« 旅のゴールは夕陽でした。 | トップページ | 夕陽が好評だったので。 »

2010-02-09

病院の待合室で

今日は仕事帰りに耳鼻科の通院をして来た。

インフルや最近はおう吐なども流行っているので待合室はたくさんの子どもで溢れていた。

親子の様子を見ていると。

子どもの手にはDS。
母の手には携帯。

母がDS。
子どもは母の携帯でワンセグテレビ受信。

子どもは絵本。
母は携帯メール打ちまくり。
携帯の画面を見ながら子どもの言葉に相づちをうつ。
相づちうつだけマシなのかもしれないな。

どの親子にも会話がない。

異様な光景にみえた。

親子で会話をして、絵本を読んでいる親子が2組だけいた。

なんだかホッとする気持ちと切ない気持ちと。

お母さんたちも忙しいよね。疲れているよね。

でもね。

なんか寂しい気持ちになるのは僕だけなのだろうか。

|

« 旅のゴールは夕陽でした。 | トップページ | 夕陽が好評だったので。 »

コメント

>ゆかちんさん
ついに、ばばぁ。といわれてしまいましたか。。
待合室でもうひとつ気になったのがそれ。
放置なんですよね。。

子どもがソファで跳ねようが、窓を叩こうが放置。
叱るでも怒るでもない。

確かに子どもの多い待合室ではあるのだけど、一般成人の
病人もいるわけです。
「人様に迷惑をかけない」
そんな基本的ルールすらないような。。。
大人が叱れなくなってきている世の中でもあるのかな。
でも、母親だけがいけないのではないんだよね。
社会の仕組みとか、教育現場だったり、もちろん
保育園も。
社会全体が子どもたちをどう育てるのか。
大きな日本の課題なのかなと思います。
あーあ。話が大きくなってしまったので、このへんで。

投稿: Gacha | 2010-02-10 23:42

>ひろ☆Cさん
さすが。できたママですな。
本当にいい機会だと思うのだけどね。。

>Mariさん
小児科でアンパンマンか〜。
確かに子どもを待たせるにはいいのかもだけど、
何か寂しいものを感じるし、なにか小児科としての
プライドがないのかって気にもなりますね。
風邪やインフルで不安な子どもたちだからこそ、たくさん
会話してあげてほしいなんて思うんですがね。
理想と現実論になってしまうのかなぁ。と。

投稿: Gacha | 2010-02-10 23:34

ほんとに、それは何だかなぁ・・・な光景だねぇ。
傍目に見てて淋しくなるわ、それは。

うちのマンションも、夕方になると
子供そっちのけで井戸端会議しているママン達が沢山。

結構危ない遊びやってるチビスケたちも居るのに
お話に夢中になってるママン達を見るにつけ
『ちゃんと見てるのかなぁ…』と
人事ながらに心配になってしまうことが多々あるよ。

老婆心ながらに子供たちに
『あぶないよー。怪我したら、血が出て痛いんだぞー。』
と注意してみたら
『うるせー!ババー!』
って言われたりorz

そんな我がコを注意もしないママン達・・・。

トホホですよ。

投稿: ゆかちん | 2010-02-10 19:21

そういう光景はさみしいね。
最近テレビでアンパンマンを流す小児科が増えたよ。
本当にせっかく子どもとゆっくり居れる時間なのにね。

投稿: mari | 2010-02-10 08:30

私も待合室で携帯をいじることがあるけど、(あまりにも待ち時間が長い時)普段 家事なんかで子供の相手が出来ない時間を思えば、待ち時間ってコミュニケーションの機会だと思える。

だから、極力子供に関わるなぁ☆


ガチャが淋しく感じた光景‥解らないでもない。

投稿: ひろ☆C | 2010-02-09 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅のゴールは夕陽でした。 | トップページ | 夕陽が好評だったので。 »