カテゴリー「旅記帳~新潟県南魚沼~100703-04」の4件の記事

2010-07-14

かえるの写真

しばらくBlogさぼっててごめんなさい。
梅雨のせいか。最近ちと疲れ気味。。

でもそんな梅雨だからこそ出逢えた風景。

7月頭に行った新潟。
ちょうど紫陽花が咲き誇っていました。

そしてそこにたくさんいた、カエルくんたち。
かわいいでしょっ。

100715a


100715


やばい、数日放っておいたら、80位まで陥落。。
ポチッポチッと、応援してもらえると小躍りします。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

| | コメント (2)

2010-07-08

囲炉裏の力にありがとう。

新潟でもっとも濃密な時間を過ごした場所。

100708a

ここは、資料館でも、博物館でもありません。
民家なのです。
しかも、今も現役、きちんと使っている囲炉裏。

夜は、ここで父を含めたおっさんたちの時間。
運転があるので、俺はシラフ。
しかし、父はガンガン一人で飲み続ける。強くないのに。
ワインをひとりで半分以上飲んだ父は案の定酔っぱらいに。

しかし。完全に酔っぱらった父は、予想外の展開を見せる。
家で静かに酔う父ではなく、完全に居酒屋のおっさん状態。
しゃべるしゃべる。しゃべりたおし、無意味に笑う。

そして、父は同年代の新潟の仲間に対して、仕事への考え方や
スタンスを話し始めた。
上司としての部下への思い。
若い連中の育て方。
仕事のセンスとは。

熱く自分の思いを語る父。
まーた酔っぱらって~と冷ややかだった母とは対照的に、
俺は話しに引き込まれていった。

父の思いや意見を聞く。
僕の人生で初めての経験だった。

理系の父。ひょうきんではあるが、決して社交的ではないと
思っていた父。

でもそれは、自分のイメージでしかなかった。
そんなイメージを払拭する。いや、衝撃でもあった父の酔っぱらいトーク。
長く生きていると楽しいこともあるもんだ。

本当はどんな言葉に対し、どんな思いや感じ方をしたのか書きたい
ところだけど、そこは、息子として胸にしまっておこうと思う。

男として、親父を粋に感じる。こんな幸せなことはない。
囲炉裏の力の大きさを感じた超濃密な時間だった。

囲炉裏で焼いてくれた鮎は絶品でした。


ポチッと一押し、応援してもらえるととっても励みになります。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

| | コメント (0)

2010-07-04

OLYMPUS OM-2

そうそう。
今回の旅。もう一人の主役はこいつでした。

100703c

父と旅行に行くのも記憶にないくらい久しぶり。
どうせ、父はNIKONのD90を持ってくるという読みのもと、
あえて、このカメラを持って行きました。

祖父から父、そして僕に受け継がれた大切なカメラ。
祖父の遺品でもあります。

暖かいシャッター音にドキドキしながらファインダーをのぞいていました。
ピント合わせは難しいけど、1ショット1ショットにココロを込めることが
できた気がします。

たった36枚の写真ですが、できあがりを乞うご期待。


ポチッと一押し、応援してもらえるととっても励みになります。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

| | コメント (0)

新潟からただいま。

新潟県は南魚沼地方に行ってきました。
さすが日本一の米どころ。

見渡す限り田んぼが並び、県道より立派な農道が整備されていました。

水と緑がこれでもかというくらい豊かな土地。
今日は少し疲れてしまったので、今回新潟らしいな~と
思ったショットを2枚だけ紹介しますね。

今回は久しぶりにフイルムでも撮ってきたので、
旅記帳として、しばらくはひっぱりたいと思いまーす。
のんびり見てやってください。

緑と八海山。
100703a


最高級米の最高のおにぎりを囲炉裏で食べる。
しあわせ。
100703b


ポチッと一押し、応援してもらえるととっても励みになります。
(1日1クリック有効。)
Br_decobanner_20100527193253_2

| | コメント (0)