京橋へ。

会場は 「Island Gallery」

千葉での最高にバタバタしていた1年目。
遠いところを通ってきてくれて黙々と作業や手伝いをしてくれた
ダムダムこと、「かとうさきちゃん」
が働いているのが、このIslandGalleryなのです。

さきちゃんの顔もみたいし、ここの展示写真やイベントの感じが
とっても素敵で共感ができたので覗きに行ってきました。

すると、なんと今回出展をしている、三井公一さんとお会いして、
お話をすることができました。

もちろんプロのカメラマンさんなのですが、今回の展示は全てiPhoneで撮影されたもの。
三井さん自ら、「sasurau」 というPhotp-Blog
のページを開いていて、その写真のクオリティの高さに惚れ惚れしてしまいました。

写真は、その三井公一さんの写真集。

写真だけでなく、言葉も素敵です。

「撮影→加工→アップロードが一台でできるカメラ」
なるほど。そう考えるとiPhoneってすごい。
たった今頃500万画素なのだけど、加工できるアプリが充実しているから
十分楽しめるのです。
でもそれ以上に一眼と遜色なく、A3まで伸ばせる写真が撮れるその基本性能にも驚きました。

今回はLINKいっぱいの記事でした。
ポチポチLINK回りしてみてください。


いつもポチッとありがとうございます。
今日も応援してくれると励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

写真 | | コメント (2)

2010-10-01

あと8日。

運動会まで、あと8日。
雨が続き、雨が続き。
重苦しい気持ちで週末を迎えようとしていました。

職場に行き、8:40を過ぎた頃、日差しが部屋に飛び込んできました。
子どもたちもテンションあげあげ。

ずっとずっと室内で繰り返し繰り返し練習していた荒馬踊り。

太鼓も響かせられないので、竹をたたき。
小さな部屋なので、隊形移動も位置関係だけ確認したり、
模造紙に園庭を書いて確認したり。
小さな体育館で跳ねてみたり。

子どもたちもイライラし。ダラダラし。
そして僕もイライラし、カリカリし。
そんな一週間を過ごし。

そして、今日。太陽の下、ついに、フルスケールで踊れました。

僕も子どもたちも何かから解き放たれたような数分間でした。
大きな園庭で通して踊るのは初めてなのに、
のびのびと、活き活きと、そして何よりも楽しそうに踊ってくれました。

となりの先生が涙を流してくれる。
園長先生が涙を流してくれる。

そりゃあ。俺だって。でも。我慢。
本番までは泣きませんよ。涙は流しません。
でもそれくらい素晴らしい演技でした。

そして、何より。何よりも嬉しかったこと。

踊り終わった子どもたちが、笑顔で
「きもちよかったー!!」って言ってくれた事。

そんな言葉が出てくるとは思いませんでした。

5歳や6歳の子どもから聴けた、充実感。
そんな言葉を聴いて、僕も心地よい充実感。

でも。本番はまだ一週間先。

子どもたちの力を信じて。
8日後に、最高の笑顔で最高の充実感を。
秋晴れの下でそう感じるのでした。

101001


いつもポチッとありがとうございます。
今日も応援してくれると励みになります。(1日1クリック有効です)
Br_decobanner_20100527193253_2

保育園のできごと | | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »