« 100歳の祖父に感謝 | トップページ | 桜が満開~まずは昼間にお散歩~ »

2009-04-04

手話は疲れるわい

お墓参りを終えて、埼玉に帰ろうとした時、突然のお誘いメール。

ろう学校で勤務していた頃、担当していた子たちが集まっているそうな。

「今からあえる−?」と、まったくこっちの予定おかまいなしだなぁ
な−んて思いつつ、時間と場所がうま−く合ったので、逢ってきました。

彼らと初めて出会ったのは多分、小4の頃。
中でも、「超」のつく悪ガキ小僧Kくんとは、直接担当した仲で、退職する年までず−っと苦楽を共に過ごした奴だ。

残りのおてんば娘2人もそりゃあ、たくさん事件も騒動も起こしてくれました。
でもそんな彼らがいたからこそ、僕の仕事はやりがいと充実感にあふれていた。
退職してから5年が経ち、彼らも今年20歳を迎える。

ほんの数時間だったけれど、久しぶりの再会は自分の歴史を振り返り、指導者冥利につきる時間だった。

|

« 100歳の祖父に感謝 | トップページ | 桜が満開~まずは昼間にお散歩~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100歳の祖父に感謝 | トップページ | 桜が満開~まずは昼間にお散歩~ »