« 衝撃のひとこと | トップページ | 衝撃のひとこと つづき。。 »

2009-03-03

中央線の想ひ出

他のサイトから画像借りてきました。
225225639_52

Tky200903030165

JR中央快速線。

生まれたときから29年間の東京生活で慣れ親しんだ201系が、
今E233系というアルミボディーの車体に順次切り替わっている。
なんと、201系は現在残り2編成しか残っていないそうだ。
しかも、2010年3月の三鷹-国立間の高架工事完了(こんなに早く
終わるんだね。。)に伴い引退になるそうです。

うちの実家は、ずっと車がなくて、
(というか、両親とも免許すらなかった。。。)
どこにお出かけするにも、まずはバスと電車だった。

小学校2年生からは野球を始めて、家族旅行などの機会こそ
激減したが、どこに出かけるときにも、中野駅が最寄り駅だったので
スタートは中央線だった。

高校時代、チャリ通をしていたが、放課後遊びに行くのは、
阿佐ヶ谷・荻窪・吉祥寺。
いつもとなりには中央線が走っていた。

専門学校へ入学。
中央線こそ乗らなかったが、地下鉄東西線の東陽町まで
毎日、中野駅から中央線を眺めながら通学。

保育士の養成校は立川だった。
2年間。中野駅から、30分。
立川駅まで往復。ラッシュとは逆方向の下りなので、
いい図書館だった。寝過ごして、目の前に天狗
00000014fc9a68f427e90d244d346c8946c

がいたこともあったっけ。

就職先は、国立駅でした。
今はなき、三角屋根のある趣のある大好きな駅だった。

就職を機に、三鷹駅で一人暮らし開始。
本来は、三鷹-国立間でいい通勤定期を、
吉祥寺-立川にして、泊まりあけの平日午後は
シネマシティで映画見たり、昭和記念公園や井の頭公園を
ブラブラしたり、吉祥寺雑貨屋めぐりしていたっけ。

千葉に行くまで、免許すら持っていなかったあの時代。
つまり、28歳までの間は、デートも全部電車でした。
今の車生活では、考えられないけど、その頃の僕には電車しかなかった。
もちろん、スタートは必ず中央線。

ドライブの二人きり空間もいいけどさ、目的地につくまでの
あのなんとも言えない移動時間が好きだったな~。

通勤、通学共にラッシュ知らずだったから、座る席もだいたい決まっていた。
ほとんどが、左側に手すりがある左端。
今は、E233系はプラスチックのボードだけど、
201系は銀色をした手すり。
ここの横棒にこめかみを当てて、寝るのが最高の贅沢。
たまにおっさんの尻とケンカしたりしてたけどね。

そしてもう一席。
これは、冬季限定の席。

両端から2人目の位置。

ここは温風の吹き出し口が足下にあってね。
暖かいんだ。特に2月あたりの出勤時は絶対ここ。
冬場の端の席は、ドアの開閉の度に凍えるのです。

好きな風景は、西荻~三鷹あたりから見える夕陽。
桜並木の向こう側に見える、国立駅の三角屋根。
朝帰りをしたときの、三鷹駅からの朝日。
ぱぱいやの家の前、線路に架かる高架からの夕陽。

今度は自分のカメラで201系を探す旅にでかけようかな。

みなさんは、中央線乗ってますか?

|

« 衝撃のひとこと | トップページ | 衝撃のひとこと つづき。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衝撃のひとこと | トップページ | 衝撃のひとこと つづき。。 »