« ハンパない落とし物 | トップページ | アライグマのラスカル »

2010-07-16

完璧なる接客

今日は職員会議で帰りが遅くなった。
できるだけ、なるべく。。。自炊を努力していますが。
明日も土曜勤務だしな~ってわけで、
長崎ちゃんぽんで有名な「リンガーハット」に行ってきました。

大きなバイパス沿いですから、22時近くになれば、
松屋なんかと客層も変わらない。閑散とした店内。

20代前半だろうか、一際輝く店員さんが水を置いていった。
見た目ではなく、その接客。

大した客単価でない小さなお店。
こっちゃあ、男ひとり、ほぼ部屋着。

でも、深々と一礼し、すばらしい屈託のない笑顔。
そして、アナウンサーのようなはっきりとした口調。
なにより、これでもかというくらい、しっかり目を合わせて、
対応してくれる。

水を持ってくる。
オーダーをきく。
運んでくる。

この3回だけだったのに、完璧。

自分もサービス業に長く携わっているから、普段厳しいのだけど。
この方には、まったく違和感を感じなかった。
いや、むしろ参った。

見た目で判断してはいけないけど、もしかしたら学生さんかな~
と思うくらいのお姉さんが、驚くほど素晴らしい接客をしてくれた。

たった650円くらいのお代が、2000円、3000円くらい出したような
心地よい気分にさせてくれる。

閑散とした店内で、とりあえず腹に入れようっていう食料が、
すばらしい夕食になる。

逆を言えば、どんなに雰囲気が良くて、料理がおいしい高級料理店でも
接客が悪ければ、2度と行きたいとは思わない。

何より、その彼女の接客がプロっぽくなく、本当にココロから
一生懸命取り組んでいる姿が伝わってくる。

久しぶりに「素晴らしいサービス」に触れることができた。
うーん、プライスレス。

ごちそうさまでした。


ポチッと一押し、応援してもらえるととっても励みになります。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

|

« ハンパない落とし物 | トップページ | アライグマのラスカル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンパない落とし物 | トップページ | アライグマのラスカル »