« 豆苗(←読めます?) | トップページ | 手話は疲れるわい »

2009-04-04

100歳の祖父に感謝

100歳の祖父に感謝
健在ならば今年100歳だった僕の祖父。

今日久しぶりに逢いに行ってきました。

年度はじめのごあいさつ

高校で古典の先生をし、進路指導や生活指導をしていた厳格な祖父。

当時はフォークソング全盛期。
休み時間に教室でギターを弾いていた生徒から、ギターを取り上げ、ごみ箱に投げ入れていた。
「ギターは不良のもとである!」と。
そんな祖父も家では(というより孫の僕には)優しく、おおらかで、暖かい存在だった。

隔世遺伝を経て、形とスタイルは違えど、同じ子どもに関わる仕事に就いた僕にとっては、祖父は何よりも代えがたい大切な存在だ。
富士山を望む墓地で、ほんの数分だったけれど、今年一年また力を与えてもらえるように、お願いをしてきました。

今頃くしゃくしゃの笑顔で空からみていてくれるかなぁ

じいちゃんごめんね。

僕もギター弾いています。

|

« 豆苗(←読めます?) | トップページ | 手話は疲れるわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆苗(←読めます?) | トップページ | 手話は疲れるわい »