« 路面電車が発車します | トップページ | もうすぐ1周年 »

2009-12-26

ロクセンチ「ガタンゴトン」Live

大分後出し日記になりましたが。。

そんなわけで、ロクセンチ「師走グルービン」満喫してきました。

そもそも荒川線とは。。
「Always三丁目の夕日」に出てきたような都内の路面電車の
ほぼ全路線が廃線になり、ほんの一部分だけ残った都内唯一の
路面電車です。

091226a

091226b

早稲田~三ノ輪橋を往復しており、今でもかなりの利用者がいます。
間には、大塚・王子というJRの駅もまたいでいます。
東京都が運営していて、SUICAやPASMOが使えるのは当然ですが、
実はバス共通カードが使えるのです。全区間160円のなかなかお得な
感じの乗り物。
地元の人には、「チンチン電車」なーんて呼ばれています。
発車時に必ず、「チンチン♪」って鐘の音がしてから発車するのです。

実は僕は祖母宅が早稲田にあるので、幼少時代から祖母宅に行くと
必ずこの電車に乗ってお出かけしていたのです。
お正月のイメージが大きいのです。
沿線には、鬼子母神という神社や、飛鳥山公園、荒川遊園地など、
子どもながらにワクワクして乗っていたのを今でも覚えています。

その荒川線の「車内」でLiveするっていうんですから、たまりません。
今回は粋なはからないなのか、たまたまなのか、レトロ車両。
荒川線でも1両しかない、昭和初期の東京市電をイメージした車両です。
(今年は色違いの紺が導入されているそうです)

091226c

車内はすし詰め状態ですが、なんといっても乗客はロクセンチファンのみ。
車内は一種独特の空気感で盛り上がらないはずはありません。

普段は騒げない車内。ここで「よいしょー!!」とか叫べるんですから。
もちろん叫んできましたよ(笑)

貸し切り電車なので一般のお客さんは乗れないのですが、
駅には毎回停まります。
その度に一般客は車内を「2度見」するのです。
そんな好奇の眼差しも車内から見ると笑いが起こったりして。
暖かい雰囲気のLiveでした。

ギターと山田姉さんのピアニカの音、それにナカヤンのボーカル。
でも、この音に「ガタンゴトン」という音や、「チンチン」っていう音。
周囲の交通の音がなんとも言えない感じで加わり、何故か
ひとつの音楽にきこえてしまうのです。

はるか昔、Apeが吉祥寺で路上Liveをやっていた頃、
録音したMDには、吉祥寺駅からサンロード側に渡る信号を
交通整理しているおっさんの甲高い笛の音が入っていました。
でも、これもまたいいタイミングで入っていてね。
なんか、その音を思い出しました。

大塚駅を出発し、三ノ輪橋で折り返し。
もちろんワンマン運転なので、運転手さんは三ノ輪橋で
スイッチバックします。車内を移動する運転手さんに
拍手が湧き、反対側に座ると、みんなで「おねがいしまーす!」
あの運転手さんも、拍手を受けたのは初めてのことでしょう。

091226d

師走の忙しさを忘れさせてくれる、ホントに楽しいLiveでした。
来年もやってほしいな~。

車内はこんな雰囲気でしたよ。

091226

|

« 路面電車が発車します | トップページ | もうすぐ1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路面電車が発車します | トップページ | もうすぐ1周年 »