« 野尻にて@CX2 | トップページ | 野菜あります。 »

2010-08-24

初めての涙

1995年夏。19歳だった僕は野尻湖にいた。
初めて、リーダーと呼ばれ、「がちゃぴん」という名を
もらい、7名の小学生とともに4泊5日を過ごした。

実はリーダーデビューは、YMCAではなく、茨城にある教会学校のCampだった。
当時専門学校の1年生だった僕は、教鞭をとられていた牧師先生から
声をかけて頂き参加することができた。
忘れもしない人生初のCamp。

我がグループの小学生7名の名前は今でもはっきりと覚えている。

その中で当時小学2年生だった、だいすけくん。
真っ黒に日焼けした顔にクリクリッの目と、天然パーマ。
和製ジャクソン5のようなかわいい彼がかわいくて仕方なかった。

4泊5日のCampを終えて、教会での別れのとき。
彼は僕と別れることに涙してくれた。
僕が初めて経験する涙だった。

あの涙とその表情は今でもはっきりと覚えている。

 
 
そして、15年が経ったこの夏。
 
 
 
そのだいすけくんが、野尻湖で行われているCampに
リーダーとして参加するということを知った。
しかも、その教会学校のCampではない。
場所こそ同じだが、まったくの別団体のCamp。
しかもそのCampは僕が4年前までプログラムディレクターを務めていたCamp。

鳥肌が立つ奇跡。

彼の予備校時代の友人がそのCampに参加していて声をかけてもらったというのだ。

いくつもの奇跡が重なった。

 
僕は野尻に向かって発つ日。ザックに二つのものを忍ばせた。

ひとつは、95年に一緒に撮ったグループの集合写真。
もうひとつは、そのCampの別れ際、彼が僕にプレゼントしてくれた木の名札。
まだ、たどだどしい字で一生懸命名前が書かれていた。

15年のときを経て、タイムスリップしたかのような気分。

Camp場に着き、色々なリーダーやスタッフに挨拶をしていると、
湖を眺める青年から視線を感じた。

彼だった。
身長は50cm以上伸び、いっちょ前にひげを生やして、かなりのイケメン。
でも、あの大きな目とクリクリの髪の毛は変わらなかった。

あまりの感動と驚きで声が出なかった。
一言だけ吐き出すように出てきた言葉が「おおきくなったな」と。

そして、彼は何も言わず涙を流してくれた。
何分も。何分も。
 
 
 
15年もリーダーをやっていると、小学生だった子がリーダーになったり。
メンバーが結婚してしまったり。。
「がちゃですよね??」と突然青年に声をかけられ、名前を聞いて驚いたり。
先日も小学1年生のときのメンバーと一緒にCampに行き、彼が
エールマスターをやるファイアーを親のような気持ちで見ていた。

 
 
でも、そのメンバーだった子が涙をしてくれたのは、
生まれてはじめての経験だった。
15年経って、やっとリーダーとして認められた。
そんな気になった。

彼にとっては僕が大きな存在になっていた。
僕が思っていた何倍も。

生まれてはじめてのCamp。
技術も理論もなにもない。
そんな僕のことを彼は15年間覚えていてくれていた。

カメラを撮り、写真を送った僕のことを覚えていてくれていた。
一緒に釣りをしたことも。
夜中にこっそり星を見せてあげたことも。

そして、青年になった彼もまたカメラをかけていた。
PENTAXのK10D。
15年間離れていたのに、彼は僕と同じカメラを抱えていた。
なんだかとっても嬉しい偶然。

たどだどしい名前の入った木の名札は、僕からは渡せなかった。
泣いてしまうから。

15年前に泣きながら僕にくれた木の名札。

今度は青年になった彼に戻してあげることができた。
人に託したのだけど、号泣してくれていたらしい。
よかった。やっぱり自分で渡さなくて。
俺も号泣していたよ。
 
 
「ね」という大好きなCampSongがある。

色々な偶然が重なって、ここにこうしてあなたと
一緒にいられることがただとっても嬉しい。

 
 
今、こうして、PCに向かってキーボードを叩きながらも
何度も涙が出そうになってしまう真夏の奇跡でした。 
 

再会を果たせただいすけ。
そして、その奇跡をつないでくれた、なつおちゃん。
本当に本当にありがとう。
 
 
 
ポチッと一押ししていただけるととっても励みになります。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

|

« 野尻にて@CX2 | トップページ | 野菜あります。 »

コメント

>cafe716さん
コメントありがとうございます。
本当に素晴らしい奇跡でした。
そうです。「ね」は東京のYMCAで生まれたキャンプソングです。
高橋はゆみさんという方が作りました。
CDが発売されたこともあり、最近幼児教育系の業界で
少しづつ広まっているようです。
でも、卒園式で歌うっていうのは。。
もしかしたら、その先生、YMCAの関係者かも知れませんね。
僕も、ギター弾いて卒園式で歌うのが夢です。

投稿: Gacha | 2010-08-27 20:25

感動しました!素敵な再会でしたね。
だいすけさんは、いつかgachaさんとまたキャンプ
のもとで再会することを心の中で夢見ていたのかも
しれませんね。人に大きな影響を与えることが出来る
ってすごい事ー。「ね」の歌、子供の卒園式で最後に
クラス全員で歌った曲でした。メロディ聞くだけで
泣けてきます。キャンプソングだったんですねー。

投稿: cafe716 | 2010-08-27 00:07

>仮の妹さん
うん。覚えてもらえていたことも幸せだけど、
15年間続けてこれたことも幸せだと思います。
ありがたや。ところで、どこの妹だろう?
がちゃぴんかい?

投稿: Gacha | 2010-08-26 23:02

日記見て
ちょっとうるっとしちゃいました。

その子にとっても
ガチャの存在は大きかったんですね。
あたしもそおゆう
誰かにずっと覚えててもらえる
リーダーになりたいです!!

また一緒にキャンプに行けるのを
楽しみにしています★

投稿: 仮の妹(笑) | 2010-08-26 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野尻にて@CX2 | トップページ | 野菜あります。 »