« 意外と見たことない角度 | トップページ | Topを替えてみました。 »

2010-06-03

人の役に立つと言うこと。

先日、ほんの数分で書き上げたBlog。
「しろつめくさ」

撮った写真からイメージしたことをさらりと書いたつもりでした。

けど、あのBlogを見て、
「自然と涙が出てきた」
「今の自分の心境にぴったりだった」
「癒された」
「勇気をもらった」
なんて、電話やメールを頂いた。

しかも、まったく見ず知らずの方からもメールが届いた。

自分の思いもよらぬところで、人の力になることができた。
誰かに伝えよう、響かせようと思った記事ではなく、
自分の気持ちのままに書いたことが響いた。

人の役に立つということは、ある意味自分の生きている意味を
感じることなのかもしれない。
ちょっと大げさかも知れないけど。

僕は今回の記事で少なくとも数人の力にはなることができた。

でも、そんな伝えたかった気持ちを伝えられなかった奴もいる。

がんばりすぎないでもいい。
辛かったら逃げればいい。
休めばいい。

あの時それをきちんと伝えることができていれば。と悔やまれる。

そして今日。彼がいなくなって2年が経つ。

人の役に立ち、感謝をされたりそれを伝えてもらえることで
それは大きな大きな活力になる。
自分でも驚くほどに。

人生に たら れば は禁物だけど、彼と逢えなくなった今
それは今でもずっと心にひっかかっている。

彼にそんな活力を伝えてあげられていれば。
彼に自分の気持ちや想いをもっと伝えていれば。

まぁ。それで結果がかわっていたとは思わない。
でも、自分を悔やむことでどこか安定を求めているのかもしれない。

自分の書いた記事の内容と、その反響。
そして、それが届いた今日。6月3日という日付。

なんか、色々なことがごっちゃになってひとつになった。
そんな感覚を得ました。

頭がグルグルしてしまうけど。それはそれでいい。

こんな夜は、綺麗な月を眺めながら物思いにふけるのもいいものです。
おやすみなさい。

|

« 意外と見たことない角度 | トップページ | Topを替えてみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と見たことない角度 | トップページ | Topを替えてみました。 »