« 夢叶う。 | トップページ | 休日最後の儀式 »

2009-02-14

Live@浜離宮朝日ホール

今まで、多くのLiveに参戦してきた。
吉祥寺界隈のLiveHouse、インディーズのアーティストはもちろん。
ミスチル、サザン、ゆず、BEGIN、昔はB'zやドリカムも連れられて行ったっけ。
他にも、夏川りみや、古謝みさこ、沖縄系のイベントも参加した。

でも、今日のLiveは、しびれた。最高と言ってもいいかもしれない。

今日のお目当ては、「GONTITI」。
ゴンザレス三上さん、チチ松村さんの、ギターデュオ。
ボーカルもサポートメンバーもなく、二人だけのギター演奏会。
090214

この、浜離宮朝日ホール。収容人数500人足らずの小さなホール。
おもに、クラシックやピアノのコンサートをするようなホール。
日本6大ホールのひとつとも言われているらしい。

まあ、素晴らしい音の響き。咳をするのも躊躇する。

そんなホールで、GONTITIの二人は全ての楽曲を「生音」で演奏したのだ。

電子楽器を使わないという意味での、「アンプラグド」なんてLiveもあるけど、
実際は会場のサイズに合わせて、生音をマイクで拾ってスピーカーで流すのが
一般的な「アンプラグド」。

今日のGONTITIはまさに「生音」そのもの。

ギターの弦を弾く音、ボディに指が当たる音、弦を指が走る音、
ハンマリングをするときの指があたる音、二人がリズムを刻む靴の音、
全ての音が一緒になって、耳に届いてくる。

たった2本のギターで弾いているとは思えないくらい、厚みのある音楽が
耳に入ってくる。

脳みそからα波出まくり。恐ろしいほどの眠気が襲ってくる。
でも、本当に寝るのではなく、身体が休止状態になるような脱力感と心地良さ。
フォークギター、ウクレレ、12弦のソプラノギター、クラシックギター。
どの音も弦の弾く音、左手の音、すべてが聴こえてくる。

こんな贅沢な音楽はないと思う。
目をつぶるとまるで、自分の部屋で自分のために
二人が弾いてくれているような感覚にさえなる。

何よりも二人が一番気持ちよさそう。
ギターもウキウキしているような、聴こえ方をする。

素晴らしい音楽を聴いた余韻がまだ身体の中に残っている。

8万人の日産スタジアムでのサザンラストLiveもいいけれど、
本当の音をたった520人のために届けてくれる。
そんな今日のLiveは一生に残るLiveになりました。

ありがとう。GONTITI

090214a

|

« 夢叶う。 | トップページ | 休日最後の儀式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢叶う。 | トップページ | 休日最後の儀式 »