« 桜の下で子どもたちの笑い声 | トップページ | 至福の時間 »

2010-04-12

腰は 身体の 要 です。

新年度に入り、教室も変わり、もちろん部屋の使い方も変わった。

机が重くなったり丈夫になったり。
子どもたちの成長に合わせて、使う部屋の道具も成長するのです。

でも、そんな変化があると、身体の使い方も変わってくる。

そんなちょっとした変化。
そして折しもこの寒暖差の激しい毎日。

腰が悲鳴をあげました。「キャーcrying

何をするにも楽な姿勢がとれない。
痛みがあるから、身体をかばう。
そして、筋肉がこわばる。

うぅ。こうしてPCにむかっているのも数分が限界です。

今日は寝ます。誰か助けて。。。マッサージして。

|

« 桜の下で子どもたちの笑い声 | トップページ | 至福の時間 »

コメント

きゃー
お大事にと言うことしかできないんだけど、おだいじに。
子供一人、相手してても、よくここまでギックリこずに来れたと思う。毎日大勢の子供相手で、腰くん、悲鳴あげた? 少しゆっくりして下さい。この際、子供に年寄りをいたわる心を教えて。

投稿: | 2010-04-13 04:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の下で子どもたちの笑い声 | トップページ | 至福の時間 »