« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009-06-30

アーティストPickUp!<airdrop>

Jacketbustei Jacketsodateyo Jacketdrops


もう、かれこれ、7年以上のつきあいになるでしょうか。
いや。もしかしたらもっとかも知れません。

Gachaが聴く、数少ない女性ボーカルのairdrop。

Vocal 大枝夏野子 Piano荒木健文 
という、二人組。

すっごく透明感のある感じで、ポワワーンとした感じの夏野子さん。
それでいて、描く世界はとっても生活感のある感じで、
自分の実生活とすごーく結びついてしまうときがあります。
かわいいのだけど、すごくパワーと深みのあるVocalです。

荒木さんのPianoは、見た目の通り、とっても繊細。
それでいて、グイっと引っ張られる時もあるし。
すごく楽しく弾いているのが伝わってきます。
でも、出過ぎず、夏野子さんのVocalをすごくかっこよく
引き立てています。

Gachaの長距離ドライブや寝る前のα波には欠かせない、
大好きなアーティストです。

そのairdropが、
eプラス × SUMMER SONIC presents
「出れんの!?サマソニ!?」という一般投票で上位のアーティストが
出演出来るという企画にエントリーしています。

このBlogを読んでくれている皆さんは感性がとっても近い方が
多いので、必ずや響くのではないかと思います。

登録なしでPCからでも携帯からでもポチッと出来ます。
PC版では、動画で歌声も聴けるので、聴いてみて良かったら、
ポチッとしてあげてくださいね!

<PC版>
http://emeets.jp/pc/artist/1896.html

<モバイル版>
http://emeets.jp/mobile/artist/1896.html


オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.airdrop.jp

| | コメント (0)

2009-06-29

ラーメンおおむら@吉祥寺

後出しになってしまいますが、先日の土曜日。
吉祥寺を通り、久々無性に食べたくなるお店がありました。

吉祥寺「ラーメンおおむら」です。もちろん。下車して直行。

井の頭口を下りた正面。
夜22時くらいまでやっている、カウンターだけ7席?くらいしかない
小さな小さな、中華料理屋さんです。
メニューも、ラーメン数種類と、チャーハン、野菜炒め、餃子くらい。

まあ。よくいきました。

一番よく行くパターンは、曼荼羅でのライブの直前腹ごなしでしたかね。

22時近くまでやっているので、ライブ前にチャーハン。
ライブ後にラーメンなんて時もありました。

もう吉祥寺に行き始めて10年以上経つけれど、ずっと店員のおっさん2人は
ずっと変わらず。

特に眼鏡のおじさんの、チャーハンの鍋さばが最高で、
チャーハン一人注文の時のパラパラ加減は格別です。
(2人注文になると量が増えるので、若干質が落ちる。。
なので、周りを見計らって注文!)

僕の個人的なおすすめは、「タンメン」です。
うまいですぞ。

女の子一人とかは、さすがに厳しいかも知れないけど、
行ったことない人は是非!

「おおむらの掟」
1、座ったら、注文は手早く!
2、食べたら、テーブルを拭いて、カウンターにお皿を乗せて、お会計!
3、会計済ましたらサクッと退席。

くろこげさん。Pさん。今度3人で並んでいこうぜ。

| | コメント (0)

2009-06-26

紫陽花写真その4

みんなで力を合わせて、大きな紫陽花ができあがりました。
ひとりひとりの働きで達成感を感じることができるっていうのは、
4歳児を持っているんだな~って実感しますね。

たった13人の小さなクラスなので、クラスというより、
ひとつのチームとして、「Gachaと愉快な仲間たち」として
いい1年間を過ごしていきたいな~って思います。

YMCAの仲間にしか分からないけど、このクラスになってから、
1ヶ月に1曲づつ歌っています。

4月:アドベンチャー
5月:3cm
そして、この6月。
今ヒットしているのは、「ぜったいもっと好きになる」。

子どもたちの歌声がかわいいさ~。

さて。7月は何にしようかな~。
今の候補は、ズンゴロ節。どう?

| | コメント (2)

トップページが変わったよ。

なんとなく、目が覚めてしまった夜。
気まぐれでトップページの写真替えてみた。
どうでしょ?(携帯の人はPCでみてね。)

感想求ム。

| | コメント (6)

2009-06-25

10日遅れの、HappyBirthday

今日、家に帰ると郵便局からの不在通知が入っていました。
名前を見ると、差出人は長野からでした。

素敵なお手紙と、素敵な写真集が入っていました。
今すぐ旅に出たくなるような、息をのむような風景、
きれいな陽光、暖かい陽だまり、そして厳しい寒さ。

長野県の伊那地方の風景写真でした。

長野は、僕の第2のふるさとと言っても過言ではありません。
ゆったりとした時間の流れ、暖かみのある人々、
そして壮大な自然環境。

いつか住むことができたら幸せだろうな~なんて思うこともあります。

その長野に住んでいる方が、僕のために一冊の写真集を
選んで贈ってくれた。

しかも、もう一冊は自分のために買ったんだよ。と。

自分が好きだな、いいなと思える物を、さらっと贈ってくれる。
そんな気持ちに心地よさを感じました。
ともすると、押し売りになりそうなこともありますが、
僕は贈り物っていうのは、贈る人と、贈られる人の感性の交換だと
思っています。

それが見事に一致する。

こんなに心地よいことはありません。

贈ってもらった写真集とその気持ちに感謝です。
ありがとう。

僕も、贈り物を選ぶのは大好きです。

| | コメント (0)

31歳の誕生日。

誕生日おめでとう。

僕ではありません。サザンオールスターズ。
今日、6月25日がデビュー31周年。
1978年の6月25日。世に「勝手にシンドバッド」を発表して、
31年目の日になります。

Sas

昨年の30周年を区切りに現在活動休止中ではありますが、
すごいですよね。31周年ですよ。

僕がサザンに触れたのは、忘れもしません、中学1年生の時でした。
当時、母校の中学で名物講師だった、社会科の田村治久先生から
ダビングをしてもらったのが最初でした。

その最初に聴いたのが、写真のジャケット、「SouthernAllStars」でした。
後に知ることになるのですが、この頃、サザンは1回目の活動休止をしていて、
4年半ぶりとなる、その復活アルバムがこの「SouthernAllStars」でした。

ビートルを乗り越える。

そんな意味合いが、アルバムジャケットには込められていたそうな。

当時、田村先生が大好きだった僕たちは、個人的に家に遊びに
行かせてもらっていたりしていました。

多分、当時のことを思い出すと、サザンはどうでもよかったのだと思う。
田村先生の大好きなサザンを聴いてみたい。

当時、まだCDが出始めたばかりで、僕が持っていたCDは
プリプリの「Diamonds」(B面はM)
そして、中村あゆみの「ともだち」。
この2枚でした。

田村先生にお願いして、テープを渡したところ、きれいにレタリング
(知ってるかな~、アルファベットとかを擦りつけて転写する文字シール)
をして、持ってきてくれました。

そのテープを、来る日も来る日も聴き続けたのをよく覚えています。

その衝撃はとてつもなく大きなものでした。

それから、約20年。家にはサザンの全アルバムがそろい、
Liveにもできる限り参戦していました。

始めてLiveに行ったのは、
「歌う日本シリーズ」
初めてファンクラブに入り、ツアーの初日と最終日に行くという、
それはそれは贅沢な行き方をしました。
調べてみたら、
1992.10.14  国立代々木競技場第一体育館
1993.2.5    日本武道館
この2日間でした。どうやら、高1の時だったようです。
誰といったんだっけな。。

その後も色々なLiveに行きましたが、よーく覚えているのが、
盟友ごりさんといった、1999-2000のミレニアム年越しLive。
まだ、発表前の生「TSUNAMI」を聴いたときには鳥肌が立ったのを
今でもはっきり覚えています。

そして、昨年8月の雨の日産スタジアム。
ずぶ濡れになりながら、聴いたひとまずラストのサザン。

テンションをあげたいとき、のんびり長距離ドライブをしているとき、
BGMでかけたいとき、どんな時でも気がつけば車の中でサザンを聴いています。

「デビューから一度も落ち目を知らないバンド」って誰かが紹介したのを
きいて、「そうかwobblyそれもすごいな~なんて思ったこともありました。

サザンのLiveに行くと本当に驚くのがそのファンの年齢層の広さ。

60近いおじさま・おばさまから、僕らまでの世代はもちろん、
その子どもたち、高校生や中学生も現役ファンとしている。
そんな広い世代に愛されているサザンを、これからも聴いていきたい
ものですね。

音楽に触れてから、ずっと聞き続けている唯一のアーティスト。

多分僕の、色々な感覚の根底にはサザンがいる気がします。
そんなサザンの31回目の誕生日を祝して、大好きな曲を2曲紹介しておきましょう。


| | コメント (0)

2009-06-23

もう一つの終戦記念日

今日は、6月23日。
沖縄県では、「慰霊の日」として休日に指定されています。

この「慰霊の日」、6月23日は沖縄の方々にとっては、8月15日より
重く、思い入れの強い日だそうです。

この日は、当時の組織的戦闘が終結した日とされていますが、
その終結は、司令部の集団自決という、悲しい結末です。

日本国内で唯一本土戦があった沖縄。
終戦後も1972年までは米軍統治下にあり、今でも米軍基地が
多くあり、戦争との関係は切っても切れない沖縄。

僕がこの「慰霊の日」を知ったのは6年前くらいだったと思います。
当時の同僚が沖縄県民で、この「慰霊の日」の意味と重さを教えてくれました。
僕と同い年で、直接戦争を知らない世代だけど、それでも
沖縄県民にとっては、忘れてはいけない日なんだ。
そんな想いが、表情からも伝わってきました。

同じ、日本人として、26年間知らなかったこと。
そのことを恥ずかしくも思いました。
でも、そのことを教えてくれたその同僚にも感謝をしなければなりません。

奇しくも先月沖縄を訪れた僕。

降り立った那覇空港のジャンボの横を、空軍機が轟音を立てて飛び立って
行く姿を見て、沖縄に来たってことを実感しました。

竹富島のおじいにも、本土復帰前の話や当時の話を聞かせてもらいました。

世界唯一の被爆国であり、世界唯一の平和憲法を有する日本。
この国に生まれたひとりとして、自国の文化と歴史を知ること。
戦争に対して想いをもつこと。

難しいことではないと思うのです。

自分なりの考えを持ったり、意見を発したり、行動したり。
それは難しいかもしれません。
そういうことではなくて。自分が知ること。
それが大きな意味での平和への第一歩なのではないかな。

広島・長崎だけが戦争の象徴ではなく、沖縄で起きたこと、
その沖縄の人々が持っている感情や想い。
そんなことを「知る」ことも大切なのだと。

対岸の火事にしてはいけないのだと思う。

特にこの不況や、世界情勢が不安定な中では、
余計に平和な世界ってのは脅かされるもの。

目の前にいる保育園の子どもたちが未来永劫笑って暮らせることを
祈りたいものです。

6月23日、慰霊の日。

寝る前に少しだけ想いをはせて。

| | コメント (2)

紫陽花写真その3

090623

きれいな紫陽花でしょ?

先日、子どもたちと梅雨入りに合わせて、紫陽花を折りました。
一つじゃつまらないので、飽きるまで、一人10枚くらい折ったかな。

みんなそれぞれ折り方を覚えたようで、お家でやってくれているみたい。

今日は、その中の小さな女の子が。
「はい。先生sign01あげるhappy01」って。

わざわざ僕にあげるために折ってきてくれたんだって。

うれしいよねぇ。幸せです。

今日は、とんでもなく暑かったので、自然発生的に始まった
水遊びを、大水掛け祭りに発展させてしまいました。。

Gacha先生、悪のり。

子どもも、そして僕もずぶ濡れでした。
上下着替えはあったけど、パンツの替えも常備しましょう。はい。

| | コメント (2)

2009-06-22

ザリガニ釣りにチャレンジ!

先週のことですが、3歳~5歳の3クラスを引き連れて、ザリガニ釣りに行ってきました。

歩いて20分ほど歩いた先の田んぼが目的地。

090622

田んぼに水を引く用水路に、さきいかを付けた竿を垂らして。
ひとりひとり真剣な顔でザリガニ釣りを楽しみました。

僕も前の職場でプログラムとして提供していたけど、自分がやるのは
本当に久しぶり!

いやあ。燃えました。大人げなく。

そして、大人げなく、挟まれました。一番大きい奴に。
流血ですhospital あぁ情けない。そんな傷も勲章。

子どもたちに「挟まれちゃったぞ~気をつけろ~」なんて脅しながら、
えさを入れたら動かさない!とか。
隣のお友達と糸が絡まないように。とか。
まるでザリガニ先生みたく、コツを伝授しながら子どもたちと1時間近く
楽しんでいました。

いっつも要領のよい子が、一向に釣れずにイライラしていたり。
コツをつかんで、7匹、8匹と入れ食い状態の子もいるし。

そして。。いましたよ。。。

ザリガニの動きに熱中しすぎて、頭から。

ザポーーーーーーーンwave

用水路に見事に全身浸かっておりました。
念のため着替え持って行って大正解でした。

その子の隣にいた女の子は、よっぽど衝撃的だったらしく、
その夜の寝言で、「○○ちゃんが落ちた~落ちた~」と夢で
うなされていたそうです。びっくりしただろうな~。

でも、こうして、田んぼが近くにあって、ザリガニ釣りができる環境なんて、
都内ではなかなかできないですよね。

僕が小学校の時ですら、ザリガニ釣れるようなスポットは
ごくわずかでしたから、今の都心の子どもたちから比べたら、
この子たちはすごく幸せなんだろうな~なんて感じました。

ザリガニが共食いする姿をみることも、彼らにとっては一つの経験。

家で持ち帰った子たちは、今のところ元気に育てているみたいですよ。

みんなで挑んだザリガニ釣りは大漁でした。

090622a


| | コメント (2)

「撮った写真は現像しよう」キャンペーン

今日、Gachaの携帯で相談窓口が開設されました。
相談内容は「デジカメ買いたいのだけど、どれがいいかな~」でした。

相談者は、デジタル1眼レフも持っている素敵な人。

なんでも、今まで使っていたコンデジが壊れたとのこと。
使用用途や、購入のポイントにしたい要素などを聞き続けて、
最終的には、Ricoh CX1 にきまりました。

本人には、あえて言わなかったけれど、今Gachaが一番欲しいコンデジ。
それを、先を超されて、やや悔しい気分。

そんな自分も、デジカメを購入して、早数年。
現存の最も古いデータは、2003年の8月。
四国で波にデジカメがかっさわれた時の写真が残っていました。

デジカメの写真ってのは、旅の写真をのぞいては、ほとんどが撮って、
そしてPCの画面上で見て満足。

でもね。やっぱり写真ってのは紙に焼いてなんぼだな~と、
この沖縄旅行を通して改めて思いました。

フイルム写真の頃は。。。
フイルム代が、36枚撮りで大体¥400。
同時プリントが大体¥1000。
んで、そのアルバムの代金なんか入れたら、1本で約¥2000。
つまり、写真1枚につき¥50くらいの経費がかかっていた訳だ。

でも、今の時代。
PCでデータを送れば、焼いて送付してくれる。
もちろん、デジタルデータだから、ランニングコストは¥0。

写真もL判なら、1枚¥12。 安いよね。

100枚焼いても、\1000ちょいです。

デジカメ使っている皆さん。
積極的に焼いてみましょう。

ってなわけで、僕は少しづつ実践していこうと思います。

最近使っている現像屋さんは、こちら。



フジフイルム純正仕上げで焼いてくれます。
現像の質も高く、いいですよ。安さと質の両立でいい感じです。

| | コメント (0)

2009-06-21

2009紫陽花写真集

先日、紫陽花の咲き乱れる素敵な場所に行ってきました。

090621
Pentax A30 ISO:100 F:2.8 SS:1/160 8mm

090621_1
Pentax A30 ISO:100 F:2.8 SS:1/200 8mm +1.0EV

090621_2
Pentax A30 ISO:100 F:2.8 SS:1/160 8mm +1.3EV

090621_3
Pentax A30 ISO:200 F:5.4 SS:1/125 24mm +0.3EV

090621_4
Pentax A30 ISO:100 F:2.8 SS:1/60 8mm +0.3EV

090621_5
Pentax A30 ISO:64 F:8.0 SS:1/160 8mm

みなさんはどの色が好きですか?

僕はやっぱり青系が好きだなぁ。と
撮った写真を整理して痛感しました。

| | コメント (4)

2009-06-20

やった♪完成っ!

やった♪完成っ!
沖縄の旅の想ひ出がようやく形になりました。

全部で312枚の写真。

人に見せられるような、素敵写真は少ないけれど、
旅の記録としては満足の行くアルバムになりました。
おやすみなさ−い

次はこの中から20枚くらい厳選した写真集をつくりたいなぁ。。。

| | コメント (2)

2009-06-19

竹富島西桟橋

小出しにしていきますって言って、2回目。
今日は竹富島の、西桟橋。
かつては、稲作をしていた西表島から船で米を荷揚げするために
利用されていたそうです。

有名な夕陽スポットだけど、朝は朝で心地のよいブルーが広がっていました。

090619


090619a_5

バイクのおじさんとの、ほんの1.2分の時間も素敵な朝でした。


| | コメント (0)

2009-06-18

昭和4年生まれのとなりに座り。

今日は、市主催のとある会議に参加。
参加者の年齢層が比較的高いこの会議、おそらく最年少参加者のようです。

今日がその会議の2回目。

夜の部は、久々にきいた「飲ミュニケーション」と題して、懇親会。
楽しそうな、おじさま・おばさまが多くいる会だし、
地域のネットワークを広げるチャンスと思い、参加してきました。

ほどなくして、委員長のおじいさまのおとなりへ。
今回の会で、一番ゆっくりお話してみたいな~と思っていた方。

70歳前後かな~と思っていたら、とんでもない。。
昭和4年生まれ。82歳。

少しお酒がすすみ、心地よさそうにビールと巨峰サワーを口にする
その紳士は、自分の人生のこと、この地域の人とのネットワークのこと、
ボランティア論、そして大好きな22時からの晩酌のこと。

ほんの30分くらいでしたが、たくさんのお話をうかがうことができました。

人生の47年先輩。

仕事をしていた期間だけでも38年。俺の人生全部でも、まだまだ届かない。
圧倒的な重みと経験。それに何かを悟っているような優しい口調。

別れ際に「ありがとう、今度うちにおいで」と素敵なお言葉をいただきました。

お酒こそ口にしなかったものの、ほろ酔いのような、いい気分で家路に
つくことができました。

握手をした、その手の暖かみと厚さ。
それだけで、人生の深さと重さが伝わってくるような感覚でした。

いい出逢いは、好奇心と一歩の勇気が与えてくれるものです。

| | コメント (2)

2009-06-17

道行く人を眺めながら

道行く人を眺めながら

僕の家の近くにはスタバがありません。

田舎なもので・・・

そういえば、前住んでいた茂原にもなかったなぁ
あるのはオートバックスだけでした。

今日は、沖縄写真の焼き増し注文をするために、大宮まで来てみました。
ふと珈琲が飲みたくなり、スタバへ。

考えてみたら大宮でスタバは初めてでした。
なかなか、飽きのこない眺めのいい席でした♪

最近のお気に入りは、カフェミスト。
「本日のコーヒー」に、ミルクが入って、フォームミルクものります。

それって「カフェラテ」じゃないの?って思う人もいるかも知れませんね。

カフェラテは、エスプレッソ+ミルク
カフェミストは、ドリップコーヒー+ミルク なのです。

つまり、カフェミスト=カフェオレ+フォームミルクって感じですね。
今日は、「ハウスブレンド」だったので、ミルクとの相性ばっちりでした。

| | コメント (0)

2009-06-15

22通のありがとう。

今日1日で、22通のすてきなメールをいただきました。
「たんじょうびおめでとう」と。

石垣島から。

長崎から。

舞鶴から。

滋賀から。

長野から。

青梅から。

もちろん、東京・千葉・埼玉からもいっぱい。

毎年、1年づつ誕生日を迎えることの喜びと、
多くの仲間が祝ってくれる喜びを感じます。

ある親友は、20回目の誕生日を目前にして、この世を去りました。

彼と同い年の僕が、こうして33回目の誕生日を生きて迎えることが
できたことを感謝しなければなりません。

祖父母に、両親に、家族に。

支えてくれて、背中を押してくれた多くの仲間に。

今日届いた22通の「誕生日おめでとうメール」は、僕の財産です。
22通のおめでとうは、僕にとって、かけがえのない「ありがとう」です。

もう、そろそろ年貢の納め時ですね。

なんてメールも多かったけど、やっぱりうれしいものです。
みなさん。本当にどうもありがとう。

そして、今日から33歳として、新たな道のスタートです。
090615


| | コメント (4)

2009-06-14

霧の妙高高原

色々書きたいことがいっぱいありましたが、ホント有意義で楽しいCampでした。詳しい報告や、書きたいことは後日として、今日は眠いのでもう寝ます。

おやすみなさーいsleepy

よい−ゆ−めを−note

霧の妙高高原

霧の妙高高原

| | コメント (0)

2009-06-12

あいつとの再会☆

あいつとの再会☆

残り1~2編成と言われている中央線201系

まさかまさか、今日見られるとは!!
西国で特別快速として通過して行きました。
興奮しすぎて、指が入っている。。


あいつとの再会☆

それにしても国立駅も様変わりしてしまいましたね。。。

この資材置場のあたりが三角屋根だったんだろうなぁ
寂しいものです。

| | コメント (2)

あらっ綺麗な夕陽☆

あらっ綺麗な夕陽☆
今日はこれから久しぶりにYMCAのリーダー会に参加っ。

武蔵野線から綺麗な夕陽がみられました〜。

| | コメント (0)

2009-06-11

紫陽花

今日は、雨降りでしたが、職場から帰る頃には晴れ間がのぞいていて、
きれいな紫陽花をたくさん見ることができました。

090611
Pentax A30 ISO:200 F:2.8 SS:1/50 8mm

090611b
Pentax A30 ISO:100 F:2.8 SS:1/100 8mm +0.3

090611a
Pentax A30 ISO:200 F:2.8 SS:1/80 8mm

090611c
Pentax A30 ISO:200 F:2.8 SS:1/80 8mm


| | コメント (0)

2009-06-10

銀塩で撮ることの意味。

ご存じの通り、先日、沖縄に行ってきました。
まあ、沖縄と言っても、本当は素通りして、石垣島・竹富島の3泊4日。

旅行の荷造りをする上で、一番迷ったこと。

それは、どのカメラを持って行く?ってことでした。

僕は現在、常時使用としては4台のカメラを持っています。

Pentax K10D
 言わずと知れた、デジタル1眼レフカメラです。

Pentax A30
 鞄にいつも入っている、コンパクトデジカメ。
 思いつきでカシャカシャと撮っています。

Ricoh GR10
 プロのカメラマンも、ポケットに入れていたという、
 コンパクトなフイルムカメラ。ただシャッターを押すだけの
 シンプルカメラですが、レンズ性能が異常に高く、すばらしい
 写真が撮れます。

Pentax MZ-S
 K10Dを買うまで、それはそれは、よく使っていた、Pentaxの
 フイルムカメラ(35mm)では最上位機種でしょう。
 ライブでの活躍のために、交換レンズも多くあり、今まで通算
 440本のフイルムを撮りました。
 ほとんどが36枚撮りなので、枚数にするとすごいことになります。

旅をする上では、コンパクトなカメラがいい。

でも、沖縄にいけば色々な人や自然との出会いがあるだろう。

そんな中選んだのは、フイルムカメラの、MZ-Sでした。


僕は、旅というのは、一期一会の積み重ねだと思っています。
自然と、場と、土地と、人と。
そんな様々な要素が重なったときに、1枚のいい写真が撮れる。

デジカメは、その一瞬や出会いの瞬間に、構図の確認や
撮れ具合の確認がすぐモニターでできる。
枚数の制限なしに、いくらでも写真が撮れる。
それはそれはすばらしいことです。

でも、旅先で、すばらしい風景や人に出会い、シャッターを切るたびに、
モニターをのぞき込む自分の姿を想像すると、何かちがうな。。。
と感じました。

気持ちを込めて、シャッターを切る。

090610a

その時の気持ちが、フイルムに記憶され、それが今日、写真としてあがってくる。
その写真を見るときのドキドキ感はたまりません。

おおげさかも知れませんが、母から生まれてくる、我が子を見る瞬間のような
ドキドキ感。(味わったことはないけど。。。)

でも、その1枚1枚には、その時々の気持ちや想いや、感動が詰まっているんです。

それをあける瞬間の喜びというのは言葉では言い表せません。

銀塩写真には、気持ちや空気も写し込める気がします。
以前、「Gachaの写真には空気感があるよね」って誉めてもらったことがあります。
そんな写真を撮るために、持って行ったフイルムカメラ。

選択は間違っていなかったようです。

090610


| | コメント (2)

9人の堀北真希

9人の堀北真希

ついに沖縄旅行のFilm写真が届きました。
全部で、9本。

36×9ですから、324枚。

3泊4日ですから、1日平均、80枚。

まぁ。よく撮りました。

現像と同時に、デジタルデータに変換もしているので、
Blog上で、少しづつ小出しにしていきたいと思います。

こうご期待camera

| | コメント (0)

2009-06-08

俺、お疲れさまっ☆

俺、お疲れさまっ☆
ちょいと無茶をしてしまった日曜日。

明けてそんな月曜日はだるいわけで。

でも1日意外と元気にがんばれました。

そんな自分にご褒美。

illyでおしゃれ珈琲、心地よいです。

| | コメント (2)

日曜日なのに・・・

Imgp0983

こ−んな感じbeer

まっ たまにはいいかっ!
た−のすぃ−ねhappy02

| | コメント (3)

2009-06-07

ごりハープ

ごりハープ
かっこええわ

それにしても、ナゼYairi?

| | コメント (0)

ごりら~めん(味噌つけ麺)

ごりら−めん

ここは、ねこじたゴリラ堂。

ふらりと来た僕に、店主はとびきりのごちそうを振る舞ってくれました。

うまいっ!まぢで美味い☆
惚れ直しましたよ。

おっさん。気持ち良く酔っ払って、心地よくギター弾いておりました。

Imgp0982

ねこじたゴリラ堂。

しばらく行かないうちに、外壁は白くなり、綺麗な花がたくさん咲いていました。

Imgp0966

がんばれっ店主。

| | コメント (0)

2009-06-05

雨の似合う奴

雨の似合う奴
雨の似合う奴
まだ梅雨入りはしていないみたいだけど、今日は6月らしいシトシト雨。

紫陽花は僕の大好きな花。
花の少ない梅雨時に、そ−っと咲く花。

バラやひまわりのような、華やかさや、派手さはないけれど、独特の存在感がある。

かといって、主役のような存在感ではなく、名脇役のようなそんな優しい雰囲気。

そんな紫陽花が咲き誇る雨の日。

思わず車を停めてしまいました。

| | コメント (2)

ハリウッドスターだ!

ハリウッドスターだ!
な−んて かっこいい手形。

バケツ稲の土づくりをした、年長さん達の手形。

これを流さないで、乾かしてしまうあたりセンスいいですよね−っ☆すてき

園長は「浅草演芸場」って言ってました〓

| | コメント (2)

2009-06-03

忘れられない日

忘れられない日

6月3日。

1年前、僕にとって、恐らく一生忘れることのできない出来事が起きた日。

辛かったけれど、1年が経ち、なんとなく整理がついたような気がしてきた。

そんな自分の気持ちを確認するかのように、僕は仕事を終えると、思いついたように車を走らせた。

千葉県銚子までの片道170km。

着いたときには彼の墓前は真っ暗だった。

夏らしい青い花とひまわり、そして紫陽花をたむけ、2杯の珈琲で乾杯。

20分くらいだっただろうか、色々な話をして再会を約束して別れた。

帰りの車は眠くて眠くて辛かったけれど、何かすっきりしたような気持ちと、やり場のない怒りのような気持ちとが入り交じっていた。
でも、行ってよかった。

一人で走った340kmのドライブもいい空間だった気がする。

ありがとう。また来るよ。

| | コメント (0)

2009-06-02

レッツ遠足☆

レッツ遠足☆
今日は、子どもたちと待ちわびていた春の親子遠足っ!

嫁さんのいない僕はセルフお弁当なり

本日の献立は

十五穀米
豚のしょうが焼き
ポテトサラダ
オイキムチ
デザートはさくらんぼ

我ながら上出来(^^)v

沖縄の梅雨も吹き飛ばした、晴れ男Gacha先生。

いってきま−すっ

| | コメント (9)

2009-06-01

蓮田の空も悪くない。

今日は、現実世界復帰1日目。
少し、早起きだったせいもあり、ちょっときついかなと思ったけれど、
思いの外、心地いい1日でした。
なんだろうね。心に余裕がある感じってのかな。

帰り道、ふと立ち寄ったショッピングプラザの屋上から。

090601a

090601b

沖縄の空もいいけど、蓮田の空も悪くないでしょ。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »