« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009-05-31

夢の旅、閉幕。

夢の旅、閉幕。
実は沖縄にくること。夢でした。

僕は、昔から沖縄の友達が多い。

しかも深く大切な友人だ。
その一人、ゴーヤこと比嘉くん。

彼の生き方、考え方、そして沖縄という故郷を想う気持ち。
そんな気持ちに惚れ込んでいました。

彼の話を聞いていると、沖縄は故郷ではなく、祖国なのではないかと感じる程でした。

都で一旗あげる

故郷に錦を飾る

なんて言葉があるけれど。
彼は東京で、大きな大きな旗をあげて、
沖縄魂を東京で広げ、
それをいつか沖縄に持って帰る。

そんな想いを感じていました。

沖縄県人の友人はみんな口を揃えて言いました。

いつか帰る。と

そして彼らにもう一つ共通していることは、
沖縄出身者であることに誇りを持っていること。

東京生まれ、東京育ちの僕は様々な地方出身者の友人がいるけれど、
この「誇り」という点では一番な気がします。

そんな彼らの故郷が見てみたかった。

そんな沖縄県人の友人が増えるのと比例するように、
沖縄の音楽と文化に興味を持つようにもなりました。
BEGINや夏川りみのライブに行き、
日比谷の野音でやっていた琉球フェスタにも通いました。

そして、極め付けはエイサー講座への参加。

さすがに三線は弾けないけど、沖縄への想いは強くなる一方でした。

でも、今まで機会に恵まれず、エセ沖縄ファンでした。

でも降って湧いたような、今回のはるの挙式。

旅行と挙式、気が付いたらどっちがメインかわからなくなっていたけれど、
そんなことには、はるも怒らないでしょう。

いやむしろ、俺が本島や石垣島を飛び越えて、
竹富島に2泊してしまったあたり、

「しめしめ、Gもハマったな」

って想っていることでしょう。

一人旅だったこともあり、仲盛荘のおじいをはじめ、
多くの方々と知り合うことができました。

いちょりばちょ−で−
(袖触れ合えば兄弟)

縁は円をつくる

両方とも比嘉くんに教えてもらった、大切なことばです。

沖縄を旅していて、僕のなかにもどこかに沖縄の血が流れている・・・いや、ちょっと言いすぎかな。

でも、もしかしたら前世が沖縄だったのかもしれない。
そんな感覚を得ました。

縁を一番大切にして。

逢った人には、声をかけて。
感謝の気持ちは言葉に出して。
カメラをコミュニケーションツールにして。

おかげで、このブログでもみんなに十分伝わっていると想うけど、
いい旅ができました。

沖縄で出逢った、全ての人と、
このブログを通して見守ってくれたみなさんに
大きな声で感謝です。

ありがとう。

無事に羽田に着いて、今、大宮行きのリムジンバスの車内です。

さあ!明日から、元気百倍になったGacha先生。

沖縄で得た力を子どもたちに還元しますぞ!!

| | コメント (0)

グリーングリーン!エメラルドグリーン

グリーングリーン!エメラルドグリーン
グリーングリーン!エメラルドグリーン
ここは川平湾。

1日目に廻りきれなかったけど、快晴の今日来てよかった☆

見てください、携帯カメラでもこの色。

しばし見とれてしまいました。

ここは、貴重な魚や珊瑚礁が多いらしく、遊泳禁止。
だからこそ、この綺麗さを保てるのかも知れませんね。

ブラブラ歩いていると、昨日の挙式の新郎、久男さんとバッタリ!

京都から来ていたお仲間とみんなで歩いていました。
ご挨拶もできたので、この川平湾を最後に空港に向かいます。

名残惜しいけど、車の窓から入ってくる風をいっぱいに感じて、東京に向かいます。

| | コメント (2)

海を守る

海を守る
僕は大好きです。

特に真っ白い灯台。

岬の先にそびえ立つ、灯台。

あの立ち姿が何ともりりしくて、大好きです。

そして、昼間見るときれいで閑かなのだけど、
灯台は船乗りにとっては命綱のようなもの。

この灯台は、御神崎っていう断崖絶壁に立っている。
緑の絨毯が続く道を抜けると、突然崖があらわれて、そこに灯台がある。

灯台の袂には、僕が生まれた昭和51年に遭難した、
八重山丸という船の慰霊碑が、そして、その前には海の守り神の像が向き合うように建っていました。

沖縄にとって海は、かけがえのない大切な場なのだと思います。

| | コメント (0)

唐人墓

唐人墓
1852年 中国人労働者400人あまりが、
アメリカへ向かう船内で残虐な行為を受け、暴動を起こした。

そして石垣島沖で座礁。

石垣島に上陸したものの、米英の追っ手に大量殺戮をされた。

この中国人労働者の墓が、島内に点々とあった。

それぞれの場所だが石垣島の人々の
人道的なはたらきにより、丁寧に葬られていた。

これを、改めてひとつの場所にしたのが、この唐人墓。

考え方によっては、石垣の人にとっては異国同士の争い。
ある意味対岸の火事。

しかし、色鮮やかで石垣や沖縄の様式ではなく、
中国の様式を取り入れた、この墓を見ると、何か沖縄にある、

人を大切にする気持ち

そんな考え方の根底がかいま見えたような気がしました。

青空とまわりの緑と合わさって素晴らしく綺麗に輝いていました。

| | コメント (2)

驚きの光景

今日の朝はちょいと寝坊気味、昨日遅かったせいもあってか、ちょいと疲れ気味。

今日は最終日。
石垣島西部をのんびりドライブします。

驚きの光景

さてさて、何だと思います?
この黄金色

今日は5月31日。

なのに、この黄金色の絨毯。

自分も目を疑いましたが、稲穂なんです。

なんでもこのへんは、正月に田植えをしてしまうんですってぇ。

超早場米なんて呼び方もあるそうで、こんなところでも石垣にきたんだな−なんてことを感じました。

今日はとびきりいいお天気で暑いです。

日差しも厳しぃっ!

| | コメント (2)

2009-05-30

働きもんの兄弟

働きもんの兄弟

3日間本当におつかれさまでした。

二人とも個性は強いけど、いい相棒です。

明日は最後の1日、もう少しだけ働いてもらいますわ。

| | コメント (0)

沖縄的 祝宴

沖縄的 祝宴

沖縄的 祝宴

沖縄的 祝宴
行ってきました、沖縄的結婚披露宴。

テーブルに並ぶ全てのビールが「祝オリオン」
オジー自慢のオリオンビールで乾杯です。

三線の民謡あり

琉球衣装あり

地元の方々は、かりゆしウェアを見事に着こなして。
こちらでは正装にあたるみたいです。

はるらしい、笑いあり、涙あり、大爆笑あり、変顔あり。

でも、それが「はる」

はるが、はるらしく、いつも通りの「はる」でいてくれたこと。
それが何より幸せなことでした。

すごく綺麗でした。

暖かい仲間と、大切な家族に囲まれて、素晴らしい式。

テーブルで3組の夫妻に囲まれて、
ちょいと肩身の狭い独身貴族Gだったけど。

また幸せのおすそ分けをしてもらいました。

幸せになっちゃえよ−っ!

| | コメント (4)

竹富島に別れを告げて

竹富島に別れを告げて

竹富島に別れを告げて

夜は西桟橋で風に吹かれて、夜中は宿の前でたたずんで。

綺麗な天の川と、空高くあがるさそり座の姿にうっとり。

朝食前に最後の散歩をして、おじいと固い握手。

忘れられない3日間になりました。
今日はこれから親友はるの結婚式。

いきなり現実世界にカムバックだけど、
カメラをK10Dに持ちかえて、晴れ姿をおさめてきます。

| | コメント (0)

2009-05-29

仲盛荘のとりこです。

仲盛荘のとりこです。

仲盛荘のとりこです。

だってこんな素敵で、お茶目なおじいの宿ですよ。

心地良い空気が流れています。

おじいの手にあるのは、夕顔の実だそうです。
「冬瓜より水気ないからうまいさぁ」って教えてくれました。

夕食もおじいは泡盛片手に、竹富の歴史を、漁の仕方を、島の生活事情を、
そして酒飲みの分類の仕方を教えてくれました。

おじいに始まり、おじいにおわる。

そんな素敵な1日でした。
おやすみなさい。

今日もお付き合いありがとうございますm(__)m

明日は結婚式のため、更新ペース落ちるでしょう。

この旅もようやくメインイベント、そしてラストスパートですっ!

| | コメント (2)

なぜか今日も竹富泊

なぜか今日も竹富泊

↑通算成績
フイルム5本、デミタス2本、貝1、珊瑚破片1

さてさて2日目を終えて、色々あり 気分変更。

一人旅の醍醐味です。
竹富延泊にしました。

もう1泊して、夕陽と星空にリベンジをかけます!

| | コメント (0)

相棒です

相棒です
完全になついてくれました。

なぜ?

| | コメント (2)

努力家

努力家
その根性 気に入りました。

| | コメント (0)

緑のトンネルを抜けると

不安になるくらいひたすらの真っすぐ道。

緑のトンネルを抜けると

色とりどりの蝶が飛んでいる緑のトンネル。

緑のトンネルを抜けると

そこを抜けると。
猫が出迎えてくれました。
ここはアイヤル浜。

人のいないプライベートビーチ状態です。

あんまり気持ち良いので入水してみた。

緑のトンネルを抜けると

| | コメント (0)

青空写真教室

おじいとの素敵タイムを終えて、一人旅再開☆

島を半周して、星砂で有名なコンドイ岬へ。
星砂はそこそこに、ここは思わず長居してしまいました。

浜辺に木陰があるのです。

青空写真教室

5月といえど、日差しは強烈。
女の子みたいなことは言いませんが。。
多分すぐ火傷状態になりそうな紫外線です。暑いしね。

んで、この木陰でのんびりまったり。

ごつい1眼を持っているせいか、「シャッター押してもらえますか?」ってよく声がかかる。
ちょいと構図を工夫してあげるだけで大喜び。

ふふん☆と気を良くしていると、「あのぉ」と。

声をかけてくれたのは、素敵レイディーふたり。
大阪で元同僚だったというふたり旅。

木陰に座って何をするでもなく、お茶を飲み、猫とたわむれていたふたりは
雰囲気だけで仲良しさんなんだなって伝わってきました。
二人の悩みは、海の青と木陰の緑を両方撮りたいのに、うまくいかない とのこと。

ちょいとカメラマンっぽく言うと、暗部と明部の差が大きく、露出がいいところで決まらないのです。

この物理的条件は、なかなか厳しいのです。
慣れない富士フイルム製のデジカメを、ああでもない、こうでもないと使って、
ようやくそれなりの写真が撮れましたよ。

すっかり木陰でまどろんでしまった3人は、それからもカメラ談義やどこからきたの−?
なんて話で楽しい時間を過ごさせてもらいました。

カメラは表現道具としてだけでなく、コミュニケーションツールとしても使えるんです。

二人の素敵な笑顔に感謝です。ありがとう☆

| | コメント (4)

食後のお供

朝ご飯を食べ、おじいのお供をさせて頂いた。

山羊へのえさやりと、畑仕事。
山羊は大きくなれば雄だと4~5万で石垣で売れるそうな。

昭和2年生と言ってたおじい。
現役83歳。

電動チャリにまたがりカメラを向けると、「よそ行きの顔せんとな〜ピース!」だって。
素敵すぎます。

島で3つある集落のこと

その集落対抗の運動会のこと

その運動会で40m走に出場したこと

んで、1位をとって6点もらえたこと

いっぱいお話してくれました。

畑もトマト、ゴーヤ、人参、茄子、モロヘイヤ、ねぎなどなど それはそれは立派な畑でした。
そして何より道具がピカピカに手入れされていること。

豊かに歳を重ねたいものです。

| | コメント (0)

世界一の贅沢

世界一の贅沢
海デミ(しかもHOT☆)@西桟橋

嬉しかったのは地元のおじさんとの出会い。
このおじさんは、毎朝缶コーヒーをここで飲んでから仕事に向かうんだって。

「ここ、いいだろ?」

いいです。さいこ−ですっ。

| | コメント (0)

れ?

れ?
何かの暗号か?
しかもとなりにはY。。

| | コメント (0)

早起きは3「枚」の得

早起きは3「枚」の得

早起きは3「枚」の得

早起きは3「枚」の得

保育園での勤務も2年目

それまでの9年間の社会人生活は夜勤のあるお仕事でした。

しかし去年の4月から毎日「日勤生活」。
会社員からしたら当たり前だけど、この変化は本当に大きなものでした。
(ば−るさんなら分かってくれるはず!)

そんな日勤生活も2年目になり早起きがやっと習慣づいてきました。

まして、人工の音が一切聞こえない、鳥の声で目覚める朝。
野辺山の駐在小屋のような朝でした。

まだ間に合う!って思い、東側の港のある海岸へ。

早起きはいいものですね。

| | コメント (0)

2009-05-28

1日の終わりに@竹富仲盛荘

竹富の夜
4時起床でこの時間までよくがんばりました。

自画自賛。

竹富島の夜は、人工の音が一切聞こえない、そして降ってくるような星空に囲まれた夜となりました。

高台に登ると、石垣島の明かりが光っています。
船でたった10分なのに、大きな大きなギャップです。

僕は竹富の方が断然好きですが、一方で生活にもギャップがあるように感じます。

人の気配のない、廃屋が結構たくさん目に入ってきました。

観光視点と住民の生活視点。
両方が垣間見れるような、のんびりした旅をして、日々の糧にしたいと思います。

今日は、大量の細切れブログにお付き合い頂きありがとうございました。

おやすみなさい

| | コメント (2)

まだまだ太陽は高い

まだまだ太陽は高い

まだまだ太陽は高い

竹富島の西桟橋にチャリ漕いで来てみました。

地元のおじさんに話をきいたら 昔、西表島で米を作っていた頃ここから荷揚げしていたそうです。

今は干潮だけど、潮が満ちて青空になったらたまらないだろうなぁ と
よだれがたれそうなカメラマンGachaでした。

ブログは携帯カメラで記録がてらアップしてますが、今回の旅はフイルムカメラにしてみました。
なんか旅の一期一会にデジカメ使うのは、ダメな気がして・・・

えぇ 古いアナログ人間ですから。

| | コメント (4)

そして離島へ

そして離島へ
今日はこれから竹富島へ行って、1泊です。

今日のお宿は、地元民おすすめの仲盛荘

竹富島で牛車ツアーをはじめた方がやっているそうです。

今日は俺ともう一人だけだということなので、夕食がたのしみです。

ごりさん。竹富島で逢いましょう 実践してきます!

| | コメント (0)

石垣島探険中

石垣島探険中

石垣島探険中

古びたPASS0(パワーなくて大嫌い)に乗り込みあてもなく探険中です。

意外な発見は石垣島は意外と山が多いのだということ。

段々暑くなってきました。

| | コメント (2)

那覇空港到着

那覇空港到着

気流が乱れまくっていて、太平洋上は右に左に上下に・・・
ジェットコースターのような機内でした。
鬼太郎続出でしたよ。

那覇はさわやかな曇り空です。

旅客機の横を軍用機が飛んでいます。
僕の乗っていた飛行機がタッチダウンすると、真横を4機の戦闘機が飛び立っていきました。

あぁ沖縄に来たんだなぁと実感してしまいました。

これから乗り継いで石垣島です。

今回は土曜日にある、親友の挙式に参加するための一人旅です。
スタバ沖縄タンブラー欲しい人は、携帯にメールください。
ここにカキコしてもダメですよ。

| | コメント (0)

しばらく旅に出ます。

しばらく旅に出ます。
探さないでください。

雨の羽田もいいですね。

空の上でカフェミスト。

想像するだけで幸せです。
平日なのにごめんなさい

2ヵ月分の代休消費です(^^)v

| | コメント (3)

2009-05-27

焙煎家

ふとテレビを見ていたら、京都の「焙煎家」が紹介されていた。

焙煎一筋で家族も支えている。

しかも連絡先は一切明かしてない。

知らない人、逢ったことない人に豆を売りたくないのだと。

焙煎家

井の頭公園の畔にも、標さんという焙煎家がいた

午後は電圧が安定しないから、焙煎は午前中に行うという職人でした。

今は亡き標さんの珈琲の味は今でも忘れられない。

京都の焙煎家は番組の最後にこんな言葉を残していた。

「珈琲はおいしくなければ意味がない」

この職人 本当に珈琲を愛しているんですね

仕事に対して、プライドと愛情を持ち、その上、商品を届ける相手に対しても愛情を注ぐ。

プロフェッショナルの姿は美しい。

| | コメント (0)

2009-05-24

「Doナツ」ワークショップに参加☆

僕がここ数年で出会った中で、「超」がつくくらい、エネルギッシュであつい男。
矢生秀仁くんが主催する、Doナツ

埼玉県内を拠点として、全国の保育園、幼稚園、小学校などへ
ワークショップを出前しているのだ。

まぁ、彼のパワーといったら、すごいですよ。
あついを超えて、若干あつくるしいくらいの、ナイスガイです。

以前から、彼の活動に何らかの形で参加して、サポートできたらいいな~
と思っていましたが、かれこれ数年が経ち、ようやく実現しました。

今回のワークショップは、小学校の体育館を利用し、地域の子ども会が一同に
集まり、140人規模のワークショップを行うというもの。
僕はカメラマンとしての働きを与えてもらいました。

タイトルは
「ぼくのわたしの夢の街の地図」
090524

超巨大な小学校周辺の地図へ、自分の作った「街のパーツ」を貼っていく。
090524z
でかいでしょ。

090524a

090524b_2

090524c

建物、学校、ビル、塔。
人や、動物、植物、池。
商店街や遊園地までできあがってきました。

超巨大な空白の街が、子どもたちの手で作り上げられていく様子は圧巻でした。

やってはいけない。
~を作らなければならない。

なんていう、学校みたいなルールはこの街にはない。

子どもたちがのびのびと楽しく過ごせる街ができあがりました。
090524z_2

Gachaお気に入りはこれ。
090524y

ユーホって。。happy02

このDoナツ。
今後がもっともっと楽しみです。

出前を頼みたい!うちの学校でもやらせてみたい!
気になった方は、こちらへどうぞ。

Doナツワークショップレポート

| | コメント (2)

2009-05-23

つくばさんにこんにちは

6月2日に控えている保育園の遠足に向けて、個人的に下見をしてきました。

場所は茨城県立自然博物館
何げにドライブで埼玉−茨城は真横ルートなので、一般道で1時間程度で着いてしまいました。

なかなか見応えのある立派な施設。

4歳児の子どもたちが、大興奮しそうな展示がいっぱいありました。

個人的に気に入ったのは、マンボーの模型と、130倍に拡大したタンポポの綿毛。
つくばさんにこんにちは

マンボー写真追加!

090523_2

閉館時間ぎりぎりまで楽しんで下見してきました。

それにしても、トイレの和洋式と数、それにトレペの有無とか調べる辺りはYのリーダー気質だなぁと思う。

終わって筑波方面に走っていると大きな山が見えてきました。

つくばさん。

Mr.つくば ではなく Mt.筑波。

初めてお目にかかる筑波山は、どこを走っていても視界に入ってきて雄大な姿を見せてくれました。
つくばさんにこんにちは

ぶらりと立ち寄った、隠れ家的そば屋では、席に着くとお抹茶が出てきました。
つくばさんにこんにちは

古民家のようなお店なのに、ジャズがかかり、蕎麦をこよなく愛する少々しつこい頑固親父がいて。。。

熱くておいしい素敵なドライブのしめくくりには、最高の贅沢となりました。

明日は、LINKにもある「Doナツ」のヒデくんの主催する、土浦での2件のワークショップに参加させてもらいますっ!

| | コメント (2)

興味深いBlog集計結果

このBlogを運営している、ココログ。
なかなか楽しい集計機能がついています。
訪問をしてくれた方々の地域がわかるのです。
そこで、過去4ヶ月の結果をここで公表してみたいと、思います。

集計対象アクセス数:1,527

都道府県
割合
1 東京 820 53.7%
2 千葉 239 15.7%
3 神奈川 110 7.2%
4 埼玉 88 5.8%
5 熊本 61 4.0%
6 北海道 56 3.7%
7 群馬 44 2.9%
8 大阪 18 1.2%
9 愛知 13 0.9%
10 新潟 9 0.6%

なかなか、おもしろい結果となりました。

東京・千葉は、もちろん仲間の多い地域。
いつもみんなありがとう☆

で。なぜか、埼玉でなく、神奈川が3位。
あんまり知り合いいないはずなのだが、
もしかして、「ひろ☆C」がヘビーユーザーとして引っ張ってくれているのか??

そして、第5位 熊本。
いつも、ありがとうございます。お兄様。お姉様。

ひとつ飛んで、7位の群馬。
「カウベル&G2」ありがとう・

さて、なぜか6位にランキング。
北海道。うーん。。まったく思い当たる人がいない。
どちらさまなんでしょうか?それとも、密かに誰かが
見てくれている?

そして、8~10位
大阪・愛知・新潟も心当たりがないんですよね~。
でも、こうして、全国各地の人に見てもらっているっていうのは幸せなこと。

もしかしたら、知らない人も見てくれているかもしれないって思うと、
それはそれで、幸せなことです。


そしてそして、もう一つの集計結果。

過去の記事で閲覧数が多かった記事。
Top5をご紹介します。

1.代官山の雑貨屋さん        233
2.HONDA Green Machine #001   139
3.道場六三郎レシピ 89
4.幸せのサクラサク 60
5.君はポッポ牛乳を知ってるか!? 59

ベスト3は、検索エンジンで引っかかって来てくれた、一見さんが多いみたいですね。
特に、2位のインサイトの記事は、発売当初だったこともあり、多くの人が見てくれました。

第4位。「お!なんかいいことあったん??」って思ってくれたひとが多かったのかな。。
ちなみにこの記事、くろさんの結婚式の記事です。はい。

第5位に、ポッポ牛乳が入ったのは、うれしいですね。
こう見ると、題名も結構重要な要素をしめるのだな~と実感。

余談ですが、この集計、過去4ヶ月集計ですから、古い記事が優位なのは
明らかなのですが、なぜか、つい一週間前にUpした、
「ねぇねぇ 誰に似ている?」
が第9位に入っているのは、かなりのミラクルです。
そんなにおかしいのか!?

| | コメント (0)

2009-05-22

ギター上手になりたいな。

最近、保育園で子どもたちと一緒によく歌っています。

理由1 ピアノがへたくそだから。(ほぼ弾けない)
  弾けるのは、ドラクエの「ほこらのテーマ」と、松本・クロマティの応援歌。。

言い訳1 オルガンが運良く壊れて、ミの音が2カ所も出ないから。

それにしても、もう少しギター上手になりたいな。


なんじゃこりゃsign02coldsweats02

カウベルさん、拝借☆


そして、Gachaの大好きなギタリスト二人。「山弦」
左が、おぐちゃんこと、小倉博和。
右が、佐橋佳幸。松たか子を射止めた旦那です。


最近覚えてびっくりしたコード進行。

C     F  C Dm7 G C
ぼっちゃん一緒に あそびましょ!

どんぐりころころより。


ごりさん。あ。いやごめん。。。

くろさん。弾いてみて。

| | コメント (3)

450gハンバーグっ!

450gハンバーグっ!

ここは高円寺の青梅街道沿い。
荻窪方面の道路で五日市街道の入り口を少し過ぎたあたり。

<BRONCO>というお店です。
ここは、本来はメキシカン料理の店ですが、ステーキとハンバーグがメイン。
特にハンバーグの大きさと、厚さ、そしてジュルンと出てくる肉汁。
米がすすむすすむ。

「うおぅ!懐かしい!!」って思ってくれる人は、このブログを読んでくれている人の中ではごく少数でしょう。。。

元はといえば、このお店。
方南通りが、井の頭通りと交わる永福町にありました。

とはいってもそれも10年以上前のおはなし。

僕が一番最初にこのお店のハンバーグステーキにハマったのは、高校2年生の頃。
当時、つるんでいた、O田、S田と会うにはちょうど中間地点。
しかも、深夜までやっているこのお店のハンバーグは、
成長期の米好きGachaにとって最高の贅沢でした。

よく使っていたのは、試験期間中。
普段勉強していなかった僕は、文字通りの一夜漬けを毎晩のように慣行!
深夜1:00頃に腹減ったな~って思うと、愛用の原付HONDA MTX50にまたがり、
方南通りを爆走(せいぜい50km/h)していました。

高校卒業後、Yで活動していた頃は、JさんのCARIBに乗って、よく連れて行ってもらいました。
デート奇襲大作戦なんてのもありましたな~bomb
「BRONCO集合ね」jは当時の合い言葉でした。

さてさて。今日は、450g「ジャンボハンバーグ」を注文。 
450gハンバーグっ!

え!?と思う人もいるかと思いますが。

ペロリです。(若干不安でしたが)

高校時代は、600gもペロリでした。もちろん米大盛りつき。
ちなみに600gになると、わらじ並の大きさになります。
CD2枚分くらいの横幅はありましたね。

それにね。サイドメニューのこの、メキシカンコーンサラダがうまいんだっ。
450gハンバーグっ!

実は、この間、このお店がTVで紹介されていて、一人で大興奮していたのです。
今日、実家に寄ったついでに、ひとりでのんびり。。いやガツガツと食べてきました。

久しぶりに食べた、450gは、味も食感も変わっていなくて。

ちょっぴり青春の味がしましたとさ。

ごちそうさまでした。

そして、今帰り着きました。 おやすみなさい。

| | コメント (7)

2009-05-19

君は一生懸命生きているか。

ふとテレビをつけた番組の中で、生物学の学者さんが
興味深いことを言っていた。

言葉は、うる覚えですが、趣旨はこんな内容でした。

自然界の動物同士が争い、食い食われるようなシーンのVTRを
大学生に見せていると、時々
「動物たちはどうしてこんなに一生懸命生きているのか分からない」
と聞いてくる学生がいるという。

そのとき、その学者さんはこう答えるようにしているらしい。

弱肉強食のピラミッドで成り立っている自然界では、
一生懸命でない奴は生きていられないのだ。と。

一生懸命でない奴は、生きられないから、見ることができないのだ。と。

そして、もうひとつ付け加えるらしい。

生物学的に、人間は一生懸命でなくても生きられてしまう希少生物だ。
一生懸命やらなくても生きていけるのは、
それは誰か別の人が、あなたのことを支えてくれているからだ。
と。

先日の男二人飲み会や、ゴリさんとの海ドライブでもこんな話題で
話していたのを思い出した。

それは、最近の大学生とか若い子達が(あんまりこういうくくり方はしたく
ないけど、総論として)、深くてウェットな人間関係を築くのが苦手なんじゃないかと。
そして、俺たちは、ディープで深い人間関係の方が好きだけどね。
っていう、至った結論も同じだった。

草食男子なんて言葉を耳にするようになったけどさ。
だいたい、そんな言葉で若者をくくって、批判している人たちは
大体その草食男子の親世代だったりする。
そもそも、草食動物だって、一生懸命激しく生きているさ。

そんな草食男子を生み出してしまったのは、親たちだったり、学校だったり
社会だったりするわけで。まぁ。無責任な言い方だよな。って思うのです。


いやね。そんなことを批判したわけでもなく、草食男子を批判するのでもなくて、
俺も、もうちょっと、一生懸命生きて、もっと一生懸命な人間関係を築いていきたいな。

そんな風に思いなおした夜でした。

僕の周りの方々、これからも深い仲間としてウェットにディープにいきましょうや。

| | コメント (0)

2009-05-18

3cmについて

つづいて、れいなさんからの質問。

3cm Yでは幼児キャンプを中心に良く歌われている、大ヒットソングです。
最近では、僕も保育園児と一緒にギターで歌っています。
手のフリがかわいくて、かわいくて、保護者にも好評でした。

僕の聞いたところでは、あの「ニンドス」が失恋した、妹のために作った
なんて話をきいたことがあります。

それでは。

「3cm」 leo
noteあの動物園のライオンが わたしにプロポーズしたんです
まだチョロチョロのたてがみで だから だから だから
もう少し もう少し 待っていましょう もう少し
あと3cm のびるまで

noteあなたとおはなし したいけど
あなたはとっても 高すぎる
心の背伸びは疲れます だから だから だあkら
もう少し もう少し 待ってください もう少し
あと3cm のびるまで


1番のサビは、「待ってください」で定着をしていますが、
本来は、「待っていましょう」だったそうです。

| | コメント (2)

ガチャピンについて

それにしても、5/16のBlogは大反響頂きました。
うれしいやら、悲しいやら。。coldsweats01

さてさて、その際、くろさんから、ご質問頂きました。
ガチャピンについて、調査結果をご報告いたします。

まずは、ガチャピン本人による、プロフィール。

ぼくの名前はガチャピン。恐竜の子どもです。
年齢は5歳。誕生日は4月2日の牡羊座です。
身長は165センチ、体重は80キロ、生まれたのは南の島です。
いつも元気でくよくよしない性格なんだけど、
ちょっとおっちょこちょいのところがあるんだなぁ。
趣味はスポーツと冒険だよ。

ついでにムックも掲載されていましたので、どうぞ。

名前はムック。雪男の子どもだよ。
年齢はぼくと同じ5歳。
誕生日も同じ4月2日の牡羊座。
身長は185センチ、体重は110キロ。大きいでしょ!
生まれは北極の近くの島なんだって。
とってもやさしくってのんびり屋さんだけど、意外と慎重派なんだ。
特技は何でも食べること。ようするに食いしん坊です。
あと、前にも書いたけど、寒い島で生まれたムックは暑さに弱いから
暑くなるとプロペラが回って、体を冷やすんだよ。

別のサイトには、二人のプロフィールが表形式で。

- ガチャピン
誕生日 4月2日生まれ(永遠の5歳)
身長 165cm
体重 80kg
出身地 南の島
種 恐竜の子供
趣味 冒険
性格 ちょっとおっちょこちょい。のんびり屋で食いしん坊。
特長 手のイボイボはエネルギーボール といい,ガチャピンが冒険をする際、勇気と力を与えてくれる
不得意な事 唯一,サーフィンが苦手.
名前の由来 ガチャガチャピンピン,元気な恐竜のこども

- ムック
誕生日 4月2日生まれ (永遠の5歳)
身長 185cm
体重 110kg
出身地 北極の近くの島
種 雪男の子供
趣味 美味しい物を食べること。自然で遊ぶこと。花が好き。意外と慎重。
特長 頭のタケコプターみたいな構造物は,回転することで暑さに弱いムックを冷やしてくれるクーラーの役割

ふたりとも、なかなかのつわものです。
090518_3

なんせ、ガチャピンは宇宙船ソユーズにも滞在したことがあるのですから。。

「ガチャピンチャレンジシリーズ」個人的にはこれが好きです。

| | コメント (0)

2009-05-17

2安打でも凹みます。

府中大会登録のズンゴローズ。
もう5月中旬ですが、やっと開幕戦を迎えました。

090517

24番。細いですね。。

試合会場へ向かう、車の中でも感じるくらいの強風。
道路のあちらこちらにも、木の枝やら、ゴミやら落ちまくっていました。

そんな、野球をやるには、とんでもない強風。
たぶん、野球歴24年。初体験の強風でしたね。

まぁ。フライが曲がる曲がる。

こんな日に限って、フライが飛んでくる飛んでくる。

今日の守備位置は、遊撃手。

セカンドベース後方、サード後方。ありとあらゆる方向にフライが飛んでくる。
いやぁ。疲れました。
イメージとしては、サードフライがショートフライになるような風。

ベースにつまずいて、転んでしまったり、あまりの曲がり方に、
後転しながら捕球したり、散々。。

今日は4打席、3打数 2安打 1三振 1四球。
2安打のうち、1安打はカーブを右方向に狙い打ちした狙い通りのあたり。
もう1安打は、バットの先に当て損ねた打球が、捕手後ろ方向から
バックスピンで戻ってくるというミラクルショットでした。。

その2出塁。

なんと、2牽制死。

ありえない。。。

ま、ひとつは完全なる誤審。空タッチなのに、「アウトー!!」
ちょっと切れちゃいそうでした。

もうひとつの牽制死で、試合終了。ありえなーい。

ランナー1.3塁の、3塁偽投で引っかかるという、それはそれは
屈辱的なアウト。

あぁ。。しばらくひきずりそうです。。。

これでトータル成績
7打席 6打数 3安打 2三振 1四球。

三振が2つもあるのと、盗塁がひとつもないというのが情けない。。

はぁぁぁぁ。夢に出てきそう。

| | コメント (2)

2009-05-16

「ねぇねぇ 誰に似ている?」

って聞かれたことありません??

聞かれた方はあんまりいい気はしませんよね。
(と、いいつつ女の子に聞いてしまうこともあったりする。。)

かくいう僕は。

たくさん言われたことありますよ。

もちろん。「がちゃぴん」。
Gachaは本来は、Gacha-Pinだったのですよ。
そして、呼ばれやすい「Gacha」になりました。

そして。
・バッタ
・カエル
・カマキリ
・スナフキン
Snuf

・モンスターズインクの「マイク」
Mike

・セサミストリートのカエル「カーミット」
Kermit

気がつきました?
みんな緑色です。しかもどちらかというと、黄緑。

いや、別に普段、そんな色の服ばっかり着ていたりしませんよ。

もうひとつ、気がつきました?
ほとんど、人ではありません。
よくて昆虫か、両生類。
ひどいのは、モンスター、恐竜。
「マイク」なんて、目ひとつですよ。。
「目が似ているよね~」って。。目しかないぢゃん。

まあ、ギリギリ、スナフキン氏は人に近いですけど、
実はあの方も、正確に言うと、人ではないそうです。

そして、先日、とあるBlog中の画像に、なんと、兄弟を見つけました。
なんと、彼は、ブリキ製。
サイズの違うナットとワッシャーからできているらしいです。
Buriki

我ながら、よく似ている。ちょっと人相悪いけど。

あぁ。内輪ネタだけど、ジビキくんは元気かな。

| | コメント (6)

2009-05-14

キャンプ場のおっさん。

1998年から2004年まで。
夏の間、たったの2~3週間だったけれど、年休・夏休・ボランティア休暇と
ありとあらゆる手段を駆使して、野辺山高原にあるキャンプ場で、
駐在リーダーをやっていました。
(今、思えば、お気楽学校公務員でしたね。。。)

リーダーというボランティアの立場だったけれど、当時の館長は、人手不足という
こともあり、キャンプ場業務の全権を僕に委ねてくれました。

キャンプの受け入れ、打ち合わせ、プログラムサポート、キャンプ場運営の工夫、
もちろん、清掃・メンテナンスも含めて。
090514a

今、思えば、なかなかあり得ないし、組織としては、いい加減もいいとこ。
でも、そのキャンプ場の置かれた境遇は、そういったこともやむを得ない状況でした。

逆に言えば、ボランティアという立場でありながら、そこまで託してくれて、任せてくれる事は、
誇りにも思っていましたし、そのキャンプ場を心から愛する者としては、これほど
うれしい事はありませんでした。

駐在っていうのは、キャンプ場側で、東京や各地から来る団体さんの受け入れをして、
できる限り表に出ないで、サポートをする立場。

なるべく遠くからキャンプを見守り、必要があれば、呼ばれて飛び出ていく。

なにもなければ、高台からキャンプを見守り、最高においしい珈琲をすする。
090514b

野辺山を愛する精鋭たちと過ごした数年は、今でも忘れることはできません。


そして、そんな経験を経て、その野辺山で知り合った方との縁で、
千葉で野外教育・体験学習施設の立ち上げに関わらせてもらうことができました。

その施設には、京都・横浜・東京・そして熊本から、それはそれはハンパない、
精鋭。。いや僕から見たら、オールスター選手が集まりました。

その中の、一人。

唯一、僕と同じように、キャンプ場スタッフ経験の大先輩がいました。
当時、先輩と呼ぶのも臆するような、大きな存在でした。

今までいた、山の中のキャンプ場と比べたら、天と地のような豪華絢爛な施設。
あげく、施設の維持管理については、別会社がやってくれるという、夢のような環境。
090514c

そんな環境に、驚きながら、その大先輩はぼそっと話してくれました。

「なあ、がちゃ。夏のキャンプ場で、草刈りしないでいいって、信じられないな~」って。

僕と、その先輩にしか分からない、この気持ち。
この言葉を聴いたとき、なんだかちょっぴりうれしくなりました。
あぁ。この人は、根っからの「キャンプ場のおっさん」なんだな~。と。

その大先輩は、3年目に入るときに職場を去り、僕はその1年後に去りました。

今、その人は、アメリカのNY郊外のFrostValleyというキャンプ場で働いています。
「世界一のキャンプ場のおっさん」を目指すべく。

今は、アメリカと埼玉で離れていますが、またいつか、一緒のキャンプ場で
すごせたらいいなぁと思っています。

大きな声では言いませんが、結構憧れています。

・仕事に対する姿勢
・プロ意識と学習意欲
・接客応対の暖かさ

学んだことは数知れず。
それ以上に、叱られたことも数知れず。
それも今では、大切な財産です。

その大先輩。
ついに、僕に影響を受けたようで、Blogをはじめていました。
しかも、同じ、ココログで(笑)

山手線一周の敷地があると言われている、キャンプ場をご覧あれ。
「キャンプ場の達人(NY編)」
http://mochan0617.cocolog-nifty.com/

| | コメント (2)

畦道からの夕陽

今日は仕事で、ややお疲れモード。
いや、疲れたというよりも、「おわったーーーーっ」ってな感じ。

こんな日は、気分転換!
半年近くさぼっていた、車のオイル交換の為に、ちょいと春日部までドライブ。
大きな道は通勤時間帯は混むし、自分で見つけた抜け道を気持ちよく
走っていると、きれいに田植えがされた田んぼが目の前に。

その向こうに、大きな夕陽が沈んでいく。

090514_3
※ぬぅ。。電線とフレアが残念写真。。

うーん。いい気持ち。いい眺め。

風は強かったけれど、しばし車を停めてのんびり。

埼玉だけど、このあたりは田んぼが多くて、空も広い。

田植えをしたばかりの田んぼは、若い苗が整然と並んでいて、
その隙間の水がキラキラ光っているのが好きなんです。

田んぼを見ると、なんだか穏やかな気分になる。
千葉の空を思い出します。

| | コメント (0)

2009-05-13

トマトを育てております。

とは言っても、自宅でベランダで育てています、ってわけではありません。

子どもたちと一緒に、保育園で育てています。
090513

以前、「豆苗」を育てているお話をしましたが、豆苗を足がかりにして、
植物を育てる楽しみを子どもたちと一緒に、味わっています。

さて、このトマト。
実は、あのケチャップの会社、「KAGOME」の食育支援活動として、全国の
学校や幼稚園、保育園に配布されているものなのです。
「凛々子(りりこ)」っていう、トマトジュース用に開発された品種で、
味はもちろんのこと、農家の栽培・摘み取りの利便性まで考えられて
開発されているということ。

ちょっとKAGOMEのHPをのぞいたら、
そんなことが書いてありました。

となりの園からもらった、トマトの苗。

この苗がここに届くまでの間にも、ものすごい研究開発の努力が
あったのだなぁと思うと、大事に育てなきゃ!!!って、思います。

明日からも子どもたちと大切に面倒見ていきます。

| | コメント (2)

心を込めて、お墓参り。

先日、ゴリさんと行った、房総Drive。
そのスタートに選んだのは、千葉でお世話になった恩人のお墓参り。

ずっとずっと行きたかった。ずっとずっと逢いたかった。

息子さんに伺ったお寺から、迷いながら歩くこと、20分。
ありました。

畑の横。陽の光が明るく降り注ぐ、高台にお墓は凛として建っていました。

ゴリさんは、何も言葉を語らずに、黙々とお墓を掃除するための、お水や
たわしを近くの水場から集めてくれました。

僕の気持ちを察してくれるかのような、ゴリさんの背中に感謝をしつつ、
通夜以来の再会をゆっくりとすごさせてもらいました。

仏花だけでは、何か寂しいし、何か似合うお花はないかな~と
お花屋さんで選んだ、紫陽花の鉢植えも供えてきました。

紫陽花は僕の大好きな花。

派手な花ではなく、あの曇り空でも、静かに咲き誇っている紫陽花の姿が
その恩人の背中に似ている感じがしたのです。

太陽の光をいっぱいに浴びて、気持ちよさそうなそのお墓に
静かに手を合わせてきました。

ふと横を見ると、そこには、木材の加工工場があり、工具の音が響いていました。

なんだか、ぴったりな場所だなって、微笑んでしまいました。

また行きますね。

| | コメント (2)

2009-05-10

悔しき2−3x

我が草野球チーム「SouthHills」の今シーズン開幕戦っ!

9時20分開始の第一試合に関わらず、照りつけるジリジリとした太陽。

黒いユニフォームの32歳は、フラフラですよぉ
なんせ今日の最高気温は31℃ いやぁ暑かった!

試合はなんと6回終了時で打者18人。。。

ヒットは2本あったけど、盗塁死と、ライナーゲッツーでアウトの数と打者数が同じという、なかなか恥ずかしい試合。

7回表最後の攻撃も、1番俺が見事に三振(T_T)
1アウト1塁で、もうだめかなぁと思い始めた時やってくれました!

4番打者のランニングHRで一挙2点。
最終回に追いついたのです。

続く7回裏も1アウト2、3塁のピンチを奇跡の0点に押さえ、勝負はサドンデスに。

ノーアウト満塁から始まる、8回表の攻撃
これまたうちのチームらしい淡泊な攻撃で0点

胃の痛くなるような、8回裏。

最後はセカンドゴロのホーム送球が逸れて、サヨナラ負け。
打てない、勝てない、でもいいのだ。

完全なる負け試合を、同点まで追いつき、意地を見せることができたこと。
そして何よりも、楽しく野球の試合ができたこと。

チーム結成から14年目。みんな老けたけど、小学生時代からの仲間と、今でもこうして野球ができる喜びを噛みしめているのです。
そろそろ1回戦負けから脱出したいけどね。

野球の神様っ!
今年もよろしくお願いしますm(__)m
090510


| | コメント (0)

2009-05-09

海は広いな大きいな

海は広いな大きいな
何時間いても飽きないし

面倒なことはどうでもよくなってくるし

| | コメント (3)

ビール飲みのギター弾き

ビール飲みのギター弾き
@外房 中里海岸

波風が心地よい

| | コメント (0)

2009-05-07

25×7=175

今度の日曜日は待ちに待った、我が草野球チーム「SouthHills」の開幕戦。
開幕を4日後に控えて、気持ちは高ぶるわけで。

家に帰ると、玄関に置いてあるバットと目が合う。

「いいの?振らなくて?」と言われたようだった。

そのバット1本握りしめ、近くのバッティングセンターへ。

一心不乱にスイング。スイング。

仕事をして、車では音楽が流れ、家に帰るとTVがお友達。
そんな生活をしていると、ひとつのことに集中したり、没頭するって時間は
あまり多いものではない。

ましてや、心の中が風のない水面のようになる時間っていうのは、
意識をしても作れるものではない。

でも、バットを握り、ネットの隙間から飛んでくる球を見つめている、
その瞬間は、まさに、心がまっさらな状態になる。
何も考えていない、その球に全ての神経を集中させている。

試合中の守備もそうだ。

ピッチャーの手から球が離れて、バッターに向かっていく。
そのバッターが振り始めると、感覚的にどっちに球が飛んでくるのか、
頭と身体が反応を始める。ゴロなのか、ライナーなのか。。。

その瞬間はまさに、無我の境地なのだ。

神経を研ぎ澄まし、そして、無駄な心の動きの一切ない時間。
そんな時間を作り出してくれる野球は、僕の心の栄養源なのだと、思う。

そんなことを感じた、25球×7打席=175スイング。木曜日の夜。

| | コメント (2)

2009-05-05

チップスターを食べながら

チップスターを食べながら
ふと口ずさんでみた

「♪チップスタ−ぁ−!食べたその日ぃか−らぁ−、味のとりこにぃ−、とりこ−にな−りました♪」

みなさんは間違いに気が付きますか?

僕はつっこまれるまで、気が付きませんでした。。。
まぁ、人生こんなもんです。はい。

| | コメント (4)

2009-05-03

納得がいかないこと。

おかげさまで、隊長副長・・いや体調復調してきましたm(__)m

お察しの通りゴロ寝ウィークとなり、テレビが唯一のお友達です。

今日はナイターで巨人vs阪神戦。

ウキウキでチャンネルを回すと、見慣れない黒人ピッチャーが投げています。

名はゴンザレス。

なかなかいいピッチャー。打撃もそして今日は走塁もいいガッツを見せてくれました。

でも、一つだけ納得いかないこと。

それは、投手なのに、投手なのに、背番号49。
そりゃあないぜ。

確かに外国人、しかも黒人。だけど、投手だよ・・・
背番号の重み。

納得いかない。

わかってもらえるかなぁ。
わからない人ごめんなさい。

| | コメント (3)

2009-05-02

流行の最先端!?

昨日のこと。

さぁ 明日からGWだ−っと意気揚揚と出勤。

しかしどーも身体が重い、だるい。

息はあがるし、フラフラしてくる。

昼までがんばったのだけど、熱を測ってみたら39.6℃・・・

参りました。

園長からは強制送還を命じられ。


GWは「がっかりするほどわくわくしない休み」になりそうです。

病院に行ったらこんなモノもらいました。

流行の最先端!?

生まれて初めて飲みます。あ 豚ではなさそうなのでご安心を☆

みなさん 楽しいGWを!!(T_T)

| | コメント (3)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »