« 道行く人を眺めながら | トップページ | 竹富島西桟橋 »

2009-06-18

昭和4年生まれのとなりに座り。

今日は、市主催のとある会議に参加。
参加者の年齢層が比較的高いこの会議、おそらく最年少参加者のようです。

今日がその会議の2回目。

夜の部は、久々にきいた「飲ミュニケーション」と題して、懇親会。
楽しそうな、おじさま・おばさまが多くいる会だし、
地域のネットワークを広げるチャンスと思い、参加してきました。

ほどなくして、委員長のおじいさまのおとなりへ。
今回の会で、一番ゆっくりお話してみたいな~と思っていた方。

70歳前後かな~と思っていたら、とんでもない。。
昭和4年生まれ。82歳。

少しお酒がすすみ、心地よさそうにビールと巨峰サワーを口にする
その紳士は、自分の人生のこと、この地域の人とのネットワークのこと、
ボランティア論、そして大好きな22時からの晩酌のこと。

ほんの30分くらいでしたが、たくさんのお話をうかがうことができました。

人生の47年先輩。

仕事をしていた期間だけでも38年。俺の人生全部でも、まだまだ届かない。
圧倒的な重みと経験。それに何かを悟っているような優しい口調。

別れ際に「ありがとう、今度うちにおいで」と素敵なお言葉をいただきました。

お酒こそ口にしなかったものの、ほろ酔いのような、いい気分で家路に
つくことができました。

握手をした、その手の暖かみと厚さ。
それだけで、人生の深さと重さが伝わってくるような感覚でした。

いい出逢いは、好奇心と一歩の勇気が与えてくれるものです。

|

« 道行く人を眺めながら | トップページ | 竹富島西桟橋 »

コメント

>ぴかほんたすさん
年齢と共に身体は衰えるものですが、
気持ちはいつまでも若々しくいたいものです。
できることなら、あんな素敵な紳士になりたいものですね。

それにしても、かっこいいですよ。
頂いた名刺にメールアドレスが書いてありました。

投稿: Gacha | 2009-06-21 01:17

若々しく生きたいものです。
高齢を思わせないような。

がちゃもきっとそんな紳士になるんだろうなぁ。

投稿: ぴかほんたす | 2009-06-19 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道行く人を眺めながら | トップページ | 竹富島西桟橋 »