« ピアノと別れた人もいる | トップページ | 大空を泳ぐ大こいのぼり »

2010-05-02

楽しいこと日記

ふと実家で付けたNHK。

「ようこそ先輩」
芸能人やスポーツ選手が母校の小学校を訪ね、
授業をするという番組。


今日の先生はグッさん。

元々喋りや笑いの力だけでなく、人間的に魅力的だなぁと感じていましたが。。

いやぁ 子どもたちの前で話す表情。

そして子どもたちが釘付けになるような間や話の仕方。

しゃべりのプロって意味だけでなく、本当に子どもたちに対して真剣に向き合っているのが画面からも良く伝わってきた。

ぐっさんは、
好奇心を持って
モノの見方を広く持って
そうすれば人生楽しくなるよ

そんな話を体験学習をしながら伝えていた。

その中で子どもたちが実践したこと。

その日1日で、「一番楽しかったこと」を10日間続けて日記にする。

ほんとに一言。

でも子どもたちは真剣に書いていた。

「を」がめっちゃきれいに書けた。

宿題なかった。

続けていれば、毎日ウキウキになるような気がする。

これを1年続ければ、楽しかった1年になる。

10年続ければ「あぁ俺の人生楽しかったな」って思える。

そんなグッさんの言葉は、前向きでいいなと思うのです。

そして子どもたちが気がついたこと。

楽しいことが1つでは足りなくなる

楽しいことを見つけるのが楽しくなる。


そう。まさに好奇心と積極性。

子どものそんな心を育てたい。
保育者として真剣に思う。

そしてそんな保育者になるためには、まずは自分がそんな心を持たなければならない。

最近、子どもたちとの関係性が原点から少しズレている気がする。

グッさんの話しを聞いて、また戻れる気がする。

グッさんの素敵なお話きけたこと。

そして自分の保育を振り返り、考えるきっかけを見つけることができたこと。

それが

今日の楽しいこと日記。

|

« ピアノと別れた人もいる | トップページ | 大空を泳ぐ大こいのぼり »

コメント

>Yuriさん
分かっていても、そこがうまくできない。
仕事に追われてしまう。
そんな日々の繰り返しですね。
でも、きちんとそこに気づいていけるように
ありたいものです。

お互いがんばりまっしょい。

投稿: Gacha | 2010-05-06 01:24

自分ができていないことを、子どもたちに「やりなさい」なんて言えない…。
日々の忙しさに追われていると、こういう基本的なことを忘れそうになりますよね。私も反省です。

ほんの小さなことでもいいから、毎日嬉しいことや楽しいことを見つけられる人でありたいものですね。

投稿: Yuяi | 2010-05-02 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノと別れた人もいる | トップページ | 大空を泳ぐ大こいのぼり »