« 3cmについて | トップページ | 450gハンバーグっ! »

2009-05-19

君は一生懸命生きているか。

ふとテレビをつけた番組の中で、生物学の学者さんが
興味深いことを言っていた。

言葉は、うる覚えですが、趣旨はこんな内容でした。

自然界の動物同士が争い、食い食われるようなシーンのVTRを
大学生に見せていると、時々
「動物たちはどうしてこんなに一生懸命生きているのか分からない」
と聞いてくる学生がいるという。

そのとき、その学者さんはこう答えるようにしているらしい。

弱肉強食のピラミッドで成り立っている自然界では、
一生懸命でない奴は生きていられないのだ。と。

一生懸命でない奴は、生きられないから、見ることができないのだ。と。

そして、もうひとつ付け加えるらしい。

生物学的に、人間は一生懸命でなくても生きられてしまう希少生物だ。
一生懸命やらなくても生きていけるのは、
それは誰か別の人が、あなたのことを支えてくれているからだ。
と。

先日の男二人飲み会や、ゴリさんとの海ドライブでもこんな話題で
話していたのを思い出した。

それは、最近の大学生とか若い子達が(あんまりこういうくくり方はしたく
ないけど、総論として)、深くてウェットな人間関係を築くのが苦手なんじゃないかと。
そして、俺たちは、ディープで深い人間関係の方が好きだけどね。
っていう、至った結論も同じだった。

草食男子なんて言葉を耳にするようになったけどさ。
だいたい、そんな言葉で若者をくくって、批判している人たちは
大体その草食男子の親世代だったりする。
そもそも、草食動物だって、一生懸命激しく生きているさ。

そんな草食男子を生み出してしまったのは、親たちだったり、学校だったり
社会だったりするわけで。まぁ。無責任な言い方だよな。って思うのです。


いやね。そんなことを批判したわけでもなく、草食男子を批判するのでもなくて、
俺も、もうちょっと、一生懸命生きて、もっと一生懸命な人間関係を築いていきたいな。

そんな風に思いなおした夜でした。

僕の周りの方々、これからも深い仲間としてウェットにディープにいきましょうや。

|

« 3cmについて | トップページ | 450gハンバーグっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3cmについて | トップページ | 450gハンバーグっ! »