トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009-01-31

おっさん5人の祝宴。

地元の野球仲間=小学校の同級生5人。
32歳が4人。まだ31歳が1人。
32歳の4人はあと4か月もたてば全員ぞろ目を迎える。
あー33歳は重いよね。なんて話をしながら酒はすすむ。
話題は昨年の原巨人の評価から、清原桑田。
あげくのはては、後楽園時代の巨人応援歌やポンセ・パチョレック
サンチェ・カムストックなんて名前まででてくる。
ただの野球バカのあつまり。

いつもなら、このまま話は尽きないのだが、今日は別の目的があった。
実はまだ32歳になってない3月生まれの彼が青森に転勤になってしまう
ことが決まってしまい。急きょ送別会を開いたのだ。

突然の転勤。しかも青森。
かなり僕らも動揺した。

そして何よりも動揺したのが、彼が4日前に入籍をしていたということ。
いやあ。まじでおどろいた。
実はもうひとつサプライズニュースがあっただけど、まぁここでは伏せておこう。

めでたい。めでたい。実にめでたい。
送別会が、祝宴になった。
普段飲まないおれも、酒がすすんだ。

おそろしいことにこの同級生野球仲間は誰一人結婚していない。
まさに、先頭打者ホームラン。
いや。先頭打者のなのに満塁ホームラン。

2番打者は果たして誰になるのか、それを知るのは神のみぞ。

おめでとう。青森いってもがんばれよ!

独身4人のおっさんは、彼の幸せにあやかるべく、2番打者を
目指すのであった。

2番打者が送りバントっていうのも笑えます。はい。

先頭打者を囲んで。
おっさん5人の集合写真って結構笑える。
Imgp4432

| | コメント (0)

我ながらよくがんばった。

新しいブログにして1ヶ月。
ブログ初めて、かれこれ6年くらい経つけど、まぁ良く書きました。
31日中、穴を空けたのはわずか5日。
携帯から更新できるのはありがたい。
Photo-Blogとしたからには、写真も多く入れました。
このペースが続くようにこれからものんびり更新していきます。

そして、このペースを崩さないことこそ、
ふーしゃん。
バール。
へ与えるプレッシャーになるのです。

それにしても、トラックバックってなに?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KAPLAって知ってる?

今日は子ども向けのイベントお手伝いをしてきました。
当日まで何を担当するのか知らなかったのですが、今日は
「KAPLA~カプラ」っていう新しいおもちゃの存在を知りました。
もうホントに単純。
0.8×2.4×12cmの木の板が、千枚近くあって、それを好きなように組み立てる物。
ジェンガの板をイメージしてもらえば分かりやすいかな。
Tatu_2
でもジェンガより軽いからもし倒れても痛くない。
それを立てたり寝かせたりして、組み立てる。

いや。これ。子どもたちもとっても熱中していましたが、
大人ものめり込んでしまいます。

中には、井桁に組み上げていって、最後は肩車をして2m近い塔を
完成させた子もいました。
なかかなか壮大で楽しかったです。

小学生と二人で作った合作。

小学4年生の作品。城をイメージし、お堀と船着き場まであります。

KAPLAについてはこちらをどうぞ。
http://allabout.co.jp/gs/picturebook/closeup/CU20080630A/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の一致

昨日書き込んだ、家紋を作る「綾鷹」のサイト。
ここのコーナーでもう一つ、「書」でその人を鑑定し、その人のイメージ漢字を
1字出してくれるというもの。

YUCOさんからすすめられて、おもしろそう!って思ってやってみる。
実は数年前に、同じように、5人の人を漢字1字で表現するっていうことを
やったことがあったので、自分のイメージ漢字に興味あり。
その時の日記↓
http://diary.fishbowl.rm.st/gacha/diary.cgi?year=2006&month=10&day=9

当時YUCOさんから僕は「陽」というイメージをもらい、
YUCOさんには、「藍」という漢字のイメージを贈っていた。

YUCOさんはなんと、今回も同じ「藍」の字になったという。。

よし。では。YUCOさんと同じ条件でやってみよう。
名前の一文字目をマウスで納得のいく字が書けるまで、グググ!
Kuni

そして鑑定!
でた!

ちょっと背中がゾクゾクってなりました。
久々鳥肌立ちました。
まさかまさかのこの漢字。
You_2

二人のイメージで贈り合った漢字が、なんと今回
それぞれの鑑定でも一致するというものすごい奇跡。

このブログのタイトルにも使われている、「陽」。
僕にとって大切な漢字になりました。

あなたも試してみて。
http://ayataka.jp/#fun-shodo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-30

Gacha家紋を作ってみた。

Kamon

「綾鷹」っていうお茶ペットボトルのサイトで作ってみた。
姓名と誕生日から作ってくれる。

なかなかかっこよくてお気に入り「イルカ」
評価は以下の通りでした。

イルカ紋のあなた。
切迫した場面も難なく切り抜けるその姿はまさに大波の中で踊るイルカのように優雅。
しかも、初めて対時する相手と素早く打ち解けられる才能もあるようです。
その恵まれた力を生かして多くの人々を支え、助けてください。
きっと有意義な人生が歩めるはずです。

どうっすか?(笑)

あなたもお試しあれ。
http://ayataka.jp/#fun-kamon

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-01-29

縁結びの神様

今日は約2ヵ月に1回開催してるCamp仲間と定例飲み会
CampといってもYMCAとは関係なしっ。

先日26歳になったワンピースもノースフェイスも似合う素敵娘。

同い年の保育園看護師のチャキチャキ姉さん。

そしてもう一人が密かに尊敬してるやや太めの謎の男S兄さん。

「縁は円をつくる」
僕が大切にしている言葉だけど、
彼はまさしく 円をつくる 男なのです。

自分で言うのもなんだけど、人とのつながりの広さ多さは財産として誇りに思っている。
けれどこの男には、かなわない。

ありとあらゆる業種分野身分地域…ネットワークの広さが尋常ではない。
それはあきれるほど。。

毎度逢う度に広がっていく世界に、ただただ 「ほほぅ」と言うしかない。

いつも彼がコーディネイトしてくれるこの会。

いつまでも大切にしたいと思っています。

今日はまた一人10歳年下の男性保育士という素敵な出会いも与えてもらえたし♪
素敵なかわいい店員さんにも逢えたし☆
木曜の終電帰りはちときついけど…
この、縁結びの神様には一生世話になってやろうと思ってます。

今日は誕生日会も兼ねた一夜

体調イマイチで酒なしのシラフなのに、心地よいホロ酔い気分です。
家に入る前に駐車場から携帯で書き込んでみました。
おやすみなさい。

今日は29日でしたね。
29日に29歳になった素敵なお姉さん。
これからも穏やかな1日がたくさん過ごせるようにお祈りしています。
誕生日おめでとう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-28

車屋さんから

DMが届きました。
前に資料請求した冊子が届いたのですが・・・

差出人の横に
「タイガーマスク」
と…
んん??虎の穴?フライングクロスチョップ?

よくみたら
「マイカーデスク」
でした。

俺疲れてるのかな…

明日はCamp仲間と月1飲み会&誕生会だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-27

「視力が1.5になりました!」

と。妹からメールが入った。
なんでもよくきくと、レーシック手術を受けたそうな。
今、レーシックは昔と比べて信頼性も高く、
手術件数が飛躍的に伸びているそうです。
その分、手術代金も大幅に安くなっているそうで、今は、
13万とかでできてしまう。

医療保険に入っている人は手術給付金でほぼ無料でできてしまう
というから驚きです。

思えば、小4から眼鏡生活の僕にとっては、裸眼1.5は夢の世界。
おりしも僕らの世代は「ファミコン世代」まっただ中。
父の遺伝のせいもあるだろうけど、小2から視力検査で異常値が出てきて
小4で眼鏡デビューをしました。
つまり、10歳くらいだから、眼鏡生活20年以上のベテランですね。

これまでかかった、コンタクト代、眼鏡代、ケア用品代、眼科通院費。。。
もろもろ考えて、今後かかる金額を考えると、10万ちょいのお金は
決して高くない。

よく整形手術で二重にしたとか、鼻を高くした。。なんてテレビでやっているけど、
眼鏡がとれて裸眼になるんだから、こんな安い整形手術はないかもしれませんね。

裸眼で1.5夢の世界だけど、興味は湧きますよね。

でもなぁ。新しい眼鏡買ってまだ半年だし。
もう少し様子みてみよう。

朝起きたとき感動するだろうな~。
妹ちょっとうらやましい。。。

そうだそうだ。

あんぱんまんさん
ゆかちんさん
誕生日おめでとうbirthday

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009-01-26

秋のある日のこと

東京を離れて4年目になりますが。
ある秋の日気がついたことがありました。
それは、「銀杏の木が少ない」ってことです。

僕は秋に黄色く色づく銀杏が大好きです。
でも、東京ではどこにでもあったその黄色い葉が、千葉や埼玉にはあまりありません。

よくよく考えてみたら、銀杏は「東京の木」。シンボルツリーでした。
僕の卒業した高校も、正門から校舎まで素晴らしい銀杏並木があったなぁ。

埼玉で家から一番近い公園では、とっても立派な銀杏の木があり、
その下で子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

090126
PENTAX K10D+50mm ISO100 F:4.5 SS:1/180 

090126a
PENTAX K10D+50mm ISO100 F:4.5 SS:1/180  +1補正

090126b
PENTAX K10D+17mm ISO100 F:4.5 SS:1/60

2008.11.30 撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

筋肉酷使っ!

今日は振替休日。
午前中はのんびり、洗濯や掃除。
天気も穏やかで気持ちいい一日でした。
少々喉が痛みますが、熱など出る気配はないので、
たまには身体を動かしてみよう。

ってなことで、以前買った雑誌に載っていた、川越にある
クライミングジムへ行ってきました。

わかる人にはわかると思うけど、以前職場で散々指導もしてきたし、
メンテナンスのお手伝いなんかもしてきたけれど、自分が必死にやるのは久しぶり。

オートビレイ(☆)もある本格派のジムでしたが、高い壁はそこそこに、
4mの壁でひたすらボルダリング(※)。
時間帯も良かったのか比較的初心者が多く、同じようなレベルの
人がいて、のんびりと色々な課題にチャレンジしてきました。
いやぁ。がんばった。
今こうして、キーボードを打つ手もおかしいくらい、筋肉使いました。
前腕の筋肉が明日仕事で使い物になるか心配です。。。
9級から課題があるんだけど、5級あたりの課題に取り組んできました。
来週も行ってみようかな~。

久々のクライミング。
「すごい体重移動が上手ですね~」って誉められた。
初心者のふりしてやってます。

今日行ったところ↓
川越クライマーズステーション
http://www.rockcraft.co.jp/facilities/kawagoe.html

☆オートビレイ
高い壁に登っても、人の手を借りずに一人で安全に降りてこれる
安全装置。100kgのふーしゃんでも壊れません。

※ボルダリング
ハーネスという安全器具をつけずに、4m程度の低い壁を
指定された石(ホールド)のみを使って様々な課題にチャレンジする登り方。

移動中の車内から。夕陽が綺麗でした。
090126d

ジム内部はこんな感じ
自分が登っていた壁を撮ってこなかった。。。
090126c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-25

休日をカメラ片手に過ごしてみよう

今日は、久しぶりにのんびり休日。
体調もあまりよくないので、予定なし。
朝から天気が良くてほっこり日曜日でした。
そんなわけでカメラを久しぶりに構えてみた。

まずは、うちの珈琲カップコレクションの中から特に大切な2品。
大切な二人からプレゼントしてもらったどちらも手作りのもの。

090125_2
青は、縁がとっても薄くて飲み心地抜群。
美大生のプロ作品です。
そして、白茶はいわずとしれた、ゴリさんに頂いたもの。
本人も認めておりますが、デザイン重視で飲み心地は今ひとつ(笑)
でもゴリさんの心がこもっていて大好き。
二つとも、僕をイメージして作ってくれたんです。
作る人によってイメージがこうも違うのかとうれしくなりますね。
陶器は陽の光が似合います。

日課の珈琲。
今日は大宮駅まで見つけた自家焙煎のマンデリン。
初めて、落としながら撮ってみた。
090125a
左手はポット。右手にカメラなので、ファインダーはのぞいていません。
でもなかなかうまく撮れました。

うまく入りました。
うむ。なかなか美味い!
090125b
手作りカップは撮影場所に置いてきてしまったので、
三鷹むらさき荘の親友にもらったカップに注いでみた。

せっかくカメラを久しぶりに構えたので、前から気になっていた近くの
公園にドライブがてら行ってみた。
とりあえず、青空に鉄塔が綺麗だったので一枚。
090125c

思いのほか、綺麗で大きな公園で、水場もあるあたりが
井の頭公園っぽくて、いっぱつで気に入ってしまいました。
090125d

090125e

ひょうたん池のような池の畔には、夕陽を浴びられるベンチがいくつもあって、
とっても暖かい夕陽でした。
090125f

090125g

久しぶりの休日の公園は暖かくて、子どもたちの声がいっぱいして、
そして緑と自然がいっぱいで、なんだかとっても幸せな気分になりますね。
090125h

身体が冷え切ってしまったので、最後は焼き芋で締めてみました。
090125i

何ヶ月ぶりだろうこんなに素敵な休日は。
1月は本当にいろいろなことがあって、苦しい日々もあったけど、
ごほうびもらったような気分になれました。

相棒のカメラcameraをまたかわいがってあげないといけないですね。
090125j

| | コメント (8)

2009-01-23

朝起きて第一声

「せんせいのくるま しろくておっきくてかっこいいね〜」って話した子がいたそうな

昨日帰りぎわにいっしょになったときジーッとみてくれていました

愛車HR−Vも大満足でしょう☆

と思っていたらドアロックが壊れた…

せつなすぎる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-22

寒い夜の過ごし方

今日の朝 お昼に持っていくためのご飯を詰めようと炊飯ジャーを開けると…
そこには冷たい水に浸された「米」
タイマーを見るとそこには「午後5時30分」と…

う−む仕方ない
晩飯になってくれ

寒空のなか決めました
本日のメニューは

豚肉 葱 牡蠣 そして豆腐
鍋にちょちょいと放り込んでグツグツグツ
ポン酢をつけたらご飯が進む進む☆

こんな一人鍋
カラダ暖まりますよ

一人鍋歴かれこれ10年
鍋もいい色になってきましたわい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-20

プレゼント

子どもたちとブロック遊びをしているときのこと
3歳の女の子が満面の笑顔で駆け寄ってきた
彼女は赤いブロックを差し出して「せんせい はいっ」と
「ありがとう!これな−に?」ときくと
しばしの沈黙…
むずかしい顔…

そして

「小麦粉っ!」

う−ん たべずらいっ
喉かわく〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-18

とっておきの場所で深呼吸

久しぶりに千葉にでかけてきました。
たった3年間の職場だったけれど、たくさんの思い出がつまったところ。
その一つに、この橋があります。

ただでさえ街明かりが少ない山奥。
特に近くのダムにかかるこの橋からは人工の明かりが一切見えない
絶好の星見場でした。

ともするととっても怖い気がするけれど、僕にとってはとっておきの場所。
ここから見る新月の星空は、本当に格別でした。
天気の良い暖かい日には、何時間もここで車を停めていた時もありました。

疲れたとき、ホッとしたいとき、星空を見ると気持ちが安まります。
そんな時はいつもここで星を眺めていました。

大切な思い出がいっぱいある素敵な橋です。

090117

生まれ育った中野。
20代の大半を過ごした吉祥寺・三鷹。
かけがえのない大切な場所、野辺山。
3年間つっぱしった、千葉・茂原・長柄。

どこも忘れがたいけど、ときどき深呼吸しに戻りたい場所です。

2日間、長柄で過ごした時間はいい時間になりました。

そんな機会をいつも与えてもらえることに心から感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-17

久しぶりの風景なり

久しぶりの風景なり
涼風が心地よいですわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-16

至福の時は無のこころ

深夜1時
楽しい夜を終えて
冷えきった家に帰る
「おかえり−」なんて声はするはずない

上着を着たままポットに湯を沸かす

ポットが音をたてて沸いた時
至福の時がはじまるのだ

半分はお茶を入れチョコの入ったお皿と一緒に 今日天国1日目のじいさんに

もう半分は山形から取り寄せた珈琲に

ネルという布に豆を入れ
細口のケトルから湯を注ぐ
この瞬間 僕のこころは「無」になる

今日の終わりのおいしい珈琲を落とすために
すべての気持ちを目の前の湯と珈琲豆のおりなすふくらみに向ける

気持ちをまっすぐに集中して入れた珈琲はおいしいのである

今日は暖かい心で入れたからか今年一番の珈琲が入りました

おやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-15

出会いは95年の夏でした

僕が初めてリーダーとして参加したCamp
野尻湖で出会ったその子たちは当時小5と小6と高1だった
あれから14年の月日が流れて今日集まることができた
テーブルには酒と肴と鍋が並び
話の種は仕事や人生
子どもたちはレイディーとジェントルマンになって

おそらく同じ場に集うのは10年ぶり
でもそこにはぎこちなさのかけらもなく
ただただ暖かいまったりとした時間が流れていた

まさかこの子たちとお酒が飲めるとは
大人になった彼らに出会えるとは
mixiの力もあったけどこうして14年たっても集えたことは奇跡でもあり必然にも思う

通夜の翌日にこんな幸せな夜を過ごせたこと

誰に感謝をしたらいいのか分からなくなるくらい幸せです

3人と固いそして暖かい握手をして再会を約束したこの夜は久々にぐっすり眠れそうです

ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-13

ここ数日。。

少し、不安定なブログを書き綴ってしまいました。
ご心配の声も頂きありがとうございます。

昨年までの千葉生活で公私とも、本当にお世話になっていた方が天に召されてしまいました。

そのおじいさんは、初年度立ち上げの前から自然の家に関わり、
愛してくれていて、何より、僕たちスタッフのことを愛してくれていました。
多くを語らずに、背中で話すタイプの職人気質の昭和おじいさん。
でも、深い愛情と、やさしい笑顔が僕たちスタッフの栄養源でした。

体調を崩されてからも、「お酒が飲めなくてね~」なんてぼやきながらも、
片道20km以上ある道のりを車できてくれて、僕が身体のことを心配しても
「ここに来ないと、家で寝たきり老人になってしまうんだよ」と。
それに自分の体調が悪いのに、僕たちスタッフの体調を何より心配してくれていました。

僕からみると、年齢的には、父と祖母の間くらい。
僕のことも、息子のような孫のような、でもそんな風に暖かい眼差しで見守って、
励まして、そして元気づけてくれました。
でも、偉そうなことは絶対に言わない。絶対に否定をしない。
僕を一人のおとなとして尊重してくれて接してくれていました。

恩師の牧師先生は「人に愛されようとせずに、人を愛しなさい」とキリスト教の最初の
授業で教えてくれました。
簡単なようでなかなかできないこと。

でも、その優しくシャイなおじいさんは、まさにこの言葉の通りの人でした。
無条件の愛情を、施設と僕たち、そして子どもたちのために注いでくれました。
時には身を削っていたことでしょう。

僕が退職をすると伝えたときの悲しい顔は今でも忘れることができません。
誰よりも悲しんでくれました。

退職してからも、月に1度くらいでしたが、電話をすると「ありがとう」と。

本当に心から尊敬していました。
大好きでした。

ここ数日、一緒に過ごした時間が次々と湧いてきて頭から離れません。

パソコン仕事に疲れて、裏の駐車場に行くと、「待ってました」と言わんばかりの
顔で、出迎えてくれる。

どんな作業もいやな顔一つしないで引き受けてくれて、黙々と作業をしてくれる。
その仕事ぶりはまさに職人そのものでした。

暖かいお茶と、チョコレートが大好きでした。特にビターのね。
しわだらけだけど、その手と顔には優しさが満ちあふれていました。

もうその優しい笑顔に逢い、やさしい声をきくことはできないけど、
いつか僕がむこうに行ったときに、同じようなやさしい笑顔で出迎えて
もらえるように、がんばって誠実に生きていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-12

休日の午後に

休日の午後に

おいしい珈琲をのむ
うむ  しあわせ

カメラ機能の強い携帯がほしくなってきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-11

うたのちから

ミスチルのニューアルバムの最後の曲です

「花の匂い」

届けたい 届けたい
届くはずのない声だとしても
あなたに届けたい
「ありがとう」「 さよなら」
言葉ではいい尽くせないけど
この胸に溢れてる

花の匂いに導かれて
淡い木漏れ日に手を伸ばしたら
その温もりにあなたが手を繋いでいてくれてるような気がした

信じたい 信じたい
人の心にあるあたたかな奇跡を信じたい
信じたい 信じたい
誰の命も また誰かを輝かす為の光

"永遠のさよなら"をしても
あなたの呼吸が私には聞こえてる
別の姿で同じ微笑で
あなたはきっとまた会いに来てくれる

どんな悲劇に埋もれた場所にでも
幸せの種は必ず植わってる
こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら
その種に水を撒こう

人悲しさをメロディーにした
口笛を風が運んでいったら
遠いどこかで
あなたがその目を細めて聞いている

"本当のさよなら"をしても
暖かい呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ愛眼差しで
あなたはきっとまた会いに来てくれる


うたってすごいですよね
普段はききながしていた曲が心にま−っすぐに入ってくる
すごくすごく苦しいのに
聴けば涙がとめどもなく流れてしまうのに
何度も何度も聴きなおしてしまう
そして少しの勇気と力を与えてくれます

いつまでもいつまでも悲しみにくれているとじいさんに叱られそうなので
仲間と涙を流しながら飲み明かした夜を忘れずに
また前を向いて歩いて行きたいとオモイマス

天国からあなたがいつものシャイな笑顔で
目を細めて見守っていてくれることを信じています

天国にいるあなたにこのうたを届けます

ゆっくりゆっくり休んでください
大好きなお酒とタバコはほどほどにねっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月明かりでお散歩

月明かりでお散歩

そらにのぼった大好きなじいさんと一緒に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-10

なんだか

なんだか

ものがなしい 夕陽です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-09

2008年ベストショット☆

2008年もたくさんの写真を撮りました。
HPが滞っているので、今日はその中でもベストショットを一枚。

YMCAの全国リーダー研修会での1コマ。
師匠にきいた、最高のポジションから、最高のCampFire写真が撮れました。

声が聞こえてくるような、薪の燃える音が聞こえてくるような、そんな空気感の伝わる
写真をこれからも撮っていきたいものです。はい。

↓クリックすると大きくなります。

090109_2

PENTAX K10D ISO400 F/2.8 6秒 +3補正

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009-01-08

真冬の野球少年

家の近くに公園がある。
アスレチックもあれば、トイレもあって、銀杏が4本くらい立っている。
放課後の子どもたちが遊ぶには広くもなく狭くもなくちょうど良いサイズ。

ふと前を通ると、10人くらいの男子が2チームに分かれて野球をしているではないかっ

珍しいwobbly久しぶりに野球baseballをしている子どもたちを見た。

どう見ても同学年ではない。3~5年生くらいかなぁ。
中にはどう見ても、「おまえサッカー少年soccerだろう」っていう格好の子もいるし。
できすぎくんのような真面目眼鏡少年がいいスイングしていたりする。

ルールがまたおもしろい。

フライを捕ったら、塁に戻らなければいけないことを知っているのはたった一人。
周りの「いいんだよ~」って声に押し切られているし。。。
フォアボールになったら、ストライクが1個減る。
つまり2-3からのフォアボールは1-0になるのだ。うん。合理的。
ピッチャーはバッターが指名できる!
しかも2回くらい暴投が続くと、コロコロとピッチャーが変わる。
どんなにいい打球が飛んでもベンチを超えたらファール。

ローカルルールって子どもの日々の遊びの中から生まれるんだよね。

公園のどこをバックネットにして、どこを塁にするかも試行錯誤の結果だと思う。
今日は、1塁:滑り台 2塁:柱 3塁:ベンチ(しかもここに座る)。

僕の子ども時代は放課後の外遊びと言えば、野球しかなかった。
今みたく習い事をしているやつもほとんどいなかったし、
放課後は毎日野球にあけくれていた。
当時は「土曜日の午後」という僕らにとっては夢のような時間があった。
家に帰り、昼飯食ったらグラウンド集合ね!って集まっていた。

八重樫やクロマティ、ポンセや掛布、バースのまねをしてみたり、
巨人の松本の「青い稲妻~」って応援歌を歌いながら打席に立ったり、
江川や大野や角・鹿取のまねが上手いやつがいたり。。

陽が暮れても寒くなっても関係なかった。
ブルブル震えながら、ボールが見えなくなるまで野球をしていたな~。

ちょっと言葉は乱暴だったけど、野球少年たちをみて、自分の小学生時代を
重ね合わせてニヤニヤと怪しげなおっさんになってしまった。。。

少年たちナイスゲームでした。

| | コメント (0)

本日の夕陽


コンデジだとフレアが入ってしまいます。。
我慢して。

090108b

PENTAX A30 auto
ISO64 F8.0 1/160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogタイトルけっってい!!

決めました!

大好きなCampSongをそのまま拝借しました。

「陽のあたる道」

そのままだと寂しいので、頭に Photo-Blog.とつけました。

「陽」と「道」という字は大好きな漢字です。

陽の光も大好きな被写体だし、「陽」という漢字の似合う男にもなりたいな。と。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲が

不思議な形をしてました−

090108_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-07

世界一美味い珈琲

6年間の三鷹生活で忘れられないお店がある。
そのお店は、井の頭公園のほとりに、ほんの数坪の小さなたたずまいだった。

お店の名前は「もか」

珈琲の豆売りだけの専門店だった。
週に2日はお休み。営業時間も13:00~19:00。
しかもその豆は200gで¥1300~¥1500。
「豆の仕入れに行っています」と張り紙を残して、平気で2週間くらい休んで海外へ行ってしまう。
まあ殿様商売といえばそれまででしょう。

でもここの豆で入れた珈琲を初めて飲んだとき、思わず叫んでしまった。
「なんすか!?これ!?」
それまで珈琲なんて、まずいものはあっても、うわ!って思うほど美味しい珈琲は
飲んだことがなかったけれど、この珈琲は別格だった。

言葉でその味を表現するのはむづかしいけど、ブラックなのに甘かった。
さめてもおいしい。そんな味だった。

こんなことがあった。
普段はブラックを飲めない子。
その子に、野辺山の美味しい水と、この「もか」の豆で入れた珈琲を飲ませたところ、
これなら飲める!と。
そのくらい、くせがなく、すっとのどを通る。
特にこの野辺山の水で入れた珈琲は格別だった。

実は昨年12月24日。
「もか」の店主だった標交紀(しめぎゆきとし)さんが逝去されたというのを最近知った。
昨年何度か電話をしてもつながらず、店の前に行っても閉まっていた。

マスターの焙煎したコーヒーはもう飲めない。
そう思うとすごく悲しくなってしまった。

「もか」そして標さんと出会って10年近く。
ずっと同じ珈琲を飲ませてもらっていた。

僕の家に遊びにきた人なら必ず飲んでいるであろう、「もかの珈琲」
「日本人ならネルドリップで飲んでほしい」標さんが最初に買ったときに言ってくれた。

もう飲むことはできないけど、僕の中の世界一美味い珈琲は
「標さんの焙煎したマンデリン」ってことはこれからも忘れない。

今日この本を読んで、お弟子さんがいることを知り、山形県の珈琲店に豆を発注してみました。
おいしい珈琲に出会えるといいな。

標さんのご冥福をお祈りします。
たぶん天国で「焙煎の神様」として、珈琲をふるまっていることでしょう。

090107_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

うれしいことに

うれしいことに
新しいこのブログは携帯からも投稿できるらしい!
しかも写真とかも貼れるそうだ☆
ってなわけでテスト

題名
ふ−しゃんにプレゼントしたい本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-05

Blogタイトルについて

うーん どうしましょう。

Diary とか Blog とかってなんかそのままだしな~。。

かといって、ゴリさんみたく内容がすごくコラム的ではないので
あんまりかっこいいタイトルもつけたくないし。

ゴリさん
ねこじたゴリラの珈琲日記

バール
にじのむこうに

ふーしゃん
ひご日記

みなさんのを参考にしつつ、考えます。

「縁は円をつくる」この言葉を題名にしてもいいかな~。

副題とあわせて模索しますのでご意見募集~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-04

姪っ子 なのん セクシーショット

かわいいでしょ。
最近とってもよくしゃべります。
俺よりじいさんになついています(笑)

090104


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-03

快晴の都庁前広場にて

青空がきれいでポカポカ陽気でした。
展望台がやってなくて残念。

090103b

090103a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-02

初詣に行ってみた。

今年の正月は実家で寝正月。
お笑い観て。みかん食って。寝て。起きて。お笑い観て。みかん食って。。
グダグダ生活でおかしくなりそうだったので、一人で散歩して初詣に行ってきました。

生まれ育った地元の神社。小学校の真横にある「多田神社」。
放課後遊んだ思い出もあれば、夏の終わりのお祭りは小学生の一大イベントでした。

澄み渡った青空の下で、参拝。

ついでに、生まれ育った町をグルリとお散歩。
変わったところも、変わらないところも。

地元で過ごすのんびり正月もたまにはいいものです。

090101_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-01

謹賀新年2009(Blog移転しました!)

明けましておめでとうございますfuji

2008年は本当に激動の1年でした。

千葉での同僚や仲間とも別れ、そして辛い別れもありました。

でも、埼玉に来て、多くの子どもたちの笑顔に囲まれて。
自分の時間ができた分、また多くの出会いもありました。

2009年も多くの人と出会い。
縁をつなげ、深めていきたいな~と思っています。

そんなわけで、ブログも心機一転してみました。
ブックマークお願いしますね。

http://gacha-blog.cocolog-nifty.com/

ブログの名前も考え中ですが。(仮)「Gach@Blog.」ってことで。
何かいい案あったらこっそり教えてください(笑)

少しは更新頻度もあがるかな。。。

新しく迎えた、2009年。
本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Dia090101_5


| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年2月 »