« からだのメンテナンス | トップページ | 夕陽@国道16号 春日部付近 »

2010-04-29

土の蔵で珈琲をすする。

正しい休日の過ごし方。昭和の日編。

昭和の日にちなんで。昭和のかおりのするカフェに行ってきました。
場所は茨城つくば市 Shingoster LIVING

100429

閑静な田舎の住宅街に
突然きれいな緑と土の蔵が顔をだします。

本当に緑と蔵が一体化しているような趣のある建物。
年老いたおとなしい犬が画に描いたような犬小屋に住んでいました。

1Fはデンマークの家具やナチュラル系の衣類。
皮でできた靴や、作家さんの陶器がディスプレイで販売されていて、
屋根裏のような2Fで珈琲を飲ませてもらいました。

自家焙煎しているという豆は、「ブラジルです」と一声添えてだしてもらいました。
普段僕が飲んでいるような、酸味の少なく飲みやすい珈琲とは
また違うのだけど、くつろぐ珈琲というよりは、前向きにアグレッシブになりそうな
新しい感覚の珈琲でした。
すこーしほのかにある酸味がいい具合なんだろうな~。
休日にまったり飲むより、朝一番に飲みたいような珈琲でした。

実は、今日朝、いつもの一凜珈琲にいき、置いてあったOZマガジンに載っていた
お店なのです。思い立ったが吉日。。いや祭日。
車を飛ばしていってきたのです。

2Fにあがって壁を見てみると、本当の土壁。
暗くて少しぶれてしまったけれど、築約60年の土蔵だそうです。
100429c

そして天井を見上げると、素晴らしく太くて長い、一本の梁。
歴史を感じるようなすばらしい重厚感でした。

磨りガラスの窓から差し込む春の日差しが、デンマーク製の
座り心地のいい椅子とマッチしていましたよ。

100429b


|

« からだのメンテナンス | トップページ | 夕陽@国道16号 春日部付近 »

コメント

なるほどー。
こんな茶店があるとは。いつか行ってみたい!!
あー、よかった。コーヒーメーカーのコーヒー、出さなくて。
相変らず、フットワーク軽いねー。
思い立ったら祭日で行ける距離なんですね?つくば。
いいニュース(^_−)−☆

投稿: みか | 2010-04-30 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からだのメンテナンス | トップページ | 夕陽@国道16号 春日部付近 »